スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2010W杯 決勝T パラグアイ×日本 

地味な死闘を続けて、延長でも決着がつかず、ついに今大会初のPK戦に突入。

結果は 0-0 PK パラグアイ5-3日本

で、日本は決勝トーナメント敗退となりました。
1つも勝てる希望もないムードだったW杯直前からしたらここまで良く頑張ったと思います。
特に急遽起用されたGKの川島、アンカーの阿部、そして決定的シーンの造り手である松井、この3人は個人的にたくさんの感謝を。W杯前はベンチだったり、阿部にいたっては起用方法が安定しなかったりでしたが、本番の大舞台で自分が出来ることにひたむきに取り組んでくれたと思います。

しっかし、今日の試合はつまらなかったです(笑)
昨日のオランダ戦を見ていても「オランダはつまらなく勝つなー」なんて思っていたのですが、まさか今日の日本がそんな試合になろうとは。両チームの国民以外には果てしなくつまらない試合だったのではないでしょうか。
それでも、延長戦が終わった直後の、そしてPKが終わった直後の両チームの選手の姿に、この試合が両者にとっていかに辛い我慢比べであったかということがあらわれていました。
打てども打てども決まらないパラグアイ、そして守る時間が多い苦しい内容にもかかわらず、奇跡的守備でもう片足水につっこんじゃってるぐらいギリギリのところで守り諦めなかった日本、両チームの試合はよそ様から観てつまらないものであっても、素晴らしい一戦だったと思います。
キャプテンである長谷部の言うとおり、PKは運です。C.ロナウドだって外す時はスカっと外すんです。
なのでキッカーもキーパーも責められるべきではないのです。

浦和の試合でもPKで泣いた試合ほどよく覚えてるもので、今日のPK、順番が来れば闘莉王も蹴るんだよね・・・なんて無駄にドキドキしちゃいました。(闘莉王はよくPKを外してました・・・)

両チームの選手の皆様、本当にお疲れ様でした。

私は遠藤に相手選手の肘が入ったあたりから、あからさまではないけれど微妙なパラグアイ寄り臭い主審にモヤモヤしっぱなしでした。ぶっちゃけこれで得点できないパラグアイもどうかと思うけれど、それは日本が恐れずに果敢にいった証拠であり結果。それなだけに負けたくなかった。パラグアイにも主審にも。

次の相手がスペイン×ポルトガルの勝者ゆえ、こんなに拮抗して我慢した果ての敗戦は本当に悔しいですが、この悔しさをこれからの選手生活にぶつけてほしいなと思います。

そして、このW杯の思わぬ躍進の効果で、停滞気味のJリーグも盛り上がってくれるといいなーなんてサッカーファンとしてはちょっと期待してます。代表選手は各チームにそれぞれ戻ってゆきますが、Jリーグでも、時として、この先10年語り継がれるであろう試合もありますので、これを機会にスタジアムにサッカーを観に来てほしいな~と思います。

誰かが言っていたけれど、負けて泣かないチームは頂点を極めたたった1チーム。

日本のサッカーはまだまだこれから。
今回ベスト16に進んだのですから、4年後の目標はますはベスト8。
浦和にもそして他チームにも将来が楽しみな若手の逸材が日々成長してますから、4年後が楽しみです。
海外に出ていない長友くんも度胸あるプレーでマッチアップする厳しい大物プレーヤーとも対等に渡り合ってましたから、日本育ちでも十分通用するのです。

これからあれよあれよという間に決勝トーナメントが進み、決勝戦を向かえ、長かったようで短いW杯も終わりの時を迎えるのでしょうけれども、W杯が終わればすぐJリーグ再開です。
代表で成長された選手のみなさんをピッチで観ることを楽しみにしています。
また浦和に一喜一憂する日々が戻ってくるのね~。(それはそれで寝不足にはならないけどタイヘンなのよ。なはは。)
 
そういえば、大雨の影響で、所沢や富士見あたりで大規模停電していたらしいけど、みなさん、この試合を観られたのかしら???
 
スポンサーサイト

[2010/06/30 02:57] サッカー | TB(0) | CM(4)

2010W杯 決勝T ドイツ×イングランド 

ただでさえヨーロッパ勢が予想外にグループ敗退してしまった中、決勝トーナメント1回戦でいきなりヨーロッパ同士の潰し合い。

試合はどうなるのかまったく予想できませんでしたが、4-1 でドイツが勝利。
ドイツのカウンターがことごとく決まった試合でした。

とても面白い試合でした。
両チームが攻撃しては守備の試合で観ているほうもドキドキ。
世紀の大誤審さえなければね・・・本当にいい試合だったのですけれど、唯一それだけが悔やまれます。
前半、ドイツが立て続けに2点を奪ったあとにやっとイングランドに吹いてきた追い風。
まずはセットプレーから1点を返し、その後も怒涛の攻撃を繰り出すイングランド。
ランパードの絶妙ループは、何度再現Vを見ても確実にゴールラインを割ってましたが、審判の判定はノーゴール。線審、ありえないでしょーーーー。グループリーグならともかく、負ければ終わりの決勝トーナメント、どの国の選手も国を背負ってピッチに立っているというのに、なんたる誤審。
FIFAはセンサー内臓ボールを検討せねばなりません。

