FC2ブログ













ACL準決勝 浦和レッズ×ガンバ大阪 

200810221926000.jpg


ホームに約5万人。平日にもかかわらず浦和のサポーターは素晴らしい。

ところが試合は 1-3 で完敗。

今期の浦和が象徴されたような試合内容でした。
 

 
帰宅して母にひと言

「いいとこなしの試合だったわね。」

と言われてガックリ。


前半20~35分ぐらいまではそこそこだったのですが、いつもの後半大失速。
いつものように敵将に早々にしかけられて、それに対応できずに後手後手。
それをうまく利用されたこともあって、あれよあれよという間にアウェーゴールを3点も許してしまいました。やぶれかぶれて後のない浦和は、なんと左右のMFを下げてFW投入。
FW4枚という一歩間違えば狂気の沙汰とも思える采配は、やっぱりいつものようにフィットすることがないまま、後半20分以降はサッカーにすらなってない浦和なのでした。
負けるにしても負け方ってもんがあります。

もうね、なんていうか、涙も出てきませんでした。
確かにガックリと凹みましたが、競って競って負けたわけじゃないから悔しいまでもたどりつかず、ひたすら「情けない」の一言につきました。
少なくともゴール裏は90分試合を投げなかった。
なのに、ピッチの上の人たちがあきらめてどうするの?

今日の完敗をこれからの糧にできるかどうかすら不安でしょうがありません。
糧にしてもらわねば困ってしまうのですが・・・。

ただ、帰宅して見た監督の試合後のコメントのめでたさには泣けてきました。
こんな完敗試合で「(試合全体で)平均的に見てもいい試合はできたと思う。」とは、誰か監督によく見えるメガネを支給しなくてはいけません。

今日は浦和が生まれ変わる日。多くのサポさんはそう思ったのではないでしょうか?
今日を境に、どうかチーム内に水が流れますように。
そして水の運び手となる選手たちがピッチを躍動するようなチームになりますように。

リーグもあと約1ヶ月半。最後まで投げずに見届けますゆえ、選手の皆様も今日の試合のようにあきらめることのなきよう、頑張ってください。

思うところは他にもたくさんあるのですが、どっと疲れたし、考えもまとまらないので、気がむいた時に書こうと思います。
 
スポンサーサイト

[2008/10/22 23:55] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1082-51193af8