スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

阿部勘酒造店 「於茂多加」(おもたか) 

DSC05149.jpg

仙台鈍行列車の旅の時にたくろう。さんから薦められてお土産にしたお酒。

いやぁ、いい仕事してます。酒造りへの愛が感じられる素晴らしい一献。
お土産にしたのは「於茂多加 純米大吟醸ひより」

生酒なのですが、冷蔵庫で冷やして、澱(おり)を沈めて上澄みをいただけばほのかに甘いお花畑、その後、澱を静かに混ぜてにごりでいただけば、そこには先ほどの甘みなど微塵もない、すーっと舌をすべる引き潮が感じられる、1度で2つの表情が楽しめるお酒なのです。
日本酒を普段好んで飲まない妹が「美味しい・・・」と言ったのは、神亀の純米大吟醸、そして華鳩の貴醸酒に続く3本目。
そして、何より素晴らしいのはそのコストパフォーマンス。4合瓶で3,000円弱。(神亀や華鳩だと5,000円前後)


"開栓後は冷蔵庫等に保管し、お早目にお飲みください"
―――― そんな注意書きもむなしく、あっという間になくなってしまったのでした。


というわけで、これはおすすめするしかありません。
こういう仕事をしている酒蔵さんは絶対に残したいものです。
というわけで、次回、仙台に行ったら2~3本買うとここに宣言いたします。
 
 
スポンサーサイト

[2009/03/31 21:59] 未分類 | TB(0) | CM(0)

いつもの朝に 

いつもの朝に上  いつもの朝に下

いつもの朝に 上・下

著者:今邑 彩
価格:(上)660円・(下)680円
出版社:集英社(集英社文庫)


読み終わった後にぼーっとしちゃいました。

 続きを読む
[2009/03/30 23:42] 書籍 | TB(0) | CM(0)

ナビスコ杯 横浜・F・マリノス×浦和レッズ 

DSC05127.jpg

日産スタジアムでの試合、現地で観てまいりました。

かろうじて 0-1 で勝利。

原口のファイトと山岸の超スーパーセーブに助けられました。

 続きを読む
[2009/03/29 23:15] 浦和レッズ | TB(0) | CM(2)

青春18切符で仙台に行く 

DSC05112.jpg

先週、浦和レッズの応援で、掛川まで鈍行の旅をしたわけですが、あと1回分青春18切符が残っていたので、思い立って仙台へ行ってまいりました。やっぱり片道5時間強。

 続きを読む
[2009/03/28 23:57] | TB(0) | CM(9)

どっちが嘘? 

報道内容が事実なら再婚なんてとても考えられないのではないでしょうか。大丈夫かしら?紀香さん。
 
[2009/03/27 00:20] 未分類 | TB(0) | CM(0)

夜は短し歩けよ乙女 

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女

著者:森見登美彦
価格:580円(税込)
出版社:角川書店(角川文庫)


山本周五郎賞受賞・本屋大賞2位の作品。
独特な語り節で展開される、どたばたラブコメディー。
天然女子とその先輩の恋の行方やいかに!?
 
 
続きを読む
[2009/03/26 22:21] 書籍 | TB(0) | CM(2)

ナビスコ杯 広島×浦和 

力で飲みながら観てましたが、なんだか飲まなきゃやってられない試合でした。
日本代表のため闘莉王、阿部、田中達也、都築が、そして腰痛のため細貝が不在。

広島のエース、佐藤寿人をフリーにしてしまい

1-0 で負け

下手すれば3-0ぐらいで負けていました。

 続きを読む
[2009/03/25 23:20] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

川の名前 

川の名前

川の名前

著者:川端 裕人
価格:735円(税込)
出版社:早川書房(ハヤカワ文庫)


一昨日の埼玉~掛川の鈍行列車の旅の友。
旅の友に適した一冊だと思います。とてもおすすめ。
こういった物語を読むと、明治時代の「廃藩置県」や、昨今の「市町村合併」が歴史的節目の中でも大きなマイナス要素なのではないかと思わずにはいられません。
 続きを読む
[2009/03/24 22:20] 書籍 | TB(0) | CM(3)

毛布は羽毛布団の上?下? 

