スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「源氏物語」に登場する中で一番好きな女性は? 

タイトルがやたら長いのですが、今日、職場でこのタイトルどおりの話に花が咲いて面白かったので、覚書程度に残しておこうかなと。


DSC04560.jpg

そもそも、なぜこんな話題になったかというと、週末に新宿高島屋に妹と、和紙彫塑家の内海清美先生の作品展を観に行ったからなのです。
職場の方からご招待券をいただいていて、母親とお友達が行く予定だったのですが、急遽行くことができなくなってしまい、妹を誘って行ったのですが、素晴らしい作品の数々に妹ともども見入ってしまいました。
(興味のある方は多摩に「内海清美 源氏物語館」がありますので、足を運んでみてください)

で、職場でこの話をしていたら、

「『源氏物語』に登場する中で一番好きな女性は誰?」

という話題になり、

私のお隣さんは「怖いけれどやっぱり六条!あの情熱!」そして、もう一方のお隣さんは「空蝉。幻想的で好き。」
で、私はといえば「玉鬘」。華やかな人生が目の前にありながらも、半ば奪われる形で髭黒と結婚することになり、まったく自分の意思とは関係なく翻弄される人生を迎えるも、そこでしなやかに自分の幸せを築いてゆく大人な女性。

六条が好きな彼女はクールで「あの情熱には憧れる」
空蝉が好きな彼女は超現実的で「あのミステリアスなところがステキ」
玉鬘が好きな私は「運命を受け入れる大人だけに訪れるおだやかな幸せ・・私はあんなに大人になれない!」

結局、み~んなないものねだりというオチなのでした(笑)
 
スポンサーサイト

[2008/09/08 21:28] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1012-279750a6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。