スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

図書館の神様 

図書館の神様

図書館の神様

著者:瀬尾まいこ
価格:1,260円(税込)
出版社:マガジンハウス

片田舎の高校に国語講師として赴任し文芸部顧問となった主人公の清(きよ)と、たった一人の文芸部員垣内くんが海の見える図書室で細々と活動する様を淡々と描いたお話。
 
 
 
あっさりと読めてしまうのですが、清(きよ)も垣内くんもそれぞれの胸に思うところを抱えていて、なんだか考えさせられてしまいます。
基本的に瀬尾さんの作品はその登場人物のほとんどがいい意味でも悪い意味でもいい人。
だから物語が淡々と進むのかなぁと思います。

私はこのお話、なかなか面白いと思いました。
清と唯一の文芸部員の垣内くんのやりとりは淡々としている中でもコミカルで、なおかつハッとさせられる言葉があり、主人公の弟である優しい拓実の存在も絶妙。
清はとある過去をずっと背負ったまま半ば目的を失い講師となり、しかも希望とはかけ離れた「文芸部顧問」となってしまうのですが、これが清にとって何かが見えててくるきかっけになっていく行程が地味なのだけれども心地よいのです。

生徒の垣内くんも弟の拓実も本当に良き存在。
一般的な小説だと、こういういい男は主人公の恋人位置になりそうなもんですが、そうじゃないところがこの話のいいところ。
ちなみに主人公の恋人(不倫相手)は私は嫌い。不倫であろうがなかろうが、色恋はフィフティーでお互い様なのでしょうけれども、それを差し引いてもこの浅見という男は好きになれない。本の中では「いい男」として描かれていたけれど、この清の恋人の浅見が出てくるシーンはイラっとしながらページを捲っていました。で、次のシーンに出てくる垣内くんや拓実に癒される・・・の繰り返し(笑)
これって、もしかして、作者の思う壺にまんまとハマっていたのだろうか。
残りページあと20ページぐらいの頃にやっと「浅見さん」という文字が出てこなくなるかと思って「やったー!」と喜んでいたら、最後の最後で葉書でイライラ。「連絡がないことを祈ってます」・・・・・そりゃこっちのセリフであり、出来れば葉書でさえ見たくなかった・・・とこの本を読んでいた電車の中であやうくつぶやきそうになってしまいました。(この本を読んでない人にはサッパリわからない感想だ。)

そして、このお話の中に出てくる、山本周五郎の「さぶ」、夏目漱石の「夢十夜」を読みたくなりました。


―― 黙るべき時を知る人は 同時に言うべき時を知っている ――

文中に出てくる言葉ですが、単純に「そうかー・・・」と感じさせられます。
このお話、映画化されそうな感じはするかも。
 
 
スポンサーサイト

[2009/07/06 22:40] 書籍 | TB(1) | CM(4)

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
[2009/09/07 17:07] 藍色 [ 編集 ]

ありがとうございます

 
はじめまして。
こちらもトラックバックいたしました。
読んでる本がけっこう重なっていてうれしかったです♪
 
[2009/09/08 23:54] mino_rin [ 編集 ]

サイトが込み合っていたせいか、トラックバックが未到着でした。
お手数ですが再トラックバックしてくださいますか?
管理ページのホーム、
トラックバックの管理から「送信元」で相手記事が出ます。
「返信」を押して、出てきた記事に
相手のトラックバックURLが書き込まれています。
「記事を保存」を押せば送れます。
ブラウザの「更新」を押して、
日時と「管理人の承認後に表示されます」が
表示されれば大丈夫です。
お待ちしていますね。
[2009/09/09 00:47] 藍色 [ 編集 ]

ご丁寧にありがとうございます

 
トラックバックを再送信してみましたが、今度は届きましたでしょうか?

おそらく大丈夫かと思うのですが、無事、届いていることを祈りつつ・・・。
 
[2009/09/09 01:29] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1259-ae3a67aa


図書館の神様 瀬尾まいこ

思い描いていた夢をあきらめて赴任した高校で、私は文芸部の顧問になった。 清く正しくまっすぐな青春を送ってきた私には、思いがけないこと...
[2009/09/07 16:44] URL 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。