スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

踊るサテュロス 

satyr.jpg本日は天気もよかったので、月曜日ではありますが半日休暇で「踊るサテュロス展」に行くべく上野の国立博物館におでかけしました。

東京国立博物館の表慶館を入った奥に、奥を向いて踊るサテュロス像ただ一体が照明に浮かび上がるシーンはもうそれごと芸術で、主催者のサテュロスの展示に注いだ情熱がひしひしと伝わってきます。

つまり入った時はサテュロスの後ろ姿が目に入るわけですが、この彼の後姿がもぅ最高なのですよ。最高にセクシーなのです。特に臀部と足首。完璧なまでの完成度を感じさせるほどの「エロスなお尻」に目は釘付け。そして臀部からつつつーっとたどったところにあるうなじが「エロスなお尻」とは対極に非常になめらかでふわりとしているのです。

そして魂をすいとられたようにポワ~ンと正面に向かうとその胸板の流れるような曲線美。そしてなんとも表現しようのない角度に傾く顔。正面から見るとまるで仏像を思わせるようなその面立ち(いい意味で表情のない顔ゆえ仏像を思わせるのかもかもしれません。俗世の悦楽や苦悩とは全く次元の違う顔なのです。)は見る角度によっては微笑んでいるようにも見え、すっかりサテュロスの虜になってしまう私なのでした。

ちなみに耳は人間の耳とは違う形をしています。
髪の毛も風にそよぐ木々のような躍動感があり、成熟した肉体に人間の生々しさを感じさせない顔があり、何とも言えない存在感なのです。

胸から上の実寸の模型も展示されていて、模型は自由に触ることが出来るのですが、あの流れるような曲線美の胸板の厚いこと!素直に「抱きしめられたい」と思いました。どうしたら彼を生み出すことが出来るのか何度も何度も触ってしまいました。

引き上げた漁船の漁師さんが「思わず彼にキスをしたよ~」なんて語っていましたが、漁師さんの気持ちがよくわかります。
引き上げられた時は2000年もの間に付着した海中の堆積物などが付着していて、それを取り除くための作業は困難を極めたそうで、ダイヤモンドのメスや化学試薬の試行錯誤が繰り返されて現在の姿に到るそうなのですが、現代の技術は素晴らしい。

そんな「踊るサテュロス」ですが、国立博物館での展示は3月13日(日)までで、その後は3月25日~9月25日の間、愛・地球博(愛知万博)のイタリア・パビリオンで公開されますので、博覧会に行かれる方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

今日は混雑していなかったので、静かにゆっくり観ることができました。やはり展覧会は平日に限るなぁ。
スポンサーサイト

[2005/02/28 19:08] 好き | TB(1) | CM(8)

さいしんカップ 

本日は体調もお天気も良かったので、熊谷までさいしんカップ(浦和レッズ×ザスパ草津)を観戦しに出かけました。

FWを大きく欠いた今日の試合、前半はメタメタ。後半にかろうじて(本当にかろうじて)逆転して3-1で終わりましたが、3-1の試合内容ではないし、相手のザスパ草津のほうがいいプレーをしてました。来週にはリーグ開幕だというのに心配だ・・・。

処方された漢方薬のおかげで、あんなにすごかった咳も鼻水もすっかり落ち着きましたのですが・・・鼻をかみすぎて、鼻の周りの皮がずるむけだぁぁぁぁぁ(;ー;)
一応、気をまぎらわすためにアロエ軟膏なぞを塗ってはみましたが、しばらくは悩まされそうです。
[2005/02/27 22:25] 浦和レッズ | TB(0) | CM(2)

やっと復活 

あれから風邪がものすごいことになってしまい、今日やっと復活しました。本当にただの風邪を侮ってはいけません・・・

寝こんでいる間
「インフルエンザでないただの風邪なのに、こんなに苦しむのは年齢のせいなのか?」
と真剣に思ってしまいましたよ・・・(;ー;)

とにかく体力を根こそぎ奪われた感じでした。
どうやってこの1週間過ごしたのかおぼえてないし(・ー・;;

やっとどうにかこうにか落ち着いたので、来週こそは見たいみたいと思っていた国立博物館の「踊るサテュロス」を見に行こうと思ってます!長くの時代を海底で過ごし、現代になって漁船の網に引き上げられたサテュロス像は見るものをひきつけてやまない美しさだそうです。本日21時からのTBSの世界不思議発見でも見ることができますので、興味のある方は是非見てみてください。
[2005/02/26 19:21] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ちーちゃんは悠久の向こう 

20050222205907.jpg
ちーちゃんは悠久の向こう
出版社:新風舎
著者:日日日(あきら)
販売価:¥590(税込)


