スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国王のスピーチ 

英国王のスピーチ

英国王のスピーチ

オススメ度 ★★★★☆(このキャストで面白くないわけがない!)


映画を観終わっての印象は、
「どうしても主人公(ジョージ6世)の兄役のガイ・ピアースがゲイっぽく見えちゃうなー」
でした。王冠を賭けた恋のお相手シンプソン夫人役の人もそっち系な感じなのよねー、残念!

そんな第一印象は置いておいて、静かに流れる良い映画でした。
さすがにアカデミー受賞後だけあって、夜でも観客が多かったです。
ライオネル役のジェフリー・ラッシュの真面目コミカルな演技もすごくこの作品にマッチしてました。
(パイレーツ・オブ・カリビアンではあんななりなのにー(笑))
現エリザベス女王の父でもあるジョージ6世を演じるコリン・ファースと息ぴったり!
コリン・ファースはブリジット・ジョーンズの日記以来?と思いきや、真珠の耳飾の少女にも出演していたのね。

このコリン・ファースの吃音がすごいの一言。映画だとわかってはいても、へんなアクション映画よりハラハラしてしまうもの。

ジョージ6世を支える妻役のヘレナ・ボナム=カーターが良かったことは言うまでもありません。
彼女自身もやんごとないご出身だとか。

アカデミー賞では、脚本賞も受賞していたと思いますが、全体的な構成ともにすごくよく作られていると思いました。特に最後の開戦のスピーチは息をのむほどの緊張感。激しい映画ではなく吟遊詩人の物語のような静かな映画なのですけれど、個人的にはこういう映画はけっこう好きですね。
衣装や小物もよく作られてました。

ジョージ6世と終生の友となるライオネルが実は免許を持たぬこと、大司教が薦める免許持ちの医者を国王は断ったこと、吃音は心に傷に原因していること、静かな中にも印象的なシーンが絶妙に織り込まれているのですが、スピーチが終わった後のティモシー・スポール演じるチャーチル首相の一言が衝撃でした。やられた!

ティモシー・スポールもハリーポッターではあんな野郎だったのにー(笑)

全編通して静かなので、「劇場で観なくても」な印象を持たれる人も多いかもしれませんが、私は劇場に観にいってよかったと思います。ラストシーンのスピーチだけでも。
 
 
スポンサーサイト

[2011/03/09 23:41] 映画 | TB(0) | CM(0)

ヒア・アフター 

ヒア・アフター

ヒア・アフター

オススメ度 ★★★★☆(眠たいときは他の映画にしましょう)


イーストウッド監督、マット・デイモン主演。

映画冒頭は大津波のシーン。
CMの通り、死者の声をキャッチすることのできるマット・デイモン演じるアメリカ人霊能者のジョージ、大津波から奇跡的に生還したフランス人ジャーナリストのマリー、そして最愛の双子の兄を交通事故でなくしたイギリス人少年のマーカスが交錯してゆく物語。

全体的に静かな映画なので、眠たいときはNG。他の映画を選んだほうが賢明かと思います。
しかしながら、さすがにイーストウッド監督という感じの出来。
全体的にぼやけている感はあるけれど、押し付けがましさを削ればこうなるのは必然なような気もします。
だいたい、死後の世界からして、私たちにはクレパスをさらにぼかしたような感じだもの。

そういう意味では、死後の世界などに興味がない方にもNGかもしれません。

ただね、大切な人に何かを伝えられないまま悲しいお別れをされた経験のある方の心には、かなり響くものがあるのではないかなと感じました。
ナイト上映で少ない劇場内でも、とめどない涙を流されている人がいらっしゃいました。
お気持ち、お察しします。

フィーリングに呼びかける映画なのよね。意外と賛否両論激しそう。

双子を演じた少年たちは素晴らしい演技をしていました。
イーストウッド監督やスピルバーグ監督はこういうところに抜け目ないよね。

静かに余韻を残すBGMもさすがのできばえ。

希望の光がそれぞれに少しだけ射し込むラストも、背負った悲しみは消えないけれど、それでも前は向けそうだという静かな祈りにも似たメッセージがこめられていて、大人な1本だなぁ~なんて印象でした。

それにしても、いつの間にこんないい役者になったのだろうね?マット・デイモンは。ちょっと驚きでした。
 
 
[2011/02/23 23:28] 映画 | TB(0) | CM(0)

DUE DATE 

DUE DATE

デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~

オススメ度 ★★★★☆(下品・おバカ・ハチャメチャ 三拍子揃ってます)

ロバート・ダウニーJrが主演のコメディ。
私は予告も前評判も見ないで行ったのですが、すごく面白かったです!
久しぶりに劇場で笑ったー。
「ミス・リトル・サンシャイン」が面白かった方には面白いと感じていただけるかと。
でも、確実に人を選ぶ映画です。

ザック演じるイーサンのバカっぷりに時折イラっとしつつもやっぱり憎めないキャラ…なんだけど、やっぱり好きって感じにもなれない不思議な感じをよくぞ演じきってくれました。
イーサンのキャラはイチイチ神経に障るのよね、独特な小走りスタイルとか、ピッチピチジーンズとか、やたらヒッピー風のスカーフとか。でも、イイヤツなんです。
 
 続きを読む
[2011/02/09 23:36] 映画 | TB(0) | CM(0)

