スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J13節 大宮アルディージャ×浦和レッズ 

DSC05769.jpg

大宮ホームのさいたまダービー

1-1 の引き分けで終わりました。

敗因勝てなかったことの1つは浦和のゴール裏のパフォーマンスだったと思います。
鹿島と同レベルのその行為、同じ浦和を応援する一人として恥ずかしいやら情けないやら。
 
 
 
埼玉スタジアムで開催されるとはいえ、今日は大宮ホームの試合だということを浦和サポーターはもっと自覚することが必要だと思えました。
個人的には大宮が埼玉スタジアムでホーム戦を開催するのは英断だったと思います。
どうあっても埼玉スタジアム開催では大宮にサポーターの頭数は浦和サポーターの頭数には及ばないでしょうから。
その英断のおかげでNACK5スタジアム開催だったらあぶれてしまうであろう多くの浦和サポーターが試合を観る恩恵にあずかることができるのに、浦和サポーターの愚行は目に余るものがありました。

浦和サポーターの入場門である北門前では、なかなか入場できないイライラをシミスポスタッフさんに向け、傘でつついてみたり、罵声を浴びせてみたり。
確かに大宮の大会運営は毎度成長がなくどうしようもないものですが、その大宮の運営以上に酷い一部の浦和サポーターの行いは悲しかったです。
そしてとどめは、対戦相手チームのマスコットを貶めるゴール裏のパフォーマンス。
大宮側にも浦和抽象のゲーフラがあったようですが、なんと品のないダービー。
浦和仲間さんがその浦和ゴール裏のパフォーマンスを「鹿島よりはマシ」みたいに言っていたのも大ショックでした。あらかたの浦和サポさんはこんな感じなのだろうか。
内容の大小にかかわらず、やってはならないことに嫌悪を感じるサポさんが一人でも多くいて欲しいと願わずにはいられませんでした。


さて、試合ですが、大宮は浦和を研究してると思える試合でした。
ここ最近の浦和は、川崎や大阪などの一発カウンター狙いのチームに微妙な結果を残してきたわけですが、今日の大宮はその一発カウンター狙いに焦点を絞って試合をしていたように思えました。
大宮のほうがやりたいことやすべきことがハッキリしてた感じ。
浦和はそういうチームを相手にするとどうも攻守の切り替えが遅くなる傾向にあって(中盤でのパスカットを恐れて堅実にいこうとすることによりプレーがもたついてしまうのでしょうけれども)、浦和が「さて、ここから攻めだぞ~」という時には、大宮がもう守備の陣形を整えてるシーンが多かったです。

浦和相手にモチベーションの高い大宮が試合開始直後からなんとなく流れを引き寄せて、早い時間にパクに先制弾を決められてしまうのですが、その前にも浦和にシュートがないわけではなかったのです。ただ、決めるべきところを決められない・・・・・これにつきました。

本日は、累積により山田直輝が出場停止のため、高原・セルヒオがスタメンに。
が、やはり今の浦和から山田直輝とポンテが両方とも欠けてしまうとゲームメーカー不在となり、浦和にとってはキツイ試合となったように思います。(ボランチのうちのどちらかがG大阪の遠藤のようにその役目を担えるとよいのですが。)それどころか闘莉王が交代(調子悪いなら最初から出場しないほうがいいのでは?大宮みたいにモチベーションが高い相手に対する試合では交代枠がもったいないです)。阿部がCBに入ることを余儀なくされ、左の細貝が阿部の位置へ入りボランチ、そして細貝がいた左に闘莉王と交代で入ったアレックス。
ところがこれが思いがけず功を奏しました。
細貝がボランチに&アレックスが左に入ることによって風向きが浦和に。
上がったり下がったりしていた細貝のところにこぼれたボールを細貝が決めて試合は振りだしへ。

闘莉王が下がったことにより大宮のマトに空中で競り負けるなぁ・・・という不安がありましたが、それが致命傷になることはありませんでした。むしろ、坪井の絶妙なボール奪取直後の致命的パスミスがヒヤヒヤ。

細貝のボランチはとても輝いていて普段左では勿体無いとも思いましたが、左から学ぶことは大きいと思うので、頑張って左もこなしてほしいと思います。それにしても、普段左でありながら今日のボランチでのパフォーマンス、普段の試合で「自分がボランチだったらこうプレーする」ということを常にイメージしているな、と感じられて面白かったです。

その後、そこをはずすか!というシュートをセルヒオがはずしてスタジアムからため息が出て前半終了。

後半はまさに「ダービー」という感じの死闘になりましたが、お互いにシュートがゴールに嫌われてドローで試合終了となりました。
途中から出場した高橋峻希がなかなかいい動きだったのですが、イエローをもらった後に消極的になった感があったのが残念。
林は本日がリーグデビュー。デビューおめでとうございます!これからも実戦で経験値を積んでいって欲しいと思います。

悔しいですが、今日の引き分けもG大阪戦と一緒でこういう試合だったのかなと思います。
今日の試合のような状況での打開策を見出すことこそ重要。次の試合に期待です。

しばらくJリーグはおやすみで、ナビスコ予選が続きますが、若手には、日本代表招集組不在の間にポジションを奪うぐらいの勢いで是非とも頑張って欲しいなーと思います。
 
 
スポンサーサイト

[2009/05/24 22:10] 浦和レッズ | TB(0) | CM(2)

毎度の野球ネタで申し訳ないんだけど(笑)
いまだに「○○た~お~せ~」という応援をするチームがいくつかあって、あれ、本当にイヤなんですよねー。
「"応援団"じゃないじゃん」っていつも思うの。
愛する気持ちが高じて・・・だと思いたいけど、やっぱり相手を中傷するのはよくない行為ですよね。

この試合、わたしが見たスポーツニュースでは、
「闘莉王が下がったのが致命的だった」って言ってました(笑)
[2009/05/25 17:01] よっしぃ [ 編集 ]

そうなんです!やっぱり自分のチームの力になる応援をしたいですよね。

大宮のマスコットが今回のように中傷されたら、私が大宮の選手だったら何が何でもどうにかこうにかしてやると思いますもん。逆に試合へのモチベーションが上がります。
それじゃ応援どころか、身内が身内の足を引っ張ってるようなもんですよね(涙)

闘莉王もああいう選手ですから、なにせ怪我がたえなくて(汗)
でも、今の監督さんなら、闘莉王不在でも成り立つチームを作ってくれるはずと信じています。
でも、闘莉王がいないと、ほんと、高さで競り負けてしまうんですよねぇ・・・。
 
[2009/05/28 01:40] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1228-5f3acab4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。