イングランドの同点弾は幻となり、前半は2-1で折り返し。

これにより、イングランドはもとより、ドイツ的にも後半の戦い方が難しくなるなと思ったのですが、後半はやはりややイングランドが押し気味の展開になりました。
ところが、イングランドが決めるべきシーンを決められず(なんだか運もなかったかな・・・)、思い切り前がかりになったところを、カウンターで運ばれ瞬く間に失点。さらには、その3分後にドイツの若手エジルにぶっちぎられて同じ形でカウンターを許し再び失点。(オシム監督はエジルを「ハニュー(FC東京の羽生)」と言っていたらしいけれど、サバンナの高橋にもかぶるのよね。もちろんエジルのほうがいい男ですが。)

試合はこのまま4-1で終了。

あの誤審で、ドイツは勝利するにしても2点差以上で勝利せねば厳しいなーなんて思ってたものの、終わってみれば3点差で試合終了。
因縁の試合でしたが、さらなる因縁を生むことになろうとは・・・。ワールドカップには魔物が住んでいる。
恐るべし決勝トーナメント。

というわけで、ドイツがベスト8に駒を進め、イングランドが敗退しました。
予選からいまいちパッとしないイングランドでしたが、ルーニーのゴールが見られなくて残念だったわ・・(涙)

最悪な誤審といえば、TBSの実況と解説も最悪。
火曜の日本戦もTBSなんだよね・・・と思って調べたら、実況は土井さん、解説は金田さん、今日よりはマシかも。

この後のアルゼンチン×メキシコはどうなるんだろう!
 
[2010/06/28 01:55] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 決勝T ウルグアイ×韓国 アメリカ×ガーナ 

2-1 で韓国、ベスト16にて敗退。

最初はかたい試合をしていて、どうなっちゃうのかなー、韓国という感じでしたが、セットプレーのワンチャンスでこぼれ球を17番がゴールして追いついたんですけどね。
そこからウルグアイの本気スイッチと降っていた雨の土砂降りスイッチがON。

雨もゲームも激しくなる一方な中、追いついた韓国がノってきて、再三にわたって攻めるも決めきれず。
そんな中、本日2点目のスワレスの技ありゴールが決まりましてこれが決勝点となりました。

このスワレスの2点目のゴールが変態すぎ。南米のストライカーってドSよね。

韓国は最後まであきらめなかったのですが、残念ながら今一歩及びませんでした。

韓国の10番のパクチュヨンが全然決まる気しないのよね。
パクチソンはすごくうまいのに、パクチソン以外に前で仕事ができる人がいない。


今、ちょうど、アメリカ×ガーナを観ているのですが、前半5分のガーナのボアテンクのゴールでガーナがリードして前半30分を迎えております!クリントン前大統領とミック・ジャガーが試合を観戦してました。
アフリカ勢で唯一、決勝トーナメントに残ったガーナ、このまま頑張れるかしら?

それにしても、眠い・・・・


そして続き。

その後、アメリカがドノバンのゴールで追いついて、1-1のスコアのまま試合終了。
15分ハーフの延長戦へ突入。これまた、45分ハーフの再現のように、延長戦開始直後にガーナのギャンのゴール!ガーナ、再び勝ち越し。ギャンのこのシュート、身体能力が高くないと絶対無理!これより楽だと思われるシーンでなぜか決められないのに、こういうスーパーなやつを決めちゃうんだよね。飛び出したギャンにアメリカのボカネグラが体をぶつけたんだけど、そんなことでは止まらないギャン。ゴン中山イチオシ(?)のディメリットが後ろからシュートコースに飛び込むも及ばず。瞬く間にギャンのシュートが決まりました。

両チーム、死闘の延長を戦いきりましたが、ギャンの2点目が決勝点となり、1-2でガーナがべスト8進出!アメリカは敗退となりました。
試合終了前には、アメリカのキーパー、ハワードまでもがガーナゴール前へ。
セットプレーでのガーナキーパーのキングソンとアメリカキーパーのハワードの真正面勝負は見ごたえがありました。ガーナは最後までよく集中して守備をしていました。(なんかめずらしい気がする。)

いやー、本当に決勝トーナメントは面白すぎるね。

今日のドイツ×イングランドはどうなるのかなぁ。
 
[2010/06/27 03:47] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 グループE・H 

ポルトガル×ブラジル、すごい試合でしたね。
両チームとも決勝トーナンメントを前にカードもらいすぎ!

