スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ACL予選 シドニーFC×浦和レッズ 

海外アウェー、相手はシドニーFCということで、引き分けで終わってくれれば御の字ですと思っていたこの試合(弱気でごめんなさい)、個人的には思っていた以上の出来だと感じました。久しぶりに展望の見える試合というか。

開始早々(1分!)に先制をくらった時はどうなるかと、そしてよくわからないPKも決まっちゃった時には、ちらっと大敗も頭をよぎったのでありますが、いやはや、まさか2点を取り返してドローに持ち込むとは驚き。いつからこんなに我慢できる大人になったんだろう・・・。本当に目に見えないところで成長ってしてるのだなぁ・・・などと、感慨に浸ってしまいました。

先制した浦和は強い神話もこのところ崩壊気味で、先制しても危なっかしいのにという調子だったのに、ほんと、あきらめずによく頑張ったと思います。
次回は4月11日にホームで上海申花戦。
そういえば、ACLのユニフォームを買ってしまいました。
そのうちここにのせたいと思います。
スポンサーサイト

[2007/03/21 23:04] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

華麗なる一族とドラマホームページ 

TBSのドラマ「華麗なる一族」が本日最終回でした。
原作を大きく崩すことなくなかなか良い出来だったと思います。

北大路欣也の演技はもう「さすが!」の一言でしたが、
目の下の縁取りはちょっとやりすぎかと。
縁取らなくても目力は炸裂したはずです。

それにしても、気になるのはホームページのキャスト紹介。
続きを読む
[2007/03/18 22:46] 未分類 | TB(0) | CM(4)

J3節 浦和レッズ×ヴァンフォーレ甲府 

SN360023.jpg


Jリーグも開幕して本日で3節目。
浦和レッズはホームでヴァンフォーレ甲府を迎えての第3節でした。
2節のアウェー新潟戦は雪の中、2点のリードをたった2分間であっさりと返されて、まさかの引き分け、敗戦モード漂う引き分けに終わってしまい、今回のホームはどうなることやらと思いつつ見に行ったわけですが、結果は

2-0 で今期初の完封勝ち。

スコアだけ見ると妥当なのですが、内容はため息もの・・・。

続きを読む
[2007/03/17 19:04] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

1本5000円の水? 

タイトルどおり存在するそうです。1本5000円のミネラルウォーターが。
もう、びっくり。私の化粧水より高価。

でもインターネットでちょろっと検索してみたのですが、1ケース5000円はともかく、1本5000円の水はみつからず。

この5000円/本の水、一般の方が普通に飲むぶんにはなんの問題もないのですが、問題は、この水を飲んでいるのが農林水産大臣で、なおかつこのとてつもなく高価な水が国家予算で計上されているということです。さきほどテレビのニュースで見て驚き、呆れました。

大臣はこのお水を毎日飲まれているそうですが、5000円というお値段の割には、なんだかおつむには効きが悪いみたい。
次回の答弁はもうちょっとしっかりと!お水持参で、国民に納得のいく答弁をお願いしたいものです。

総理はやたら「美しい国」を連発しますが、美しい国を汚れた土壌の上に作っても単なるハリボテ。真に美しい国を作ることを望むならば、美しい土壌から。ますは足元からです。
足元といえば、あきらかに内閣の足元をすくう輩もいれば、これだけすくわれているというのに、まだすくわれてしまう危機感のなさ。
中学生日記を見ているかのような内閣にため息気味です。


追記です>>
コメント欄にてカツオさんに教えていただきました。

高級健康ウォーター有機ゲルマニウム水 ナノクラスター1200

そうそう、このパッケージでした!
カツオさん、どうもありがとう^^

この水を飲むと健康体になるらしいですが、私用の飲料水を経費で落としてしまう性根までは良くならないようです(涙)
[2007/03/09 23:59] 未分類 | TB(0) | CM(11)

サントリー工場見学第一弾 




修了しました~。工場見学に行ってみたいけれども、遠いです(涙)


[2007/03/08 20:39] 未分類 | TB(0) | CM(1)