Yahho!意識調査 毛布は羽毛布団の上? 下?

私は毛布上派で、てっきり世の中の皆様もそうかと思っていたのですが、本日地点でやや少数になっていてびっくり!です。

寝具といえば、今年、初めて購入してみた松並木さんのオーガニックガーゼの寝具カバーがマイブーム。基本的にはリネン派なのですが、ガーゼを何枚か重ねた寝具カバーは暖かいということで購入してみたところ、本当に暖かかったのです!シーツはベッドパットをシーツの下に敷かずともシーツのみで十分。

洗濯後の乾きはやはりリネンのほうがはやい気がしますが、オーガニックコットンの寝具もオススメ。一緒にガーゼケットも購入したので、夏はリネンシーツにガーゼケットの組み合わせが楽しみです。
 

[2009/03/23 22:31] 未分類 | TB(0) | CM(4)

浜名湖銘菓 あげ潮 

DSC05105.jpg

まるたや浜名湖銘菓「あげ潮」
好物のうちの1つで、昨日、試合終了後に真っ先に買いに行きました。
掛川駅ではあまり売れていなかったけれど、もしかして知名度低め??
個人的には浜名湖といえば、「うなぎパイ」ではなく「あげ潮」です!
甘すぎず、素朴なサクサク感がたまらない逸品。人間のみならず我が家のペットも大好物(笑)

あぁ、食べだしたら止まらないのだけが悩みだわ~・・・。
 
[2009/03/22 17:48] 好き | TB(0) | CM(0)

J3節 ジュビロ磐田×浦和レッズ 

DSC05080.jpg

鈍行に揺られること片道約5時間・・・「青春18切符」での静岡への旅。

結果は 1-1 の引き分け

腑に落ちない引き分けですが、個人的には前半のミスを、どうにか後半に穴埋めできたことを評価したいゲームという印象でした。
 
 続きを読む
[2009/03/21 23:55] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

都電の小銭入れ 

DSC04923.jpg

帰宅したら、父親から「土産だ。」と渡された都電のレトロ車両の小銭入れ。
価格は500円・・・って安くない!?
すごくかわいくて使うのがもったいないです。
限定販売だそうですので、チェックはおはやめに。

「レトロ車両」がカワいい小銭入れに
[2009/03/19 22:49] モノ | TB(0) | CM(0)

頭のうちどころが悪かった熊の話 

頭のうちどころが悪かった熊の話

頭のうちどころが悪かった熊の話

著者:安東みきえ 画:下和田サチヨ
価格:1,575円(税込)
出版社:理論社


このなんとも芸術的インパクトな表紙と、「やや?」と思わせるタイトル。
思わず手にとってしまいました。
子供向けの話しかと思ったら、ページの向こうにはこの絵に負けないシュールな世界が広がるのでありました―――
 続きを読む
[2009/03/16 23:47] 書籍 | TB(0) | CM(0)

消えます 

NEC_0222.jpg

ケーブルを地中に埋めるのでしょうけれども、「消えます」告知をはじめて見ました。
覚えてたら消えたあとも撮影してみよう・・・たぶん忘れるだろうけれど。
 
[2009/03/15 23:07] 未分類 | TB(0) | CM(0)

J2節 浦和レッズ×FC東京 

DSC05056.jpg

小雨のパラつく中でのホーム開幕となりました。
スタジアムは5万人超の観客。ゴール裏には「GO REDS GO」のコレオグラフィー。
ホーム、埼玉スタジアムは今年も最高。
選手達はピリリとしたいい顔をしてました。

試合は 3-1 で勝利!

あぁ、We are Diamonds を歌ったのはいつ以来でしょうか!
 続きを読む
[2009/03/14 23:02] 浦和レッズ | TB(0) | CM(2)

無法地帯―幻の?を捜せ!  

無法地帯

無法地帯―幻の?を捜せ!