でも、見ごたえのある試合でした。
昨日の23:00のキックオフでも見たけど、今日のフジの再放送も見ちゃったですよ。
メイレレス、決めなさいよねー。
決勝トーナメントでは今大会で代表引退を表明しているデコを見たいけれど、怪我の具合が良くないのかしら・・・心配。

結局この試合はスコアレスドローで終了してブラジルが1位、ポルトガルが2位で予選を通過。
北朝鮮はコートジボワールに3失点で今大会を終えました。
北朝鮮はポルトガル戦で心の糸が切れちゃったかな。コートジボワールもグループリーグ敗退。

グループHもチリ×スペインの直接対決を1-2でスペインが勝利して得失点差でスペインが1位通過。チリは2位通過。
スイスとホンジュラスはスコアレスドローで終わり、ともにグループリーグ敗退となりました。
なんだかんだで1位通過か・・・スペイン。


これにて全てのグループリーグが終了。
ヨーロッパは予想以上に苦しみ、イタリアやフランスが予選敗退する大波乱、一方、南米チームは出場国5カ国がすべて予選を通過!!今大会は南米天国。
アフリカは6カ国のうちなんとかガーナだけが予選を通過。
アジアはご存知のとおり韓国と日本が通過しました。

今、決勝トーナメントのウルグアイ×韓国を見てるのですが、スアレス(やっぱりきたか!)のゴールでウルグアイが先制。韓国、かたいなー!(気持ちはわかるけど)
でも、韓国、なかなか頑張ってますぞ。耐えてワンチャンスを狙え!
 

[2010/06/26 23:42] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 グループE・F 

日本代表のみなさま、グループリーグお疲れ様でした!
(おそらく)世界的にもあらかたの予想を裏切る1-3というスコアで決勝トーナメント進出を決めました。

裏のカメルーン×オランダ戦は、途中、先制されたカメルーンがエトーのゴールで追いついたので、「あら?もしかして」もあったのですが、やはりオランダが追加点を入れて1-2で終了。

日本が戦ったグループEは、オランダが首位で抜け、日本が2位でグループ予選を通過。

一方、グループFは前大会覇者のイタリアが敗退。
イタリアはピルロまで担ぎ出したのですが、スロバキア相手に3-2で及ばず。
いやぁ・・・イタリア、どうしちゃったんでしょうね。
フランスといい、今年はブルーのユニフォームが鬼門かぐらいなヘタレっぷりでした。(縁起悪すぎ)

パラグアイはニュージーランドと引き分けたものの(ここらへんがパラグアイっぽい!)、1位でグループリーグ通過。2位通過はイタリアを下したスロバキアとなりました。

というわけで、オランダ×スロバキア、パラグアイ×日本となりました。
パラグアイはかなり厳しいとは思いますが、チャンスがないわけではないので、いい準備をしてのぞんでほしいと思います。長谷部が言っていたように失うものは何もなし。チャレンジャーとして果敢に臨んでいってほしいと思います。

それにしてもデンマークのキーパーは気の毒でした。
日本人でもFKが2本決まるなんて想像すらしてなかったと思います。
一方、日本のキーパーの川島は同じ轍は踏みませんでした。
オランダ戦で学んだ1失点をかなり勉強しているように見えました。
後半のPKのシーン、良く反応してはじいたのですが、はじいたところを決められてすごく悔しがってましたね。
これもまた次の試合にきっと生かしてくれるのではないかと思います。

デンマークは前半の2本のFKにかなり動揺していて、らしくなかった。
後半はあきらかにイライラしてました。
オルセン監督は、はやめの3枚交代でパワープレイをガンガン仕掛けてきましたが、日本は集中してよく守備をしていました。(オルセン監督、血管切れそうでしたね。)
MOMは本田とのことですが、今日のMOMは本当に難しい。
川島もナイスセーブを連発していましたが、今日はデンマークの高さに対して闘莉王、中澤、そして2人の前で水際を防ぐ阿部の集中力が素晴らしかったと思います。
(私はオフェンスよりディフェンスの選手が好きなので思い切り贔屓目ですけれど。)
しかし、3点目の本田のアシストボールは美しかったですね。あの時間帯だからこそなおさら。
本田はこのワールドカップでかなり海外にアピールしたのではないでしょうか。

「決まるときは決まる、そんなもんです」

という本田の言葉が印象的でした。
これだけ点数的に余裕がある状況であれば、もう1点流れからの点がほしかったなーというのは贅沢ですかね。
これでアジア枠も確保されたし、良かった良かった。
早起きして試合を見たかいがあったってもんです。

今日ぐらいは職場でちょっと意識がとんでも許されるわよね?
 


[2010/06/25 06:26] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 グループC・D 

グループCは

スロベニア×イングランド 0-1 でイングランド
アメリカ×アルジェリア 1-0 でアメリカ

がそれぞれ勝利してアメリカとイングランドが決勝トーナメントに駒を進めました。
それにしても、点が取れない、イングランド・・・。

今、ガーナ×ドイツの前半が終了しましたが、ガーナのほうが押し気味でした。
DFラインの位置も高かったしね。
一方、ドイツはDFがイマイチ低くて攻めも押さえ気味。後半に向けての布石かしら??
ドイツの黒のアウェーユニフォームはなかなか締まってていい感じ。
今回は死のグループ化してるグループが多いので、3戦目はガツガツの試合が多くなるかと思うのですが、なんでNHKは放送しないのだろう?今、見てるガーナ×ドイツなんてとても面白いんですけどね。
 