J1節浦和×横浜FC そして AFC予選 

別々に書こうと思ったのですが、似たような試合なのでまとめて書きます。

DSC03162.jpg

浦和×横浜FC 2-1 で勝利。

まず、3月3日(土曜日)のJリーグ開幕戦。
対戦相手は錆付かないプラチナプレーヤー<<キングカズ>>でおなじみの横浜FC。

前半25分までは良かったのですが、まぁ、どうしてこうもシュートが入らないのか。前半30分すぎから試合終了までとにかく動きがない。
動きもないしチャンスもなし。
逆に横浜FCのほうがやりたいことがはっきりしていて、チームもよくまとまっていました。横浜FCはかなり善戦だったという印象。
翌日のエルゴラッソ(サッカー新聞)で右サイドの山田さんべたぼめされてましたが、かなり疑問。

キックオフ直後はなかなかいいすべりだし→前半30分で電池切れ→後半はさらにオイル切れでギクシャクというパターンで、ゼロックスとほぼ同じ。まぁ、監督も変わったししばらくは我慢だが、もうちょっと動くようにしておくれよ・・・と思いつつのぞんだ今日のAFC予選・・・・

DSC03219.jpg

AFCチャンピオンズリーグ予選 浦和×ペルシク ケディリ(インドネシア)
3-0で勝利。

仕事をシャカシャカ~っと終わらせて、お気に入りのサンドを購入してスタジアムへ直行。
世界への第一歩。
よっしゃー、キーパーは都築だ!
平日だけど声がかれるまで応援するぜ~We are Reds!!

という熱い思いとはうらはらに底冷えなスタジアム、そしてお寒い試合内容。

いつものそこそこスタート→電池切れ→油切れなパターン。

いや~、今日もギクシャクしてました~。
なんというか、面白くない試合をしてました。
観てるほうがこれだけ面白くないんですから、ピッチに立ってる選手も苦痛かもしれないな・・・なんて思ってしまうほど。
どうしてあんなに足が止まるのか、原因は疲労だけではないような。
クロスはいい位置に上がらず、ゴール前でポジションは取れず、
そして「これは!」という超決定機をもれなくはずし、
チームはギクシャク。

小野のゴールは素晴らしいゴールでしたが、それをも凌駕して印象的に残ったのは、ワシントンがキーパーと1対1であとは決めるだけの状況ではずしたシーン。相当重症です。大殺界かも。
調子のいいワシントンならふりむきざまにズドンといったところなのでしょうけれども、明らかに迷ってました。スタジアムが「え?」と静まり返るぐらいおかしな間がシュートを打つ前にありました。

そんなワシントンの致命的不調に、オジェック監督もいよいよ選手交代。
ワシントンout岡野in。岡野は何度かチャンスを作ってましたが、やっぱり周囲の選手の足が止まるのは変わらず。
どうしてジーコジャパンみたいにちんたら横パスやバックパスを繰り返すのか。
今日の相手もドン引きチームだったので、攻撃にパターンがなく、どうしたらいいのかボールをもてあましてるような様子だったので、J2節の新潟でどのような試合になるかな~と、新潟戦を見てから考えることにしました(新潟はドン引きになるようなチームではないと思っているので)。ドン引きじゃない相手にまで足が止まったら・・・ぎゃ~。

動きがないからマークをはずせないし、ゆさぶれない。当たり前なんですけどね。相手を動かそうと(特に相手DFを動かそうと)思ったら、倍動くか、よほど上手に動かないと相手は動いてくれません。
だから、どうしようかな~ではなく、動きながら考えてほしいのですが・・・(あぁ、オシム監督みたいになってきた。)

こりゃ、この先1ヶ月は我慢かな・・・。
AFCの予選はどうにか突破してほしいところですが、この調子で上海やシドニーとあたったら、目も当てられない事態が待っているかもしれません。
かといって、今が絶好調のピークだと、もし予選を通過したら本戦で調子が多少落ちるでしょうから、本当にそこらへんの采配は難しいところでしょうけれども、予選で敗退したら本戦もないわけで、ここはなんとか踏ん張ってもらって、「あ~、あの時の初戦がインドネシアでよかった」と5月ごろにしみじみ振り返りたいものです。


それにしても

シュート 浦和 26  1 ペルシク ケディリ
CK   浦和 16  1 ペルシク ケディリ

どうみても3-0の試合じゃなかったです・・・。
勝利はしたのですが、なにぶんスッキリしない試合でした。

[2007/03/07 23:29] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。