おかげさまでなんとか熱が微熱に到達しましので、今日は出勤しました。今日は1日長かったです・・・。

そして、お休みしている時にちょろっと読んだ本です。帯のとおり著者は高校生です。本の宣伝に「新感覚のジュブナイル・ホラー」とあるのですが、どこらへんがジュブナイルなのかわからない・・・&ホラーというカンジでもない。この宣伝文句はいかがかと思われるのですが、内容は面白いと思います。
あまりつらつら書いてしまうと丸わかりで面白くなくなるので、書くに書けないのですが、とにかく色々なことを最初から連想させます。映画「アザーズ」のような感覚でしょうか?それがもうちょっと青春になったような感じですかね。幽霊大好き(もはや幽霊にとりつかれるのをとおりこして、幽霊にとりついてしまいそうなぐらい)の少女「ちーちゃん」と彼女の幼馴染の僕「モンちゃん」の話しなのですが、あと一歩深いと面白かったかもしれません。ちーちゃんみたいな友達がいたなぁ・・・。私は全然幽霊とかにはピンとこなかったけれど。

[2005/02/22 21:36] 書籍 | TB(0) | CM(5)

風邪 

本日は風邪で職場をお休み。月曜日のせいも手伝って、病院は黒山の人だかり。思っていたよりインフルエンザや風邪は猛烈に流行しているらしいです。

インフルエンザであるかどうか検査をしたのですが、それが「鼻水」を採取して反応をみる検査で、こういう時に限って出てないのだなぁ・・・鼻水(;ー;)熱と咳はもう出なくてもいいぐらいいくらでも出るんですけどねぇ(ため息)。

鼻水採取時に綿棒で鼻をぐりんぐりんされてあまりの痛さに涙が出ましたよ~。「涙じゃなくて鼻水出してね」って言われても、痛くて涙がでちゃうんですけど・・・・・。

で、そんな涙の鼻水採取にもかかわらず、インフルエンザ反応は人によって反応がはやい。遅いがあるようで、熱が下がらなかったらまた来てくださいとのこと。

しっかし、一応今のところ普通の風邪のくせに、かなりつらいですよ~。背中に幽霊が憑いてるか?ってぐらい背中が重いです。
みなさまも風邪にはご注意を!
[2005/02/21 22:23] 未分類 | TB(0) | CM(9)

古きよき時代 

今日はなんとなくダルかったので、自宅で久しぶりに「となりのトトロ」を観ていました。

「となりのトトロ」の中で私が一番好きなシーンは、雨の日に傘を持ってバス停までお父さんを迎えに行き、まちぼうけてるサツキちゃんとメイちゃんの前に(というより横に)トトロとねこバスが現れるシーンなのですが、今日はこのシーンを観ながら、

10年後の子供がこのシーンを観たらどう思うのだろう?

な~んてことを漠然と考えてしまいました。

「わざわざ待ってないで携帯で確認すればいいのにね?」

なんて普通に言われたら、私はどう説明する?とか実際に聞かれたわけでもないのに悩んでしまいましたよ。「だってこの時代は携帯なんてナイから」では終わらせたくないっ。やはり大好きなお父さんを待つしかない状況下に詰まってる何かを伝えたいじゃないですか~。

どうもダルすぎるぞ(・ー・?と熱を測ったらただいま38℃ちょっと手前。ダルいわけです・・・朝の平熱が35℃まで到達しないことが多いトカゲな私なのに~。
インフルエンザではないといいのだけれど(・ー・;;
[2005/02/20 21:44] 未分類 | TB(0) | CM(4)

大阪府寝屋川市の小学校内殺傷事件について考察してみる 

朝起きたら外は雪がちらついていました。やっと週末になりましたので、連日報道されている大阪府寝屋川市の小学校内殺傷事件について考察してみることにしました。

まず、犠牲になられた先生のご冥福を心よりお祈りをしたいと思います。ご家族の気持ちを考えるともう本当にこれからも悲しみや苦しみや痛み、そして加害者少年への憎しみと戦ってゆかれるかと思うと胸が締め付けられます。事件そのものはすぐに風化してしまうのでしょうが、ご家族の方の長い戦いは残念ながらここから始まります。私には祈ることしかできませんが、どうかそんなご家族の悲しみ、苦しみの荷が少しでも軽くなるよう祈らずにはいられません。

またその反対に加害者のご家族も被害者のご家族同様にこれから本当に長い間悲しみや苦しみと戦ってゆかれることでしょう。

これは本当に残酷なことです。

このところ頻発している小学校内での殺傷事件ですが、一体全体何がどうしてこういった残酷な事態を引き起こしてしまうのでしょうか。私はワイドショーや報道の情報にはあまり感心がないのですが、これらの事件を通して漠然と思うことは共通して加害者側が完全に自分を見失っているということです。私自身も100%自分で自分のことをわかっているのかと改めて問われれば、そんなのはわかるはずがないと思ってしまうのですが、見失っているということもまたないと思うのです。逆に言えばそこだけが私と加害者の彼等との違いかとも思えるわけなのです。

自分を見失うか見失わないかの境界線は年を重ねてもかなり曖昧な境界線です。

これはこのような事件だけに限って言えることではありません。例えば恋をして自分を見失う、趣味に没頭しすぎて自分を見失う、自分を簡単に見失うことは世界にあふれてます。

そんな中で人生に何度もあったはずであろう「自分が自分を失くしそうになった時」に自分を救ってくれたものはなんだったのか?