[2010/06/24 04:28] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010年杯 グループA・B 

ふと目覚めてTVを見たら、韓国がリードされててびっくり。
後半すぐ、韓国が逆にリードしたので、やれやれと思って眠り、朝起きたら、2-2の引き分けという結果でした。
でも、アルゼンチンに4-0で負けてよく立て直したと思います。

やっぱり決勝トーナメント出場が決まる3戦目はこういう試合展開が多くなってくるかもね。

ナイジェリア、頑張ったのですが・・・開催国の南アフリカに続き、アフリカの国がグループリーグ敗退。

アルゼンチンはやっぱりギリシャ相手に、ウルグアイはメキシコ相手に無難に勝利し、それぞれ1位でグループリーグ通過。というわけで、グループA・Bは、ともに南米のチームが1位通過なので、決勝トーナメントは南米×南米にはならず、アルゼンチンはメキシコと、ウルグアイは韓国と当たる事となりました。

それにしても、マラドーナは言いたい放題だね。笑える。
 
[2010/06/23 21:29] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 ポルトガル×北朝鮮 

えらい試合になっちゃいました。

7-0 ですって。

明日、「サッカーってコールドなかったでしたっけぇ?」と職場の女子に聞かれそうな予感。

もはや練習試合にもなっておらず、北朝鮮はポルトガルのシュートの練習台と化してました。
みんな、ちゃんと【青春一号】(サッカー代表選手しか口にすることを許されない木箱入りの超高級特製ドリンク)を飲んだのかしら??
気の毒なのは北朝鮮のGKです。
でも、北朝鮮に「戦い方を変える」という選択肢はないのよね。こういうチームなんでしょうね。
或る意味潔すぎるというか。1点でも返せれば報われたのでしょうけれど・・・。
しかもどしゃぶりの雨の中。もうなんちゅーか、これ以上のシチュエーションってある?

C・ロナウドの初ゴールも決まったわけですが、これだけゴール祭りだと、もうそんなのどうでもいいぐらい満腹でした。背中トラップのこのゴールも面白かったけど、それよりも、アシストボールが美しかった。

この試合結果は、アフリカの最後の望み、コートジボワールにとっても厳しい試合結果となりました。

開催地が盛り上がるためにも、アフリカ勢のチームにはどこか1チームでも予選を突破して欲しかったのですが・・・。

それにしても、北朝鮮相手に2-1って、どれだけさぼってたのさ、ブラジルは。

韓国とオーストラリアは予選を抜けると思っていたのですが、北朝鮮が今大会一番の大敗で、韓国はおそらく根性で予選を突破するにしても、オーストラリアが微妙な今、気づけばアジア枠が、なにげにこれまた境界線を彷徨っている日本にかかってきちゃったのよね。

浦和がACLの決勝を迎えた時に、「日本の代表として戦う」と当時のオジェック監督はそう記者会見で話してましたが、岡田監督に「日本だけではない。アジアのために戦う」という気概ははたしてあるのでしょうか。
3戦目ともなると疲労やモチベーション面での難しさもあるとは思いますが、それは相手国をはじめどの国も多かれ少なかれ同じ状況ですから、ここが監督やスタッフの真価が問われる・・・腕の見せ所ですね。
 
[2010/06/21 23:48] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 イタリア×ニュージーランド 

1-1 のドローで試合終了。イタリア、やっちまいましたねー。

違う意味で手に汗握りまくりな試合でした。
それにしても、ニュージーランドの全身全霊引き分け狙いの守備はすさまじかった。
ニュージーランドがイタリアに逆カテナチオですよ。
イタリアの怒涛の攻撃を再三跳ね返しました。
イギリス×アメリカ戦も似たような試合でしたが(試合後の光景も同じでしたが)、その比じゃなかった。

MOMは間違いなくニュージーランドのGK マーク パストン でしょう。
怒涛のスーパーセーブ。何かが降臨していたとしか思えず。

後半38分のニュージーランドの決定的シュートは、わずかにゴール右にはずれましたが、まさかのニュージーランド再びリードを予感させたこの窮鼠猫を噛む的な後半唯一のチャンスに、会場の反応がこの試合一番でした。

放ったシュートは イタリア 21  3 ニュージーランド
コーナーキックは イタリア 14  0 ニュージーランド

ですよ。でも試合は 1-1 のドロー。サッカーってわからない。

ここのグループもいよいよドロ沼になりました。
今大会は本当に番狂わせ(それも大胆な)が多い。
次はどんなびっくりが待っているのだろう。
 


[2010/06/21 01:09] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 イタリア×ニュージーランド 

今、リアルタイムで見てます。

0-1でイタリアがニュージーランドに先制されております。
どーしちゃったの、アズーリ!?

