スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サッカー日本代表 日本×ベルギー 

4-0 で快勝。

オフシーズンならともかく、W杯予選直前というこのタイミングで、やる気のないベルギーと試合する意味があるのかよくわからない。
 
 
 
この4-0が本物かどうかが6/6のW杯予選本番で試されるわけです。
ウズベキスタン相手にもこういった試合をしてほしいと思います。

4点は長友の先制に始まり、どれも素晴らしいゴールだったと思います。
やっぱり左は駒野より長友かなぁという感じでした。
右の内田の頑張りはチリ戦の今野のできばえをめちゃくちゃ意識しているなぁと思えました。
こういう切磋琢磨が日本代表には必要。

2試合連続でゴールを決めた岡崎は本当に乗っています。
どのFWよりも前を向いていました。
今回活躍した選手に共通することは常に前を向きゴールに対する意識が高いということだったと思います。遠藤と阿部(もしくは長谷部)がボランチ位置でストッパーとしてある程度おさえられれば、前線は若手でもいいのではないかなと個人的には思います。
岡崎は相手チームに研究もそれほどされていないでしょうし。

あと、個人的には矢野貴章が良かったと思います。
出場時間は短いですが、チリ戦での山田直輝アシスト→本田のゴールは矢野貴章のボールカットからでしたが、フィジカルの強さは闘莉王にも劣らないと感じました。
代表で90分間出場していることがないので、そこらへんがなんとも言えませんが。

というわけで、今回は約束された招集組以外の選手の活躍が目覚しかったので、岡田監督がはたしてウズベキスタン戦でどういった采配をするのか楽しみです。
 
 
スポンサーサイト

[2009/05/31 23:00] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1236-1175c623


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。