スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

踊るサテュロス 

satyr.jpg本日は天気もよかったので、月曜日ではありますが半日休暇で「踊るサテュロス展」に行くべく上野の国立博物館におでかけしました。

東京国立博物館の表慶館を入った奥に、奥を向いて踊るサテュロス像ただ一体が照明に浮かび上がるシーンはもうそれごと芸術で、主催者のサテュロスの展示に注いだ情熱がひしひしと伝わってきます。

つまり入った時はサテュロスの後ろ姿が目に入るわけですが、この彼の後姿がもぅ最高なのですよ。最高にセクシーなのです。特に臀部と足首。完璧なまでの完成度を感じさせるほどの「エロスなお尻」に目は釘付け。そして臀部からつつつーっとたどったところにあるうなじが「エロスなお尻」とは対極に非常になめらかでふわりとしているのです。

そして魂をすいとられたようにポワ~ンと正面に向かうとその胸板の流れるような曲線美。そしてなんとも表現しようのない角度に傾く顔。正面から見るとまるで仏像を思わせるようなその面立ち(いい意味で表情のない顔ゆえ仏像を思わせるのかもかもしれません。俗世の悦楽や苦悩とは全く次元の違う顔なのです。)は見る角度によっては微笑んでいるようにも見え、すっかりサテュロスの虜になってしまう私なのでした。

ちなみに耳は人間の耳とは違う形をしています。
髪の毛も風にそよぐ木々のような躍動感があり、成熟した肉体に人間の生々しさを感じさせない顔があり、何とも言えない存在感なのです。

胸から上の実寸の模型も展示されていて、模型は自由に触ることが出来るのですが、あの流れるような曲線美の胸板の厚いこと!素直に「抱きしめられたい」と思いました。どうしたら彼を生み出すことが出来るのか何度も何度も触ってしまいました。

引き上げた漁船の漁師さんが「思わず彼にキスをしたよ~」なんて語っていましたが、漁師さんの気持ちがよくわかります。
引き上げられた時は2000年もの間に付着した海中の堆積物などが付着していて、それを取り除くための作業は困難を極めたそうで、ダイヤモンドのメスや化学試薬の試行錯誤が繰り返されて現在の姿に到るそうなのですが、現代の技術は素晴らしい。

そんな「踊るサテュロス」ですが、国立博物館での展示は3月13日(日)までで、その後は3月25日~9月25日の間、愛・地球博(愛知万博)のイタリア・パビリオンで公開されますので、博覧会に行かれる方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

今日は混雑していなかったので、静かにゆっくり観ることができました。やはり展覧会は平日に限るなぁ。
スポンサーサイト

[2005/02/28 19:08] 好き | TB(1) | CM(8)

そうですね。展覧会は平日に限ります!
人体の不思議展も大阪で見たときは平日だったのでゆっくり見れましたけど、東京で見た時は土曜だったからすごい人…

ゆっくり見られたとはよかったですね!(^^)v
[2005/02/28 21:36] ふぃるめん [ 編集 ]

ふぃるめん さん>>

同時開催されていた「唐招提寺展」は人だかりだったのですけど「サテュロス展」のほうはサッパリでした。世界不思議発見は視聴率イマイチなのかな?(私はほとんど毎週見てるのですが)なにはともあれじっくり鑑賞できてよかったです。

久しぶりに像に感動をしました。仏像も大好きですが(特に天平文化色の仏像が好き)、今回はすっかりやられてしまいましたよ。悩殺されました。完敗です。きっとこの像が自分の部屋にあったら1日中何もせず眺めてますよ。あぁ、やばいやばい・・・(・ー・;;
[2005/02/28 22:54] mino_rin [ 編集 ]

上野

俺も上野のあのエリアには良く行きます。
中国国宝展とマティス展やら行きました。

長い時を越えて海から引き上げられた
なんてロマンチックだし、mino_rin さん
も文章からサテュロスに相当ほれ込んだな
と思いましたよ!!
[2005/03/01 18:59] りあるれっど [ 編集 ]

りあるれっどさん>>

もう、久しぶりの衝撃的一目惚れです(笑)
「すごい」とか「きれい」とかの言葉はおろか「はぁぁぁ」という驚嘆のため息さえ出ず、息をするのも忘れてしまう勢いです。

久しぶりに上野公園を散策したら、以前よりだいぶ鳩が減っていて驚きました。これから本格的お花見シーズンの到来ですね!私は国立科学博物館が好きでよく行くのですが、晴れている日の上野公園の散策はいいですよねぇ。もう少し暖かくなったらカメラを持って旧岩崎邸庭園に行きたいな~と思ってます。
[2005/03/01 21:14] mino_rin [ 編集 ]

サテュロス観に行ったんですね。いいなぁ。漁師がキスしちゃうくらいすばらしかったってエピソード、ふしぎ発見で見ましたが、ほんとにそうしたくなるくらいきれいだったんでしょうねぇ。いいなーいいなー。オレはとてもじゃないけど観にいけないや。つくづくお金のないのには悩まされる。
[2005/03/03 11:54] kowazu [ 編集 ]

kowazuさん>>

私に感化された同僚が本日半日休暇で観に行きました(笑)
意外と人が少なかったのですが、個人的にはツタンカーメンの黄金のマスク以上に恍惚となったかもしれません。
愛知万博のイタリアパビリオンでも展示されますので、青春18切符でいかがですか?我が家では私と妹が青春18切符プランをたてています(笑)
[2005/03/03 21:13] mino_rin [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして。
サテュロス展の記事を探してこちらにたどり着きました。

くだらないことばかり思い付いて、耳の形が違うことに気付かず・・・

TBさせていただいたので、よろしかったらご覧ください。
[2005/03/08 21:33] DADA. [ 編集 ]

DADAさん>>

コメントをありがとうございます。サテュロスは私も観に行ってから少し調べて、壁画のサテュロス、石像のサテュロスといろいろな画像を見ましたが、間違いなくシチリアの海から生まれた彼が一番美しいです!私が宣伝担当だったら絶対お尻からうなじにかけての写真にするんですけどねー。そこだけは譲れません。間違いなく一番のセクシーポイントですもの!
[2005/03/09 00:26] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/126-d8a93eb9


特別展 踊るサテュロス(2/26)

東京国立博物館表慶館にて。(2/19~3/13)http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=1393いやぁ、いいモン観させてもらった、という満足感でいっぱ…
[2005/03/08 21:30] URL ex-chamber
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。