しかも、シュートが・・・ポストかい!!
でも、その直後にPKとりました。
イアキンタがPKを決めて追いついた。

やっと、ゲームが振り出しに戻りました。前半約30分・・・長かった。
それにしても、細かいパスミスが多い、イタリア。

そして1-1のドローで前半折り返し。ニュージーランドはよく耐えました。
イタリアはPKをもらってやっと攻められるようになったけど、ピルロがいないだけでこれじゃ厳しいかも。


この試合の前はスロバキア×パラグアイを見てたんだけど、パラグアイのユニフォームって、あのカラーリング的にどうしても「くいだおれ太郎」を想像しちゃうよね。
試合は、そのくいだおれ太郎・・・もといパラグアイが0-2でスロバキアに勝利。

ブラジル×コートジボワールがかなり気になるけど、さすがに明日仕事ゆえ録画・・・。
 
[2010/06/20 23:43] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 オランダ×日本 

1-0 で敗戦。勝てるとは思ってなかったけど。

下手すればアルゼンチン×韓国なみにボコボコにやられることも頭をよぎりましたが、オランダがらしくなかったです。
日本はよく頑張ったと思います。特にスタメンの選手が。
個人的には長友。1戦目も2戦目も惜しみなく運動し、マッチアップする厳しい相手にも果敢に挑んでいるように見えます。遠目からのシュートを迷いなく放つシーンもあるしね。私が想像するより度胸がありました。長友くんにもこのW杯で海外からオファーがくるのではないでしょうか?

それにしても交代がね、残念。

松井→中村俊輔(後半19分)
長谷部→岡崎(後半32分)
大久保→玉田(後半32分)

この交代を見て、もうオランダ戦は捨てて、次のデンマーク戦に向けて温存するのかと思いました。
(だったら、「アンカーの阿部ちゃんも温存してよねー!!」って友人にメールを送ったら、返ってきたメールが「阿部まで下げたら炎上する可能性大だから」ってあって妙に納得。)

比較的早い時間に交代した割には、交代した選手はいずれも交代したフレッシュさがなし。
最初から出ずっぱりのスタメン選手のほうがよほど頑張ってました。
岡崎が決定的シーンを外してしまったところで試合はほぼ決まった気がしました。
日本にもストライカーが欲しいな・・・ホント。チャンスは作れているだけに。
そして、交代してからのほうがピンチが増えたような。
中村俊輔が中盤で簡単にボールを失うのは洒落にならないぐらい命取り。
(たとえ、長友や本田がいい位置でFKを得られたとして、それを中村が決めるにしてもリスクのほうが高い!)
個人的には、デンマーク戦はベンチにいてほしいというのが正直なところです。
中村俊輔以外にも、憲剛だって稲本だっているし。

一方、オランダもらしくなかったです。
展開に乏しく攻めあぐねるオランダ。
えーっと、もしかして、相手のレベル合わせちゃうタイプ?
それでも、決勝点になったスナイデルの無回転シュートは恐ろしかったですね。
真正面で受けた川島が止められない。ジャブラニの恐ろしさをアピールするには完璧すぎるゴールでした。
しかも、スロー再生で見ても速い!よくこのシュートを逃げずに受けましたよ。
(ちなみに、我が家の父親は、自分がこのシュートを受けたわけでもないのに、この瞬間めちゃくちゃ痛そうな顔してました。画面の川島くんは悔しそうな顔してましたが。)
でも、川島くんが許した失点はこの1点のみ。その後は慌てることもなくスーパーセーブが何本か。
1-0で終われたのは彼のスーパーセーブあったればこそ。
それなだけに、オフェンスの選手にはもうちょっと頑張って欲しかったなー。

カメルーン戦と同じで、後半は少し長く感じましたが、それでも90分を通せばあっという間に感じましたので、日本は90分を通じて善戦したのではないかと思います。

次はデンマーク戦。再びの高地、そしてナイトゲームですから寒いでしょうけれども、泣いても笑っても次で決まるわけですから、自分たちが後悔することがないような試合をしてほしいと思います。
 

[2010/06/19 22:34] サッカー | TB(0) | CM(2)

2010W杯 ドイツ×セルビア 

順調にドイツが勝利であろうと思われたこの試合、とんでもないことになっちゃいました。

ドイツ、敗戦。

スコアこそ0-1なのですが、両チームに繰り出されたカード全9枚。
なんなの!?この主審!
世界にも似たような主審はいるのだ・・・と(誰に似てるのかの想像はおのおのがたにおまかせ)、しみじみ痛感しちゃいました。私はあまり海外サッカーを見ませんが、このスペインのウンディアーノ主審、絶対その筋では有名なお方(もちろん悪い意味で)とお見受けしました。

いやはや、ドイツのクローゼがはやくも前半37分という時間にまさかの退場となるわけですが、そのときのカードなんて、出す必要ありました?的状況に見えました。この試合をご覧になってたサッカーファンの皆様はどのように感じられたのかしら?

