スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J21節 FC東京×浦和レッズ 

DSC04519.jpg

苦しい試合でしたが 0-1 で久しぶりの勝利!

"We are Diamonds"が復活しました。
それにしても、味の素スタジアムは・・・・・・・・辛い(涙)
 
 
この試合の見所は、平川out→細貝in、高原out→ポンテin直後から相馬のゴールの十数分のみ。
本日は交代がバシっと効きまして、この十数分だけ別チームになりました。
相馬の放ったシュートは超スーパーゴールでしたが(啓太には悪いけれど、啓太が打たなくて良かったぁ~)、その前です。細貝から出た絶妙な前線の達也へのロングボールをポンテがキープしたことが結果的に相馬のゴールにつながりました。
ポンテは最高に巧い!ポンテのいない浦和は中身のないたいやき、うなぎのないひつまぶし。
ポンテが入るだけで面白いようにボールが回ります。
そして守備の要、細貝。そのファイト溢れるプレーは、観ている側の心を揺さぶります。
いつからあんな絶妙なロングボールを入れられるようになったんだろう。
サテライトがつい昨日のようなのに・・・・・。
今日の試合を見る限りでは平川より細貝のほうがずっといいです。
そしてポンテがトップ下の2トップはやっぱり達也と永井ね。

残念だったのは、試合終了後にスタジアムからなかなか出してもらえなかったこと。
小雨のぱらつく暑い中、あれは厳しかったです。
反対側のFC東京レーンはガラ空きなのに、何故か浦和サポーターを意味なく足止め。
こんなに入るのは浦和の試合だけといえど、こんな酷い扱いを毎度受けるのは味の素スタジアムだけなので、運営方法をもう少し工夫してもらいたいと願います。
(前回は調布の飛行場入り口から延々走らされて、やっぱり辛かった・・・)

しかしながら、勝利したとはいえども、ゴールシーンまでの十数分以外の残りの80分はピンチの連続。どっちかというと、FC東京の精度のなさに助けられた印象ですので、勝利におごらず、もうちょっと楽に試合を運ぶことができるよう、チームとしてまとまってほしいなぁというのが正直なところです。

でも、なにはともあれ、試合終了後にピッチに倒れこんでしまうほどの頑張りで選手がもぎとってくれた勝ち点3にゴール裏はしっかりこたえてました。
TV観戦だと、いつもみたいにイラっとくる試合だと思うのですが、現地ではそんなこんながありまして"We are Diamonds"が復活いたしました。

今日の収穫は3点
①ポンテの復帰
②細貝の可能性
③勝ち点3!

これにつきると思います。
今までは「次もこんな試合を見なきゃいけないのか・・・」モードでしたが、今回は、同じグダグダな中にも細貝やポンテに一筋の光明が見えました。
次節に向けての希望や期待が・・・こんなの今シーズン始まって以来だわよ~(T_T)←感涙

ちなみに、こんなに暑いのに細貝は今日も長袖でした。
我が家の父親いわく「彼なりの怪我防止策じゃないか?」だそうですが、真相はどうなんでしょうね。
理由はともかく、長袖だからどこにいるかすぐわかる。
真冬でも半袖っ子の達也の反対(達也は半袖じゃなくてもわかっちゃうけど)。

細貝萌選手、北京でさらに成長してきた様子で、今年3番のタオマフで応援しているものとしては嬉しくて感無量でございました。
明日でお盆休みも終わりで月曜からが憂鬱ですが、来週のジュビロ戦のために頑張ります(・ー・)q
 
DSC04513.jpg
試合前の味の素スタジアムの空。試合中ぱらついたものの、土砂降りでなくて良かったです。
大宮のNACK5スタジアムは大雨で浸水しちゃったとか・・・清水戦の時といい、今年の大宮ホームは集中豪雨に見舞われてますが、大丈夫だったかしら・・・・。
 
スポンサーサイト

[2008/08/16 23:34] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1002-fced0add


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。