アンストッパブル 

アンストッパブル


アンストッパブル

オススメ度 ★★★★☆(なんだかんだでガテン系アクションが好き)


今年の初映画です。

デンゼル・ワシントンとクリス・パインの2人で面白そうな予感なのですが、期待を裏切らず面白かったです。
実際にあった話がモチーフになっているそうで。
危険すぎる薬品を搭載した30両以上(さすがアメリカ!)の貨物列車が、あらゆる不運な悪条件が重なって無人のまま暴走してしまい、町が丸ごと燃える危機にさらされるというパニックアクション。
時間はあっという間に過ぎるし、何も考えないで見られるし、寝てる暇はないしで、少しお疲れ気味でも十分見られます。今日は水曜日なので女性が多いかなーなんて思ったのですが、レイトだったので男性率が高め。それも、中年~壮年世代の男性がけっこういらっしゃいました。

この映画の秀逸な点は

・無駄なシーンがない
・無駄な登場人物がいない
・かつテンポが非常にいい

という、今時の映画にありそうでない条件がそろって単純爽快ムービーになっているところ。
個人的には運輸局の専門家さんがなかなかいい味をだしていたかと思いました。

それにしてもなんだかんだで、最後はヒューマンインターフェイスというか、熟練工の知恵と経験というか、意地と根性というか、これだけ機械が発達しても人間なのよねー。

ガテン系アクションが好きなかたは是非。
 
 
[2011/01/13 23:56] 映画 | TB(0) | CM(0)

ソルト 

ソルト

ソルト

アンジー主演のアクションスパイ映画。
これぞ、ハリウッドの王道!というアクションにつぐアクションの連続。

おすぎがCMする映画はたいてい面白くないのだけれど、そんなジンクスを覆されました。

オススメ度 ★★★★☆(アンジーに惚れ直すね)
 
 続きを読む
[2010/08/20 22:57] 映画 | TB(0) | CM(0)

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! 

踊る大捜査線MOVIE3

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!

係長になった青島俊作を観てまいりました。
歴代キャストが新入りを含めて豪華に集結。

意外と稲垣吾郎が良かった。出演時間1~2分なんですけどね。

TVで見ても良かったなーってな印象でした。


オススメ度 ★★★☆☆(出演者は映画級なのだけれど)
 
 
続きを読む
[2010/08/18 23:27] 映画 | TB(0) | CM(0)

インセプション 

インセプション

インセプション

オススメ度:★★★★☆(3.6~7ぐらい もうちょっとスタイリッシュを追求してもよかった気がする)


ずーっと忙しくて映画を観にいく余裕がなかったのですが、久々に観てまいりました。
この映画を観て頭をよぎったのは「マトリックス」。
同じ、横になって意識下で繰り広げる戦いでも、あちらは0と1の世界への潜入で、この映画は夢への潜入。
着目点も構想もとてもいいと思うけれども、もうちょっと作り方があったのではないかなぁな印象でした。
でも、基本は押さえてるゆえ、ハズしてはいないと思います。

マリオン・コティヤールの存在感が素晴らしい。
 
 続きを読む
[2010/08/11 22:25] 映画 | TB(0) | CM(2)

落語娘 

落語娘

落語娘

オススメ度 ★★★★☆(「緋扇長屋」に星4つ!)

この間、真夜中にTVで放映していたのを録画して、通勤時間にウォークマンで再生。
あまり期待してなかったですし、出だしはあまり面白くもないのですが、この映画の大一番、津川雅彦演じる三々亭平佐師匠の「緋扇長屋」は最高。
個人的には津川雅彦は好きじゃないんですけど(だって、何の役でも「津川雅彦」なんだもの)、この三々亭平佐役はどんぴしゃでした。この「緋扇長屋」のくだりだけでも見る価値十分。
最後のお約束でつくおちゃめなオチもこの映画の師匠と弟子の飄々っぷりにぴったりでした。

 
 続きを読む
[2010/01/17 22:13] 映画 | TB(0) | CM(0)

ブーリン家の姉妹 

ブーリン家の姉妹

ブーリン家の姉妹

オススメ度:★★★☆☆(3.2ぐらい)

劇場で観たかったのですが、残念ながら見逃してレンタルしました。
スカーレット・ヨハンソンはこういった役を素晴らしくこなします。(スタイルも申し分なし)
「真珠の耳飾の少女」の時も素晴らしかったですが、この映画は姉妹のあまりにも有名な「姉」を通して「妹」に着目した点かもしれません。
ただ、エリック・バナが残念。
ヘンリー8世はもっとド変態じゃないと。

 
 続きを読む
[2010/01/10 23:36] 映画 | TB(0) | CM(0)

風が強く吹いている 

kaze.jpg

風が強く吹いている

オススメ度 ★★★☆☆(原作ファンとしては2.8点)

原作がとても面白くて前売りを買ってしまった映画。
本日、観にいってまいりました。

が、こういう映画に読売が絡むとろくなことないんだよね。
原作への愛がちっとも感じられない残念な映画でした。
1800円も出して映画を観るなら、原作の小説を900円弱で買ったほうが楽しめると思います。
役者のみなさんが全力投球で素晴らしかっただけに悔しい限りです。
 
 
 続きを読む
[2009/11/13 23:48] 映画 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。