セルビアが少ないチャンスからゴールを決め、その虎の子の1点を守りきる形で試合は終了しましたが、ドイツは再三攻撃するもセルビアからゴールを奪うことが出来ませんでした。
1人退場になって少なくなった(しかもクローゼ)というのももちろんありますが、勝ち点2を失っても同点には並んで勝ち点1には持っていけるであろうと思っていたので、ついに追いつけないまま終わってしまったのは残念でした。しかも繰り出されたカードの枚数・・・・・もう踏んだり蹴ったりでございます(涙)

これをもって、ドイツのグループDも混戦突入。死のグループ化。
今年は半分以上のグループが死のグループ化していて、明日の試合はどんなびっくりが待っているのかと自然と構えるようになってしまいました。もうちょっとスーパーな試合が見たいのに(ポルトガル×コートジボワールやスペイン×スイスのような)、しかも、そうなりそうな試合はけっこうあるのに、なんだか主審が残念な試合が目立っているような気がする。
決勝トーナメントでは、ちゃんとしたジャッジができる主審をお願いしたいものです。


ここまでの間、優勝シード組で順調に行ってるのは、ブラジル・アルゼンチン・オランダぐらいになっちゃいましたね。
マラドーナ監督、意外と凄い。
マスコミを全部持って行っちゃうから、選手が試合に集中できるのかもね。
いやー、アルゼンチンが優勝!なんてなったら、再び伝説になるね、これ。
 
[2010/06/18 23:06] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 アルゼンチン×韓国 

4-1で終わってみればアルゼンチンの圧勝。

いやはや、メッシの凄さをしみじみと実感した試合でした。
そこ、通します?的コースにスルリと通る縦パス。5人に囲まれてもパスが、シュートが。
韓国DFからしたら「どーすりゃいんだよ・・・」状態だったと思われます。
我が家も家族で観ていましたが「やっほ~い!」って感じ(どんな感じ?)でした。
もう、凄すぎて笑うしかないという状況。

韓国が前半終了間際という最高の時間帯にラッキーなチャンスも手伝って1点を返し、2-1で前半を折り返した地点ではまだわからないかもしれないと思ったのですが、さすがの韓国も3失点目では心にぽっかり穴が開いたように見えました。

アルゼンチンはテベスに続き、ハットトリックのイグアインをベンチに下げる余裕っぷり。

韓国は後半開始と同時に、運悪く前半1失点目のオウンゴールをいたしてしまった16番を交代しましたが、これはおしおきなのだろうか?カードももらってないのにちょっと厳しいなと思いました。確かに際どいセットプレーが続いたためヒヤヒヤヒヤヒヤさせられっぱなしだったかなぁとは思いますが。

でも、この韓国戦で、アルゼンチンからゴールを奪うにはキーパーの後ろが狙い目というところも見えました。飛び出したがるアグレッシブ型キーパーなので、うまくフェイントを入れてキーパーの後ろにフワッとみたいな。
でも、今日の韓国にはそんな余裕はなかったな。
韓国は、昨日のスイスみたいにもうちょっと組織的に守るかなと予想していたのですが残念でした。
後半12~3分あたりの絶好機をはずしたのも痛かった。これが決まっていたら同点弾ゆえ、かなり韓国的にはモチベーションが急上昇したのにね。

試合前後に選手一人一人と抱擁をかわすマラドーナ監督が印象的でした。
どう見てもマフィアのドン・・・・・でも、選手との関係は良好そう。(W杯前は色々言われてましたが。)

2勝のアルゼンチンはほぼグループリーグ突破が決まったと思うので、次の試合は力を抜いて、いい感じで決勝トーナメントに入れるのではないでしょうか。今年こそはくるか?アルゼンチン!
 
[2010/06/17 23:24] サッカー | TB(0) | CM(2)

2010W杯 コートジボワール×ポルトガル 

個人的に開幕から今日までで一番面白い試合でした!
これぞワールドカップだという試合。
本田のシュートで喜んでる場合じゃないわ。

結果はスコアレスドローでしたが、非常に面白い試合でした。

ポルトガルは、「やっぱりナニがいればなぁ」という感じがしました。
それにしても、コートジボワールのヤヤ・トゥーレは素晴らしかった。
(コロ・トゥーレも凄かったけど。)

さすがに寝不足がたたりはじめて、録画にまかせてそろそろ寝るかと思っていたら(そもそも、録画予約はほとんど入っているからいつ眠ってもいいんだけど)、そこで出てくるか、ディディエ・ドログバ!
結局、スタジアムの大歓声とドログバの登場に興奮して眠れず・・・見るしかないじゃないね?