あぁ、残念ながらその時々で精一杯だったのでほとんどおぼえていません。

でも、それは頭から抑えられるような叱咤ではなく、見て見ぬふりをする悪い意味での放任でもなく、文章にするとそれなりに感動するかもしれないけど全然心の入ってないうわべの同情でもなかったことだけは確かです。

一緒に笑ってくれる、そして泣いてくれる友や、同じような境遇の中で生まれ出た作家の本の中の一文章であったり音楽であったり、そして何か言いたくても言えずにただじっと一心に娘の成長を信じて祈り続けてくれた両親や、教師としても人間としても本当の意味で対話をしてくれた恩師に私はうまい具合に救われ続けてきたような気がしてしょうがないのです。そういう意味では私は故・遠藤周作さんが言うように自分もまた「生かされている人間の一人」と思えてしょうがないのです。

時には自分と、そして時には自分以外の人、動物(あるいは植物の場合もあるでしょう)との対話を通して私は今の私になりました。

ゲームが悪いとは決して言いません。でもゲームは本気でやれば自分の思う通りになりますが、私は自分の思う通りだけには決してならない自分や自分以外の人、動物などとの対話がとても大切だと思えてしょうがないのです。理不尽なこともあるでしょう。苦しいことも悲しいことも腹立たしいことも生きていれば山のようにあります。そんな時に「そうだね。それはしんどいよね。」って言ってくれる人、「もうちょっと頑張らんかい。」って言ってくれる人、言葉は話せないけど「もしかしてタイヘンなの??へぇ~。ボクには関係ないけど。」とでも言うかのように人の顔色を伺う猫、私を救ってくれたものはそんなに難しくはなく自分でも他の人にしてあげられるような単純なことだったと思えてしょうがないのです。だからこそこういった残酷な事件にはなんともいえないやるせなさをおぼえてしょうがないのです。

加害者が「特別」なのではなく、誰でもそうなりうりそうな中を紙一重の違いで生きているのだと思えてしょうがないのです。

加害者少年について、学校の防犯対策にについて、世の中では様々な議論がされいてそれらについての考察はもちろん大切だと思いますが、これを機会に今皆さんが今の皆さんでいるのは何故だろうと少し考えてみませんか?答えはそんな中にこそあるのでは?と思います。
[2005/02/19 09:49] 未分類 | TB(0) | CM(8)

CDエクストラ 

今日某会社の某歌手のCDを購入したのですが、PCで再生しつつ、お茶でも片手にゆっくりと~と思ったら、エクストラ・トラック入りで、何をやってもCDと認識されず、GGR(レッズ一色なローカルテレビ番組)を視聴後20分近くこのCDをPCで再生させるのにやきもきしちゃいました。一昔前、PC普及の駆け出しのWin95発売時のエクストラ・トラックの存在は「いかにもマニアなオマケちゃん」って感じでかわいかったのに、最近のエクストラ・トラックときたらなんなの!節操なさすぎですよ!!と自分がおばばになったかのごとく小言を連発しちゃったのでした。

エクストラ・トラックが悪いとは言わない。(オマケは嬉しいし)エクストラ・トラックと一緒に普通に音楽ファイルが認識されてくれりゃー文句はないワケよ。(←かなり荒れてマス。)

XPでCDをクリックしたとたん「79.9MB」の表示。思わずその表示を見て、どこから見てもちゃんとした製品で、しかもしっかりお店で堂々と購入したのにバッタもんかと固まってしまいましたよ。16曲入っててありえませんから・・・。圧縮して1曲5MBととして最悪譲歩してもデータだけで80MBは必要でしょ~!!(あと一歩で惜しいとかそういうとこはおいておいて)

さすがにちゃんとしたCDだし取り込みは出来るだろう・・・と取り込み段階の確認視聴で聴いてる始末です。あ~なんだか負けたようで悔しいのは私だけか?音楽はすっごくいのにさー。しかも中身がなけりゃただの銀板で鏡にもなりゃしないのに。

なんか最近こんなことが多いなーと思う今日この頃。確かに技術が進むのはいいことだけれど、消費者がおざなりにされていると思うことしきりです。今一度、消費者の立場になってモノを作りましょうよ?と言いたくなるのは私だけでしょうか?一時期コピーコントロールCDも再生できる機種、そうでない機種があったりでもめたけれど、そんなまでして守りたいならいっそのことCDなんてやめてレコードだけ発売しなさい、私はいいと思えばレコード買うし~とか思ってしまうのですけれど。

あ~泣けるほどいい音楽なのに、別の意味でも泣けるなんてイヤすぎる・・・(涙)
[2005/02/18 23:53] 未分類 | TB(0) | CM(2)

駅弁 

昨日は地震に起こされて職場に行き、なんだかめいいっぱい働いてしまい、帰宅するなり爆睡でした。

今日は母の所望で帰宅時に「冬のソナタ弁当」(駅弁)なるものを買って帰宅しました。


「冬のソナタ弁当」おしながき

①キムチ入り蒸餃子
②海鮮春雨
③八穀米ご飯
④トッポキ
⑤キンパプ(のり巻き)ナムル
⑥黒米ご飯
⑦プルコギ
⑧チヂミ


レジで前に並んでたおばさんは6個ぐらいまとめ買いしてました。私だったら・・・同じ値段だったら絶対に仙台はらこめしのほうを買っちゃうんだけどな~。


20050218003253.jpg
20050218003304.jpg


[2005/02/17 23:55] 未分類 | TB(0) | CM(4)

