FC2ブログ













2010W杯 決勝T パラグアイ×日本 

地味な死闘を続けて、延長でも決着がつかず、ついに今大会初のPK戦に突入。

結果は 0-0 PK パラグアイ5-3日本

で、日本は決勝トーナメント敗退となりました。
1つも勝てる希望もないムードだったW杯直前からしたらここまで良く頑張ったと思います。
特に急遽起用されたGKの川島、アンカーの阿部、そして決定的シーンの造り手である松井、この3人は個人的にたくさんの感謝を。W杯前はベンチだったり、阿部にいたっては起用方法が安定しなかったりでしたが、本番の大舞台で自分が出来ることにひたむきに取り組んでくれたと思います。

しっかし、今日の試合はつまらなかったです(笑)
昨日のオランダ戦を見ていても「オランダはつまらなく勝つなー」なんて思っていたのですが、まさか今日の日本がそんな試合になろうとは。両チームの国民以外には果てしなくつまらない試合だったのではないでしょうか。
それでも、延長戦が終わった直後の、そしてPKが終わった直後の両チームの選手の姿に、この試合が両者にとっていかに辛い我慢比べであったかということがあらわれていました。
打てども打てども決まらないパラグアイ、そして守る時間が多い苦しい内容にもかかわらず、奇跡的守備でもう片足水につっこんじゃってるぐらいギリギリのところで守り諦めなかった日本、両チームの試合はよそ様から観てつまらないものであっても、素晴らしい一戦だったと思います。
キャプテンである長谷部の言うとおり、PKは運です。C.ロナウドだって外す時はスカっと外すんです。
なのでキッカーもキーパーも責められるべきではないのです。

浦和の試合でもPKで泣いた試合ほどよく覚えてるもので、今日のPK、順番が来れば闘莉王も蹴るんだよね・・・なんて無駄にドキドキしちゃいました。(闘莉王はよくPKを外してました・・・)

両チームの選手の皆様、本当にお疲れ様でした。

私は遠藤に相手選手の肘が入ったあたりから、あからさまではないけれど微妙なパラグアイ寄り臭い主審にモヤモヤしっぱなしでした。ぶっちゃけこれで得点できないパラグアイもどうかと思うけれど、それは日本が恐れずに果敢にいった証拠であり結果。それなだけに負けたくなかった。パラグアイにも主審にも。

次の相手がスペイン×ポルトガルの勝者ゆえ、こんなに拮抗して我慢した果ての敗戦は本当に悔しいですが、この悔しさをこれからの選手生活にぶつけてほしいなと思います。

そして、このW杯の思わぬ躍進の効果で、停滞気味のJリーグも盛り上がってくれるといいなーなんてサッカーファンとしてはちょっと期待してます。代表選手は各チームにそれぞれ戻ってゆきますが、Jリーグでも、時として、この先10年語り継がれるであろう試合もありますので、これを機会にスタジアムにサッカーを観に来てほしいな~と思います。

誰かが言っていたけれど、負けて泣かないチームは頂点を極めたたった1チーム。

日本のサッカーはまだまだこれから。
今回ベスト16に進んだのですから、4年後の目標はますはベスト8。
浦和にもそして他チームにも将来が楽しみな若手の逸材が日々成長してますから、4年後が楽しみです。
海外に出ていない長友くんも度胸あるプレーでマッチアップする厳しい大物プレーヤーとも対等に渡り合ってましたから、日本育ちでも十分通用するのです。

これからあれよあれよという間に決勝トーナメントが進み、決勝戦を向かえ、長かったようで短いW杯も終わりの時を迎えるのでしょうけれども、W杯が終わればすぐJリーグ再開です。
代表で成長された選手のみなさんをピッチで観ることを楽しみにしています。
また浦和に一喜一憂する日々が戻ってくるのね~。(それはそれで寝不足にはならないけどタイヘンなのよ。なはは。)
 
そういえば、大雨の影響で、所沢や富士見あたりで大規模停電していたらしいけど、みなさん、この試合を観られたのかしら???
 
スポンサーサイト




[2010/06/30 02:57] サッカー | TB(0) | CM(4)