今日のスペイン戦は23:00キックオフ、でも、明後日のアルゼンチン×韓国は20:30キックオフだから明後日までガンバレ、私。

ガンバレといえば、頑張ったのは北朝鮮!2-1ブラジルに負けはしたものの、終了のホイッスルまであきらめないで戦うファイトに心揺さぶられました。カカを下げる余裕っぷりのブラジルは、本気の50~60%ぐらいだったとは思うけれど。でも、日本の次のオランダ戦に必要なのはあのひたむきな姿勢なのです。
 

[2010/06/16 06:11] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 日本×カメルーン 

1-0 で勝っちゃいましたー。

カメルーンの運のなさに救われたところがありつつも、アンカーの阿部勇樹とサイドの松井大輔が効いていました。
以降の試合によっては阿部勇樹が浦和から移籍しちゃうかもしれないな・・・と切なかった(涙)
もちろん、阿部勇樹の活躍はとても嬉しいのですけれど♪

キーパーの川島もファインセーブがありました。こういう試合の1-0ってキーパー冥利につきるよね。

ゴールを決めた本田が「持ってます」って言ってて笑えた。

でも、後半は面白くなかったかな。
勝ち点3は確かに大切なのですが、追加点を取りにいって欲しかったというのが正直なところ。


そして、イタリアも引き分けちゃったよー、ひえぇぇ。
 
[2010/06/15 06:00] サッカー | TB(0) | CM(2)

2010W杯 ドイツ×オーストラリア 

ドイツ 4-0 オーストラリア って・・・

ドイツ・・・(汗)
オーストラリア(涙)

退場者が出たにしても、オーストラリアは残念でした。ケイヒル・・・なにやってるのー。
グループ内の得失点差を考えると、オーストラリアの4失点はかなり痛いし、しかもカードももらいまくってWパンチ。

それにしても、バラック不在でもドイツは強い。
逆にバラック不在がいいのか・・・・・・?
 
[2010/06/14 21:52] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 イングランド×アメリカ 

1-1で引き分けちゃいましたよ、この試合。いきなりサプライズ。

イングランドが試合開始早々に決めて、追加点が入ったらあとは録画にまかせて寝ようかな、なんて思っていたところに、なんとアメリカの同点弾。眠れなくなったじゃないですか。
結局、リアルタイムで見ちゃいました。見るしかないよね。

イングランドのキーパー、グリーンがやっちまいました。
イングランドは怒涛の攻撃を繰り出したものの、勝ち越し点を奪うことができませんでした。
それにしても、アメリカってなかなかいいチームなんだよね。
あれだけサッカー人口がいれば、本気で探せば凄い逸材がもっとゴロゴロいそうな感じがします。

イングランドにとっては勝ち点を分けたことも辛いけれど、もらったカード3枚も痛かった・・・。
 
[2010/06/13 05:44] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010W杯 韓国×ギリシャ 

パク・チソンの2点目が凄かった!
次のアルゼンチン戦も要チェックです。

「まずはベスト16」

が目標の韓国。地に足がついてるなー。
 
[2010/06/12 23:40] サッカー | TB(0) | CM(0)

2010 FIFAワールドカップ開幕 

2010年FIFAワールドカップが開幕いたしました。

南アフリカという地理的状況や公式球のジャブラニがどう影響するのか。

私の寝不足な日々もワールドカップ開催中続くのであります・・・・・・(肌に悪い)。
 

[2010/06/11 23:36] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ナビスコ予選6 横浜・F・マリノス×浦和レッズ 

DSC07089.jpg

約13500人の観客が訪れた日産スタジアム。

ちょっとばかし仕事がおしてしまいまして(定時に帰れるように頑張っていたのに、こういう時に限って、ギリギリで電話がくるのよねー)、30分オーバーで職場を出て、なんとか後半キックオフにすべりこみセーフ。

浦和の予選敗退は決定していたのですが、マリノスは可能性があったのよね?
分が悪い傾向にある日産スタジアムで勝って終わらせられれば、まぁ敗退してもねぐらいに思っていたのですが、

0-0 のスコアレスドロー。

シュートの本数、少なすぎません??
 
 続きを読む
[2010/06/09 23:53] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

送別会 

今日は、定年退職される職場上司の送別会でした。
ベイサイドのイタリアンレストランだったのですが、夜景がきれいでした~。
飲み放題だった割にはそんなに飲まなかったなー。(めずらしい)
 
 
[2010/06/08 23:49] 未分類 | TB(0) | CM(0)

セルジオ越後のスタメン 

やべっちFCの討論会でセルジオ越後のカメルーン戦スタメンが面白かったです。

     
■■■■■■■森本■■■■■■■

松井■■■■■遠藤■■■■■本田

■■■■稲本■■■■阿部■■■■

長友■■闘莉王■■中澤■■長谷部

■■■■■■■川島■■■■■■■   
  

ちょっと他のことをしつつ見ていたものですから、うろ覚えなのですが、だいたいこんな感じだったかと。
オウンゴール対策で「闘莉王のマークに岩政をつけて12人」とか言ってたけど(笑)
トップ下の遠藤は中村俊輔とどっこいの不調なので、遠藤の位置はサポートの香川くんあたりが入ったら面白そうだなぁなんて思えました。
稲本が頑張らないと左の守備が下手すればザルってところが不安ではございますが。

「カメルーン戦は第一戦目じゃなく決勝なんですよ」

というセルジオさんのお言葉が印象的でした。
 
 
[2010/06/07 02:33] 未分類 | TB(0) | CM(0)

散歩 

久々に1時間30分近く散歩をしました。
ドイツ人には日課の散歩ですが、同じように私も日課にしたいのですが(歩くのは嫌いじゃなくてむしろ好き。ブラタモリやちい散歩バンザイ)、いかんせん都内勤務だとそれも難しく、こうやって週末に歩くか、金曜に定時でサクっと帰れた時に夜の都内を少し歩くかになっちゃうんですよね。