地震 

20050216051941.jpg

2月15日17時19分さいたま市内にて撮影

おはようございます。早朝の地震、大きかったですね。地震と地震にパニくった猫にWで起こされました。まだ5時じゃん・・・。
激しくゆさぶられるような横揺れでしたね。積読だった本がドミノ倒しの後みたいになってしまいました。

さて。写真は昨日の夕方撮影した地震雲だと思われる雲です。
同僚との帰路で、「あ、地震雲。今日の夜中あたりかな?」と話していて、きっと後からじゃ誰も信じてくれないであろうと私が携帯でピピっと撮ったものです。
なみなみしてる部分がもう薄暗がりでよく見えなかったので、イマイチ地震雲かどうかあやしいね~と話していたのですが、これを撮影した時刻からほぼ12時間後にさきほどの地震でした。

もう今から寝たら・・・・1時間じゃ起きられないな。
このまま朝食を食べていつもよりはやめに出勤したいと思います。いってきま~す。
[2005/02/16 05:31] 未分類 | TB(0) | CM(6)

片付けたい病 

今日は職場を猛烈に片付けたくてたまらなくなる「片付けたい病」初日でした。(明日も片付けるつもり。)
私の所属課は私が紅一点なので、片付けたい放題なのですが、今日という今日は徹底的なる第一歩を踏み出したため、昔の計測器やらなにやらが発掘されて横から係長たちが「うわ~」「うわ~」と言いながらめぼしい戦利品をさらに発掘してました。

朝どわ~~~~~っと仕事を片付けて、昼から片付け大作戦開始。気がついたら夕方で、「片付けポイントエリア」の5分の1ほど片付きました。別に普段も格段見苦しいというわけではないのですが、B型的こだわりが片付けたい魂に火をつけます。
もぅ、文房具なんてお店のディスプレイ並。(←こういうこだわり)あの各文房具たちが入り乱れてケンカすることなく、しかも無駄なスペースもなくピシーっと胸を張って並んだ日には「お母さんは嬉しいよ・・・」と心の中は感動で一杯。

というわけで明日も片付け頑張ります。
でも、明日は片付けてる時間がないかもなー。

そういえば、明日の埼玉は雪らしいです。これがこの冬最後の雪かな~。
[2005/02/15 23:18] 未分類 | TB(0) | CM(4)

バレンタインデー 

今日は人によっては待ちに待った(?)バレンタインデーですがいかがお過ごしですか?横のケロール君もきょうはバレンタイン仕様になっていて驚きました。

私は・・・・・・・・

「義理チョコひと~つ・・・義理チョコふた~つ・・・義理チョコみ~っつ・・・あぁ、一つ足りない・・・・・(のは私の分)」

と、今年は義理チョコでおしま~い。(悲しいのか?そうなのか?)
職場のおじさんたちは気にしないフリをしていてもうれしそうでした。毎朝出社時間ギリギリの出社なのに、今日に限って早いの。まるで子供の遠足(笑)

私の所属課は平均年齢が高めなので、地元のパテシェに「ショコラマッチ」というお菓子を事前予約で作ってもらいました。年齢を考慮してチョコ100%でなくて棒状のクッキーの先にちょんとチョコがついているためそれをマッチに見立てて「ショコラマッチ」。いつも寂しそうなので、ハートに火を灯してもらえれば何よりですが、お尻に火がついちゃったりしてね~。

ホワイトデーのお返しはお菓子じゃなくって日本酒でよろしく♪
ってメッセージを添えるのを忘れた・・・・_/ ̄|○

私はお昼に食堂のおばちゃんからチョコをもらいましたが、みなさんはたくさんもらいましたか?男性ビジョンでは、もらって嬉しい感じのチョコってどんな感じですか?バレンタインチョコをもらうのは男性なのに女性が主役の記事のほうが圧倒的に多いので、よろしければそこらへんの意見を聞かせてもらえたら嬉しいです。

[2005/02/14 19:16] 未分類 | TB(0) | CM(8)

トロイ 

20050213200458.jpg
今頃なのですが、DVDで「トロイ」を観ました。
確かにお金もかかってそうな壮大なスケールだし、役者も揃っていました。映画としては面白かったかな。

アキレウスのブラッド・ピットも、ヘクトルのエリック・バナも、パリスのオーランド・ブルームもそれぞれになかなかよかったのですが、個人的にはヘレンが今ひとつ。原作を読む限り私の中でパリスとヘレンはかなりトホホな人のイメージなのですが、パリス役のオーランド・ブルームはトホホだったけれど、そういう意味ではヘレンは美化されすぎ。一瞬で好色男児(パリス)を惑わすのだから、もっと「戦争がどうしたの?私は連れてこられただけなのよ。知ったことではないわ~」みたいな女性でもいいと思うんですけどね。ギリシア神話の恋だの愛だのは今流行の純愛とは程遠いしね。ヘレンがもっと友達の恋人を罪の意識のかけらもなく簡単にとっちゃうような女性として描かれていたら面白かったんですけどね~。「結局みなさん欲望の塊なのね」というなんともいえない脱力感が個人的には面白いと思うので「純愛」という美化は今ひとつでした。

