FC2ブログ













カンブリア宮殿 

本日、テレビ東京で放映されていた「カンブリア宮殿」がなかなか面白かったです。

今回のテーマは
"再生請負人が語る企業の赤信号~あなたの会社は大丈夫か?~"
でしたが、赤信号企業の10項目チェックがありました。
社内のコミュニケーションが不足しているとか、経営者の銅像があるとか、職場が汚い、社長が55歳以上、優しい人がよく出世するなどの10のチェック項目があるのですが、日本は当てはまる会社だらけじゃないかと感じました。

今回あげられた10項目以外で、個人的に今までの経験や友人の話などをふまてつけくわえるとしたら
*トイレが男女共同(今時なのにけっこうあるんです。信じられない!)
*規定出勤日以外の勤務が多くある
こんなところも危ないかな~と思われました。

それにしても
「高学歴のエリートサラリーマンの成れの果て」
という言葉に喜びすぎです、司会の村上龍さん。
気持ちはわかるのだけれど(笑)

高学歴のエリートサラリーマンは修羅場を知らないので脆いのだとか。
なのでそういったお方は経営者には向いてないという話でした。
高学歴でエリートはともかく置いておいても、最後は人格と経験値と意欲、これにつきるのではないでしょうか。日本国の経営者にも是非とも肝に銘じてほしいものだと思うのでありました。
スポンサーサイト




[2006/11/20 23:12] 未分類 | TB(1) | CM(0)