著者:大倉 崇裕
価格:880円(税込)
出版社:双葉社(双葉文庫)


幻の「?」を追う熱き男達・・・もといオタク達の物語。
 
 
続きを読む
[2009/03/13 22:31] 書籍 | TB(0) | CM(0)

箱舟の航海日誌 

箱舟の航海日誌

箱舟の航海日誌

著者:
価格:580円(税込)
出版社:光文社(光文社古典新訳文庫)

ノアの箱舟に禁断の肉食を知る生き物のスカブが紛れ込んだことから、順風満帆にいくかと思われた航海が一転する物語。
 
 続きを読む
[2009/03/11 23:33] 書籍 | TB(0) | CM(0)

落書き・・・ 

地下鉄駅で落書き奈良美智 「描きたいから手が動いた」?

ニューヨーク市内の駅で落書きをしたとして逮捕されたそうです。
この間、「AtoZ」を紹介したばっかりなのに!
 
 
[2009/03/10 23:28] 未分類 | TB(0) | CM(3)

夏への扉 

夏への扉

夏への扉

著者:ロバート・A・ハインライン
価格:756円(税込)
出版社:早川書房(ハヤカワSF文庫)


冷たい雪がキライで、いつも扉の向こうに夏を探す猫と、その飼い主の物語。
 
 続きを読む
[2009/03/09 21:29] 書籍 | TB(0) | CM(0)

雨にもまけず粗茶一服 

粗茶1  粗茶2

雨にもまけず粗茶一服 上・下

著者:松村栄子
価格:各588円(税込)
出版社:マガジンハウス ピュアフル文庫


新聞で連載されていた小説なのだそうです。
舞台はいかにもやっぱり「京都」なのですが、この小説上下巻の色が、まるで近鉄京都線の3220系の車体カラーそのもので粋じゃないですか。

この物語の主人公は坂東巴流という弱小家元の跡継ぎ友衛遊馬(ともえあすま)。
家元の実家に嫌気がさして家出するも、なぜかあんなに嫌いな京都に行くはめになり・・・。
 
続きを読む
[2009/03/08 23:49] 書籍 | TB(0) | CM(0)

J開幕 鹿島アントラーズ×浦和レッズ 

DSC05054.jpg

いよいよ今年のJリーグが開幕しました。
開幕しょっぱなからアウェー鹿島。
行って参りましたよ、鹿島まで。

試合は 2-0 で完封負け。

開幕早々不安でしょうがないですが、でも、やろうとしてることの片鱗は見え隠れしてました。
 
続きを読む
[2009/03/07 23:38] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

キュートなカップ酒 

DSC04910.jpg

これ、日本酒のカップ酒です。
かわいいですよね~。筆文字で「大関」なんて書いてあるパッケージ
からすると、とても日本酒と思えないかわいらしさ(笑)
日本酒にこういう試み、いいと思います。
以前に、花札のカップ梅酒(八木酒造の梅酒)があって即買いしたことがあるもの。
見た目が全てじゃないけど、第一印象のインパクトは大事よね。

この商品は、六花酒造の「A to Z」という商品で、奈良美智さんとのコラボ品なんだそうです。
(カップの種類は3種類ありました。)

味も甘めでかわいらしい味でした。
これだったら、飲み終わった後にコップとして使用するのもアリだよね?
 
[2009/03/03 23:32] 未分類 | TB(0) | CM(2)

お気に入り 

DSC04908.jpg


キーボードでなくてキーボードの上のペンが今回のお気に入り。
ペンテルの新作なのですが、15色のカラー展開で、3色ボールペン・2色ボールぺンにするためのクリア軸は芯と別売り。自分の好みの色を組み合わせることができる仕様になってます。
ちなみに私はブルーブラック(賢さ)とキャロットオレンジ(元気)にしてみました。けっこういい色でオススメ。芯は0.3をチョイス。細い割には書きやすいです。
文房具売り場って、久々に立ち寄ると地道ながらも進化&変化していて小さく感動しちゃいます。

これと一緒に買ったボールペンがもう1本あるのだけれど、それはしばらく書き味を試してみてから紹介したいと思ってます。

ペンテル Slicci
[2009/03/01 21:55] モノ | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。