それにしても驚いたのはプリアモス訳のピーター・オトゥール。かなりの御歳でしっかりといい演技をしています。彼がこの映画で一番役にハマっていたかも。

しかし、ギリシア神話にしろ、日本の古事記にしろ、神様の話を読むと面白いですよね。欲望のままに行動するどうしようもない人が神様にもいるんだなぁってところが笑えます。ゼウスの女好きも困るし、古事記であれば天照大神【あまてらすおおみかみ】の弟である須佐之男命【すさのおのみこと】などは『しまいには女神が初穂を召しあがる御殿へ、うんこをひりちらすというような、ひどい乱暴をなさいました。』(角川文庫「古事記物語」鈴木三重吉著より)という調子で、もうトホホを超越した大馬鹿者っぷりです。これじゃ別の意味で伝説だ・・・(汗)
[2005/02/13 21:54] 映画 | TB(1) | CM(4)

白帯のヒヨッコです 

石原壮一郎の大人力診断所の診断を受けてみました。・・・・・・やっぱり「ヒヨッコ」の私でした。

mino_rin様の診察結果 最終受診日:2005年2月12日

上司力検定:十両級 (10点)
ベンチャー力検定:カリスマ級 (18点)
宴会力検定:ほろ酔い級 (13点)
モテ力検定:十人並み級 (14点)
旦那力検定:夫婦茶碗級 (11点)
貯金力検定:雪だるま級 (18点)

総合大人力判定

総合大人力:白帯級 (84点)
ファイト! まだまだ大人への道のりは遠そうですが、誰だって最初はヒヨッコの入門者です。日々、稽古を重ねていけば、憧れの黒帯も夢じゃありません。点数の低かった診断に再度チャレンジしてみましょう。

★あなたの武器になる大人力
・ベンチャー力 : たくましすぎる起業家体質のあなたは、いますぐ独立開業するっきゃありません!
・貯金力 : 「締まり屋さん」と陰口を叩かれたって何のその。最後に笑うのは、きっとあなたです。

★もっと強化したい大人力
・上司力 : 部下との関係に悩まされそうですが、それも大人への修業だと自分に言い聞かせましょう。
・旦那力 : あまりこれが強すぎるのも弊害がありそうですが、もう少し奥さんを気遣ってもいいかも。


おそらくあらかた当たっているかと思います。上司になってバリバリ部下をつかえるような性質じゃないし、旦那力(旦那力って言われてもねぇ・・・)もないような気がする。ただ貯蓄力も・・・ないんですけど(・ー・;;

私はどっちかというと「仕事は趣味程度でいいでしょ?」と同時に「プライベートの充実がない土壌で仕事の充実はありえない」ってタイプなので、仕事に魂をささげるとか考えられないのよね。やるべきときにビシっとやればいいのです。年がら年中体育会系のノリで仕事をするなんてオーマイガーです。
ってわけで、きっと今の日本の社会的には「部下に示しのつかない上司」になってしまうでしょう(笑)でも、するべきことをきちっとしていればそれでいいと思うんだけどね。
生きるために働くのか、働くために生きているのかの境界線はちゃんと自分でコントロールしていたいのです。

コントロールすることさえ許されない日本のサラリーマンのお父さんたちは本当にせつないですよ。私も夜中の2時とかまで仕事したこともあるけれど、それはそれなりに仲間に支えられつつ、少なからずともその仕事に少しでも楽しみがあったからできたことで、これが強制労働だったら発狂しますよ。

あ~やっぱり私は「白帯」だ~~~。
[2005/02/12 23:29] 未分類 | TB(0) | CM(4)

100年前のカラー写真 

素直に感動です。
とても100年前に撮影されたものとは思えない鮮明なカラー写真たちです。白黒写真で見てきた時代がカラーになっただけでかなりリアルに感じられますよね。

-----NAVER - ENJOY Koreaさんより---------------------------
ロシアの写真家である Sergei Mikhailovich Prokudin-Gorskii (1863-1944)が1900~1910年代に撮影したカラー写真。
白黒写真を、後から着色したものではない。
赤・緑・青の3色で撮影した物を組み合わせて、一枚の写真とする撮影技術により、数千枚撮影したようだ。
今、撮影したように見える程、鮮明で美しい写真ばかりで、驚くしかない。
-----------------------------------------------------------

NAVER - ENJOY Korea
The Empire That Was Russia: The Prokudin-Gorskii Photographic Record Recreated (A Library of Congress Exhibition)
Prokudin-Gorskii Images
[2005/02/11 15:37] 未分類 | TB(0) | CM(4)

サッカーワールドカップ最終予選 日本×北朝鮮 

20050210235537.jpg


昨日は埼玉スタジアムに日本×北朝鮮戦を観にいっていて、帰宅が12時近くになったため、本日のUPとなりました。

かろうじて勝ちました・・・・。

写真を見てもわかるとおり、ゴール裏ど真ん中ぐらいだったのですが、どうしても理解に苦しむことが1つ。

何故応援歌が「ジンギスカン」(のメロディー)なの?

