スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ACL準決勝 ガンバ大阪×浦和レッズ 

DSC04590.jpg

仕事を早退し、大阪へ行ってまいりました。
バタバタしてしまってドキドキする余裕なんてない・・・と思ったんですけどね、前日はよく眠れませんでした。(意外とデリケート?)

衝撃的な永井の不帯同など、試合前から不安要素炸裂の浦和でしたが、

1-1 でしのぎました。

あらゆる意味で満身創痍の中、ピッチの選手はよく頑張ったというのが素直な印象です。
ただ、1-1の代償は大きいものとなってしまいました。
 
 
主審の笛はホームアドバンテージ最大限のジャッジで、しかも露骨で安定していない笛という印象でした。今日の試合を観ていて、ガンバの攻撃より浦和の後半失速より、何より怖かったのは主審の笛。
しかしながら、選手はキレずによくやったと思います。

「絶対に負けたくない」気持ちの強い選手が3人、累積のカードによりホーム戦出場停止となってしまいました。本当によくゴールを決めてくれた細貝、何度も左サイドからチャレンジしてくれた相馬、そしてチームを鼓舞してくれる都築、この3人が時節出場停止かと思うと本当に痛いです。

特にボランチ。ここが試合の要になるだけに、ここはなんとしても、ホーム浦和では阿部をボランチに復活させねばならぬと思った方も多いのではないでしょうか。

私はフォーメーションを考えるのがあまり好きではないのですが、ボランチに山田と阿部、サイドには左に平川、右は思い切って若手の起用はどうだろうと思います。(達也の調子が良ければ、右平川のままで左達也がいいのでしょうけれど、大阪で観た限りでは達也にはもうちょっと時間が必要かと思いましたので。)
マッチアップはおそらく安田あたりになるかと予想しますが、ボランチでも守備的な山田さんを右に据えれば、山田さんが若手をカバーしてくれるはず(と信じたい)。

そして左は左で実は右より頭が痛いところ。
今日の試合の後半でも明らかでしたが、佐々木を通した攻撃の脅威に常にさらされてしまいました。
(結局、同点弾のPKもそこが発端だったわけですが。)
佐々木投入後のガンバの右サイドはみるみる活性化。ワンタッチで繋がれてあれよあれよという間にペナルティエリアに運ばれちゃう。
ただ、対応が後手になるから簡単に運ばれるわけで、ハーフあたりで芽を摘めば、そんなに脅威にはならないと思うんですよね。そうなるとボランチ阿部の起用が絶対条件になるんです。
坪井の怪我がどれぐらいなのかわかりませんが、浦和には堤というDFのホープもいます。
これだけ厳しい浦和のDFの中で育っているのですもの。彼だって細貝のようにきっとやってくれるはず。
問題は闘莉王です。代表戦で万が一闘莉王が怪我をしてしまったら、ふりだしに戻るどころの騒ぎじゃありません。

ボランチは鈴木啓太というオプションもありますが、Jリーグの千葉戦→ACLの大阪戦を観る限り、啓太も達也と同じで時間が必要だと思います。
あと気になったのは消え気味だった高原・・・エジミウソンは別人か?ぐらい頑張っていただけに余計に消え加減が目に付くというか。本調子ではないのでしょうか。高原の調子によってはFWこそ永井もセルヒオもいるのですから、そういった選択も視野に入れてもらえないだろうかと思います。

どうしてもアウェー&ホーム戦なので、次のホーム戦に頭がいってしまうのですが、今日の試合の前半の浦和の攻撃は素晴らしかったです。
なんといっても細貝のゴール!
いてほしいところにいてくれて、決めて欲しい時間に決めて欲しいところに決めてくれた細貝のゴールに、万博の浦和サポのボルテージも急上昇でした。厳しいボールを厳しいコースによくぞ決めてくれました。
力で観ていた友人によると、力も大爆発だったとか(笑)

貴重なアウェーゴール云々は抜きにして、私個人とてしは、様々な思いを抱えて平日の大阪まで足を運んだ浦和サポーターの前で、細貝が決めたあのゴールを目の前で実際に観ることができたことが最大の喜びでした。空に3重の虹がかかったのを目撃したときと同じく、「今、この時、ここにいて良かった!」と心がふるえましたよ。

試合終了後、あっさり引き上げてしまうホームのガンバサポーターに対し、ほとんどが残って「We are REDS!!」コールをこだまさせていた浦和サポーターの姿も印象的でした。あのコールは絶対に選手に届いているはず。あのコール、どちらがホームなのか本当にわからなかったです。

「やっぱり、浦和サポーターって最高だー!」と思いながら、スタジアムから万博記念公園駅まで歩いた今日の夜のことはきっと忘れないでしょう。

22日は本物のホームってやつを見せてやる!と思いつつ、翌朝、早朝に大阪を出発、職場の出勤時間にギリギリセーフ。

10月22日のホーム戦はキックオフに間に合うよう、職場にお願いして早退することにしました。
(12月はほとんどの土曜日に出勤。)

浦和ファン・サポーターのみなさん、スコアこそ1-1に終わりましたが、選手たちは大阪で頑張っていました。やっぱり選手の背中を押すのはサポーターの声以外にありません。
10/22は水曜日ですが、ホーム埼玉スタジアムで選手の背中を一緒に押しませんか?
 
スポンサーサイト

[2008/10/08 23:16] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1024-f3ae5005


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。