FC2ブログ













2010W杯 アルゼンチン×韓国 

4-1で終わってみればアルゼンチンの圧勝。

いやはや、メッシの凄さをしみじみと実感した試合でした。
そこ、通します?的コースにスルリと通る縦パス。5人に囲まれてもパスが、シュートが。
韓国DFからしたら「どーすりゃいんだよ・・・」状態だったと思われます。
我が家も家族で観ていましたが「やっほ~い!」って感じ(どんな感じ?)でした。
もう、凄すぎて笑うしかないという状況。

韓国が前半終了間際という最高の時間帯にラッキーなチャンスも手伝って1点を返し、2-1で前半を折り返した地点ではまだわからないかもしれないと思ったのですが、さすがの韓国も3失点目では心にぽっかり穴が開いたように見えました。

アルゼンチンはテベスに続き、ハットトリックのイグアインをベンチに下げる余裕っぷり。

韓国は後半開始と同時に、運悪く前半1失点目のオウンゴールをいたしてしまった16番を交代しましたが、これはおしおきなのだろうか?カードももらってないのにちょっと厳しいなと思いました。確かに際どいセットプレーが続いたためヒヤヒヤヒヤヒヤさせられっぱなしだったかなぁとは思いますが。

でも、この韓国戦で、アルゼンチンからゴールを奪うにはキーパーの後ろが狙い目というところも見えました。飛び出したがるアグレッシブ型キーパーなので、うまくフェイントを入れてキーパーの後ろにフワッとみたいな。
でも、今日の韓国にはそんな余裕はなかったな。
韓国は、昨日のスイスみたいにもうちょっと組織的に守るかなと予想していたのですが残念でした。
後半12~3分あたりの絶好機をはずしたのも痛かった。これが決まっていたら同点弾ゆえ、かなり韓国的にはモチベーションが急上昇したのにね。

試合前後に選手一人一人と抱擁をかわすマラドーナ監督が印象的でした。
どう見てもマフィアのドン・・・・・でも、選手との関係は良好そう。(W杯前は色々言われてましたが。)

2勝のアルゼンチンはほぼグループリーグ突破が決まったと思うので、次の試合は力を抜いて、いい感じで決勝トーナメントに入れるのではないでしょうか。今年こそはくるか?アルゼンチン!
 
スポンサーサイト




[2010/06/17 23:24] サッカー | TB(0) | CM(2)