どうしても最後までしっくりこない私がいました。なんだか馴染めないのですよ・・・。余裕とは程遠い試合で「ジ、ジ、ジンギスカ~ン♪」って(・ー・;;
やっぱり私には代表戦は肌に合わないのかも。レッズの試合のほうがプレーも応援もステキ♪と改めて実感してしまいました。

観にいって良かったことは中村俊輔のプレー。本当に「巧い、巧すぎる」(十万石饅頭のフレーズ風)です。背番号がなくてもプレーで中村俊輔だとわかりますよ。それぐらい巧い。日本代表選手も北朝鮮代表選手も中村俊輔の引き立て役化。個人的に中村俊輔という人はあまり好きではないのですが、選手としての中村俊輔は本当に凄いです。中村俊輔のプレーは一見の価値ありです。
[2005/02/10 23:53] サッカー | TB(1) | CM(2)

あなたの長所50 

さして書くことのない平凡な寒い1日だったので、ヒマだったら考察してみようと思っていた自分の長所を50コを書いてみます。

1 とりえあえず健康
2 人並みに社会人
3 料理もそこそこやる
4 そして掃除もそこそこやる
5 適度にやさしい
6 酒が強すぎ
7 そして酒に関してはチガイのわかる女である
8 挙句に二日酔いをしたことがない
9 老若男女とオールマイティに世間話ができる
10 絶叫マシンが得意
11 ピアノが弾ける
12 かなり浦和レッズを愛している
13 ゴキブリ以外の虫が触れる
14 B型である
15 さそり座である
(ちょっとあやしげな長所になってきました)
16 ホタテをさばける
17 ついでに鯵や鰯も3枚におろせる
18 美味しいものを食べてる時の笑顔が最高(らしい)
19 美味しい酒を飲んでる時の高笑いが最高(らしい)
20 イヤなことがあっても寝れば忘れる
21 やるときはやる
22 言いにくいことを笑顔で言う
23 OA機器の配線が得意
24 保母免許を持っている(しかし宝の持ち腐れ)
25 料理よりその後の片づけが好き
26 POPを作成するのが上手(だと誉められた。仕事には生きてないけど。)
27 頑張れば30kgぐらいは持ちあげられる
28 意外にも金銭出納をExcelで管理している
29 その割に割り勘はどんぶり
30 それを「細かいことにはこだわらない」と言う
31 たらふく飲んで記憶が飛んでもいつもちゃっかり自宅に帰ってる
32 携帯メールをブラインドタッチでいける
33 少々の賞味期限切れは見て見ぬフリができる
34 飯盒でご飯をおいしく炊ける
(苦しくなってきました・・・)
35 歌はものすごいうまいわけではないが声はいい
36 あ、もしかしてけっこう「おじさんキラー」?
37 息子がほしかった父親に「息子以上の娘」と言わせた
38 バカがつくほどの負けず嫌い
39 裁縫はキライで編物は得意
40 自分はその気じゃないことを他人にその気にさせるのが特技
(あと10コ・・・頑張って今日中にUPだ!)
41 泣いたり笑ったりしながら呑める友がいる
42 父親とサシで飲むのが好きだ
43 職場のお仲間は曲者ぞろいだけど、けっこういいお仲間だと思っている
44 自分に正直
45 他人の幸せを自分のパワーにできる
46 ふと思いだしたけど背泳も得意
47 服にこだわらないけど下着と靴にはこだわる
48 あんまり欲がない
49 今のところはすっぴんの自分も好き
50 無理やりでも考えれば50コぐらいのいいところらしきものがある!

やりました(;ー;)目指せ100コ(嘘)
これ、短所だとどんなもんだろう?今度は短所にチャレンジしてみよう。
[2005/02/08 23:23] 未分類 | TB(0) | CM(4)

不機嫌なジーンにちなんで 

というわけでもないのですが、遺伝子の繰り返しって面白いかも。
以前、生態系関係の本を購入した時に、付録でROMがついていて、そのROMには生態系シュミレーションソフトが入っていて、草食獣と肉食獣の世界を草食獣を操作してうま~く共存させていくんだけど、これが微妙なさじ加減が難しいのです。

草食の鹿を繁殖させるため、オスを魅力的にするんだけど、角を大きくしちゃうと、メスもよってくるけど、目立つだけに肉食獣もよってきちゃって、結果オスがピンチになって本来の鹿の繁殖そのものが危うくなったりして、「あぁ、あぁ、あぁ」な状況の繰り返し。

生活そのものは何気なく過ぎていくけれど、生きるってけっこう難しいのかも~。「草食獣&肉食獣でこれだけ難しいんだから人間もけっこうたいへんかもねぇ・・・(自分も含め)みんなボケ~っとしてるように見えるけれど、結構見えないところで苦労してんのかもね」な~んて思ったりしたおぼえがあります。


話しは全然違うけれど、毎年恒例の「サラリーマン川柳」、今年も傑作ぞろいですね。「丸投げを 投げ返されて 雪だるま」とか「あ~あるあるあるある」と一人クイズ100人に聞きました状態(笑)
悩んだ挙句にこれぞ!と思う一句に一票。どれに投票したかはナイショ。
【第18回 第一生命サラリーマン川柳コンクール】
[2005/02/07 22:40] 未分類 | TB(0) | CM(3)

私だけかもしれませんが 

今日のNHK大河ドラマ「義経」に
・伊藤淳史さん
・荒川良々さん
が出演していて、

こ、これは映画『ロボコン』の部長コンビじゃないか~!