DSC07085.jpg

これね、道路工事の現場にいたんですけど、新橋の近くではこれのカエルバージョンを見たことがあるのよね。
ウサギははじめてみました。工事現場グッズも癒し系の時代なのね。

気になるので、ちょいと調べてみました。単管バリケードなる保安用品らしいです。
ウサギ以外にも、カエル、サル、ペンギン、タヌキ、シカ、ゾウと、仲間がたくさんいました。
(お仲間の画像は いま、安全保安用品がおもしろい! というページの「保安機材」に掲載されています。)

ここで紹介されていた「Lightalk(ライトーク) 」という商品が面白そう。
手書きのメッセージなどを、ペン型の本体でスキャンして、左右にスイングすると、メッセージが浮かび上がるってやつ。

肝心の散歩といえば、今日は風が強かったけれど、天気のいい日の散歩は気持ちが良かったです。
今は新緑の香りが一面に広がっているしね。ご近所はすっかり田植えが終わった頃でしたが、次にお散歩に行く頃にはすっかりのびて、一面緑なんだろうなぁ。
 
 

[2010/06/06 23:32] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ハレノヒの凹カステラ 

話題の「ハレノヒ 凹カステラ」なるものを購入してみました。(半熟っぽいカステラ)

そしたら、父親も他のお店で生洋菓子を買ってきてまして。
我が家はなぜか重なっちゃうんです。バイオリズムが。

食べた感想といたしましては、個人的には、長崎のカステラのほうが・・・好みだなぁ。
全体的に程よいしっとりフワフワで粗目の砂糖のジャリ感も楽しめる長崎のカステラ。
凹カステラも不味くはないものの、半熟ではない部分がカステラというよりはケーキのスポンジのような感じでした。
 
 
[2010/06/05 20:55] 未分類 | TB(0) | CM(0)

サッカー日本代表 日本×コートジボワール 

0-2 で敗戦。

ドログバの負傷退場、イングランド戦に続くオウンゴールと無得点、色々な意味でガッカリな試合でした。
本戦に向けてガッカリする予行演習だけは準備万端。

試合終了後の監督のインタビューも言ってることがうわごとみたいだし、選手の表情は覇気がないし。(負けを悔しがるような試合もできてない・・・!)
試合を重ねるごとに徐々に良くなるどころか、迷走はますます深みを増し、今回の試合に至ってはドログバだけでなく今野も負傷してしまい、得るものどころか本戦直前に大きくマイナスの試合となりました。
勝利に固執する韓国代表であれ、テストマッチ程度だったらもう少しわきまえた試合をするでしょう。
運も悪かったかもしれないけれど、このギクシャクさ加減に、とてもではないけれど日本代表が「チーム」になっていないことが明確にあらわれていました。

また、あんなに頑なにスタメンや選手を固定していた割に、ここにきてあれこれいじりはじめる岡田監督の姿は、浦和の監督だったころのゲルトに重なります。

友人たちと、どこの国が優勝するかをかけようという話が出たとき、半ばジョークで「ポルトガル!」って言ったのだけど(私、毎大会「ポルトガル」って言ってる気がする)、ドログバの負傷でポルトガルが有利になってしまった。

イギリス戦は結果はともかく比較的善戦だっただけに残念。

そしていよいよ本大会・・・・・・
 
 

[2010/06/04 23:47] サッカー | TB(0) | CM(0)

鳩山首相辞任 

タイトルのとおり

鳩山首相 辞任表明
鳩山首相 退陣表明

の話題でもちきりの1日でした。
個人的には、「今更?」とか「やっぱりね」的印象。
小沢さんも仲良く辞任ですか。

いい大人が、それも一応、日本最高峰のポジションをまかされた議員の中の議員が何をこんな茶番みたいなことをしてるんだろうね。こんなに責任感のない人々が日本という国家を動かしていたのよね。
殿はバカでもいいけれど、参謀(大臣)も類友だったのがさらなる悲劇を生みました。

議員に変化を求めるなんて他力本願じゃやっぱりダメなことをくだんの件で痛感したゆえ、この国を本気で変えたければ、国民一人一人が変わらないとね。
 
 

[2010/06/02 23:13] 未分類 | TB(0) | CM(0)

切れない糸 

切れない糸

切れない糸

著者:坂木 司
価格:924円(税込)
出版社:創元社(創元推理文庫)

オススメ度 ★★★★☆(3.8ぐらい。読後爽やか!)


下町の商店街の「アライクリーニング店」を舞台にしたミステリー。
殺人事件などではなく、ちょっとした日常の疑問や問題を解決していく、4話のオムニバス。
主人公は、就職難に直面している大学生の和也。
ある日突然受けた父親の訃報により、家業の「アライクリーニング店」を継ぐことになり・・・・・。
 
 続きを読む
[2010/06/01 23:13] 書籍 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。