スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J31節 コンサドーレ札幌×浦和レッズ 

現地まで応援に行った皆様、寒い中お疲れ様でした。
あいかわらず内容も監督采配も寒い試合でしたが、かろうじて結果が寒くなかたことだけが救いでした。

結果は 1-2 の逆転勝ち。

達也とセルヒオをスタメンに入れたことが功を奏しました。
しかしながら、勝ち点3を取ったものの、サポーターに笑顔なし。

それにしても、細貝を欠くとはいえ、フォーメーションを変え、またも闘莉王をボランチにするという「思考回路がそれしかないんかい!」な状況に驚き。次節は絶対にやめていただきたいものです。そんな茶番の奇襲は連続では通用しないことは、初夏に経験済みですよね?
 
 
今日も今日とて見ていてイライラ。
札幌のダヴィにカウンターからあっさり先制されてしまうわけですが、闘莉王ボランチ効果がこういった悪い形でいきなり出ることとなりました。(ありえないぐらい戻りが遅いのだもの。)
心底、闘莉王をCBに戻して阿部をボランチのポジションに入れてくれと思いました。

確かに闘莉王は気持ちの強い選手ですが、だったら使うならFWかDFかどちらかにしてほしいと、ここにも何回も書き続けた1年でしたが、よもや、31節にもなってふたたび書こうとは・・・(涙)
もう、本当に期待できない、今の監督には。

気持ちを入れてプレーしていると言う割には、根本的問題が何も解決されていないのも気になるところ。
ボールを奪取してドリブルで上がっても、周りがあがってなくて残念→くたっと横パスなんぞしているうちに逆に奪取されてピンチという、悪癖が後半になるにつれて酷くなる浦和。
もう、最近では「やっぱり、いつものパターンか・・・」とがっくりしてしまう私がいます。
通用する相手としない相手がいるのに、この状態で今日みたいに勝利してしまうと、逆に勘違いしてしまいそうでなんだか素直に喜べず。今年はずっとこんな調子の葛藤が続いた1年でもありました。

しかしながら、先制されてもめげなかったのは良かったと思います。(失点直後に足が止まってしまったのはよろしくなかったですが。)
同点弾は達也のゴールでした。ゴール前でセルヒオが粘ったボールをロビーがシュート、それがポストに当たって跳ね返ったところに達也が詰めていました。
非常に印象的なシーンでした。これが達也でなくて高原だとエジミウソンと似たような位置にいるため、今年はこういうこぼれ玉に反応したシュートが凄く少なかったように思います。
達也だからあそこにいたんです。
2点目の逆転弾はエジミウソン。前半の決定的ドフリーを打ち上げた時はどうしてくれようと思いましたが、キーパーが前に出たところをうまく浮かせたループ玉はそのままゴールへ。
札幌のDFとキーパーの連携ミスといった感じに見えました。

あと、途中から出た永井のコーナーキックが良かったです。
今の地点だと、コーナーキックはロビーより永井のほうがいいと思います。
ゴールにこそつながりませんでしたが、可能性のあるチャンスを演出するすばらしいボールだったと思います。

23日の埼玉スタジアムでの清水戦はどうなることやら。
達也がいなくなってしまうと、また元のサッカーに戻ってしまうと思うと、達也には絶対に代表戦から怪我をすることなく帰ってきて欲しいと祈るばかりです。
 
スポンサーサイト

[2008/11/08 20:43] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1094-92a053c8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。