と一人で喜んでしまいました(笑)
しかも「義経」の中でもコンビだよ・・・美味しすぎる。

映画ロボコンはかなり好きです。理数系の青春はウォーターボーイズたちにも負けていません。
ちなみに映画ロボコンのヒロインは長澤まさみさん。


その後TBSの動物奇想天外のプールでのラッコの寝姿に癒されました。だって手をつないで寝てるんですよ~!食べちゃいたいぐらいかわいかったです(・ー・)♪(天然のラッコは流されないように海草に体をまきつけて寝るそうですが、プールの中には巻きものがないので流されないように手をつなぐんだとか)
[2005/02/06 21:09] 未分類 | TB(0) | CM(5)

お買い上げ 

昨晩、デスクトップPCにさしていた無線LANカードがご臨終だったため(おそらくアンテナ部分の損傷か、お熱にやられちゃったかどちらかかと思われます)

BUFFARO WLI-USB-KB11

こんな商品を本日購入してみました。(USB接続の無線LANアダプタです。)
親機と今回お買い上げの子機が同じメーカーではないので、設定に少し手間取りましたが、無事接続できました。

これ、コンパクトですごくいいです。しかもカードより安いし、いろいろ使いまわせそう。(って言っても今は無線LAN内臓が主流だからそんな必要もなし?)
しかも、今までのカードでは電波状態が70~80%だったのが、100%をマークしていて驚きです。う~世の中少しずつ便利になってるな~。
[2005/02/06 17:02] モノ | TB(0) | CM(0)

新 一筆啓上賞 

こんな賞があるなんて、今朝の読売新聞の編集手帳を見るまで知りませんでした。やはり手紙には返事が欲しいものということで、「新」になって往復書簡になったそうです。

本日の編集手帳に掲載されていた大賞の中の1編北海道森町の高校生、長山京子さんの作品

(母から子へ)
「産んだ時からあなたの声が聞けなくて、内緒話もできないね」
(子から母へ)
「そうだね。でも気づいてた?手話わかる人少ないから、毎日が内緒話だったんだよ」

たった一言の書簡で多くの人にたくさんの何かが伝わるって、「言霊」の力を感じずにはいられません。
書こうと思ってもなかなか書けないですよね。何も考えずに自然に出る言葉だからす~っと心に響く気がします。
やっぱり時々は手紙を書こう!と改めて思ったりしてしまいました。

【2月5日付編集手帳】
【新 一筆啓上賞】
[2005/02/05 21:50] 未分類 | TB(0) | CM(2)

頭の体操 

20050204231052.gif
頭の体操
四谷大塚ベストセレクション
脳内宇宙開発プロジェクト 発進!

著者:千葉大学名誉教授
   多湖輝(たご・あきら)

定価 870円(税込み)
ISBN4-334-00759-7
光文社 カッパ・ブックス



最近また「IQサプリ」や「サルヂエ」などの知的バラエティー(とでも言うのか)がはやりだしましたが、そういった番組が好きな人にはオススメの1冊です。個人的には好きな分野です。

「頭の体操」シリーズは20冊以上あって、これを面白いと思ったらシリーズにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

ちなみに調べたら携帯サイトでも楽しめるらしいです。興味のある方はどうぞ。

【携帯公式コンテンツ 頭の体操】

実は、この本の内容を大昔にフジテレビが「IQエンジン」という番組で深夜に放送しておりまして(知ってる人は自分も含めてかなりマニアかと。)、大高洋夫さん、小須田康人さん、筧利夫さん、勝村政信さんなどが出演してました。私は大高さんの大ファンで、一生懸命夜更かししてましたが、きっと今観ても面白いと思います。どれぐらい面白いかといえば、「カノッサの屈辱」ぐらいは面白いでしょう。(この番組もマニアックかな?)IQサプリより面白いですよ。IQサプリはこのIQエンジンに比べると生ぬるいです。そこらへんがゴールデンと深夜の違いなのかしら~(;ー;)

しっかし、答えられない人より、答える人より、問題を作る人を尊敬。
[2005/02/04 23:49] 書籍 | TB(0) | CM(5)

金曜気分 

なんだかなにかイベントがあったってわけでもないにもかかわらず濃密な週で、今日が金曜日だと本気で思ってしまいました。

明日が金曜日なんだよね・・明日いつもどおり休まないように気をつけねば。

CUBE2って映画を観てたら脳みそが疲れた上に、あいかわらずお後が悪いようで・・。(CUBEは後味の悪い映画です。)
確かCUBE2の前のCUBEは素数がキーワードだったような。厳密に思考するとべき乗にトラップ・・・だったっけか?(すでにうるおぼえ)3回動くと元の位置に戻ったような。あれほど映画を観てて関数の座標軸が頭にめらめら思い浮かんだ映画もなかったです。2は空間と時間軸だったな・・・あ~関数の座標軸より疲れるかも。

マトリックスより奥深いけど疲れるのよね(;ー;)
わかっていてもマトリックスより面白いから観ちゃうんだけど。

それにしても今日は寒かった。寒いけど、こっちは雪がないからいいものの、豪雪地帯はたいへん。はやく豪雪地帯の雪がやんでくれるよう、てるてる坊主を作って寝よ~ぅ。

[2005/02/03 23:16] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ノートPC 

今日はノートPCを久しぶりに引っ張り出して、無線LANのカードをセットして更新をしています。

私のPCはデスクもノートもVAIOくんなのですが、1年以上ぶりに開いた割には割合と快適かも。でもキーボードがだいぶくたびれていて、キーによっては力を入れないと認識してくれません(;ー;)

久しぶりにノートを開いたら、懐かしいファイルをたくさん見つけて、宝捜しみたいになってしまいました。
ノートを開いたとたんに子どもみたいにシールがペタペタ貼ってあるし!(笑)笑う犬の冒険のミル姉さん(ウッチャンナンチャンのウッチャンの扮する映画を熱く語るメスホルスタインのキャラ。)や動物占いのこじかシール(私は動物占いだと「こじか」なんです。同僚に2人こじかがいて、私を含めてよく「3馬鹿こじか」って呼ばれたりしてました。)が貼ってありました。あとは仕事が行き詰まった時に必ず思い出す教訓とかもご丁寧に色紙に書いたものをラミネートシールとかで貼ってあるし・・・。

私も私なりにそれなりに頑張るために努力してたんだ~(方法は子どもじみてるけど)な~んて思ってしまいました。

日本代表は今日もシリアに勝利しましたね。いよいよ迎えるは2月9日の北朝鮮戦です。当日はスパっと仕事を終らせて埼玉スタジアムへ向かうので、絶対に勝利してほしいな~。
[2005/02/02 22:15] 未分類 | TB(0) | CM(0)

手紙 

顔も名前も知らない相手と手紙のやりとりをしたことがありますか?IT時代の今はメールでそんなこともあたりまえになってますが、いわゆる「文通」ってやつです。

私は高校在学中にそんな文通の経験があります。

私の通学していた県立高校では全日制と定時制とがあって、教室が共有だったのですが、私は教科書や辞書を机の中に入れっぱなしの常習犯でした。
ある日、その入れっぱなしの教科書にメモ書きがはさんでありました。

「定時制に通うものです。昨日この教科書を借りてしまいました。忘れてしまったので助かりました。」

このノートの切れっぱしのメモから文通がスタートしたのです。

手紙っていうほど長くはなく、いつもノートの切れっぱしにちょこちょこっと書ける程度なのですが、全日制で慕われている先生は定時制でも同じように慕われていることや、定時制の時間にしか営業しない学食は(学食があったのですが、夜間営業だけでしたので、全日制の生徒は食べられなかったのです)私達全日制の生徒が想像するより美味しくないらしいことや、定時制の生徒さんたちは時間の都合で部活動ができないので全日制の部活動を羨ましいな~と思ってることなど、本当にたわいのない話をノートの切れっぱしに走り書きした文字でやりとりしていました。

名前も、性別も、年齢もわからなくて、わかっていたのは「私の席に座って夜授業を受けている人」ってことだけでした。

でも、この手紙のやりとりがあって、私はすっかり「夜学へ進学したい病」になってしまい、両親に激しく反対されつつも(変に片田舎なので、そういうくだらないことにうるさいんです)自分の希望どおり夜学に進学することとなりました。

こうして進学した夜学には今までの私の気まぐれ病がウソのようにせっせと通いました。
昼間は出版社で働いて、18:00から21:00までが授業。
同じクラスの中には主婦がいたり、一度挫折して再チャレンジしている人がいたり、シスターがいたり、本当に貴重な経験をした期間だったと今でも思います。

もしあのまま夜学ではなく普通に進学していたら今の私はないと思われるので、夜学を卒業式する日に、その高校の時の文通相手にお礼を言いたくてたまらなかったことを思い出します。
「学校」という組織が嫌いだった私に「夜学」という選択肢を与えてくれた人。顔も名前もわからないけれど、この手紙がなかったら、私は「学校」が嫌いなまま大人になってしまっていたかもしれない。

今となってはかなわないけれど、本人に言えない分、ここでお礼を言いたいと思います。
本当にあのノートの切れっぱしの走り書きが私が変わるきっかけになりました。今の自分を少しいいなぁって思えるのはあなたがいたからだと思います。心から感謝です。あの時、私の席で授業を受けてくれたのがあなたで本当によかった。私が受けた幸せと同じぐらいの幸せをあなたもまた受けていますように・・。
[2005/02/01 23:09] 未分類 | TB(0) | CM(7)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。