スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナビスコ準々決勝第1戦 浦和レッズ×清水エスパルス 

NEC_0027.jpg

定時ダッシュで浦和美園駅に着いたのがちょうどキックオフの時間。
なので、埼玉スタジアムへ向かう道は人がいやしない。
朝、慌てて家を出たため、ユニフォームとタオルマフラーだけは持ったもののカメラを忘れてしまい、携帯カメラでパシャっと写しました。

埼玉スタジアムはガラガラで、観客は20,000強。
でも、こういう時に限って面白い試合になるから不思議。

結果は 2-1 で勝利。
(アウェイゴールを取られましたが、浦和はコレぐらいのほうが第2戦が引き締まる・・・と思う。)

途中、追いつかれたものの、最低限の「ホーム勝利」を手にしました。
選手の皆様、暑い中お疲れ様でした。
そして、清水サポーターの皆様、遠路はるばるお疲れ様でした。
 
 

前記のとおり、私はキックオフ時間に浦和美園駅に着いたので、ピッチを見たのは前半20分ぐらいなのですが、先にスタジアムに来ていた友人によると、今日の立ち上がりはいい立ち上がりで、攻めまくっていたそうです。

啓太が練習でアクシデントがあったらしく、なんとボランチは細貝と濱田。
いやぁ、これには「今日どうなるんだろ・・・」と思った方が少なからずいたのでは??
(個人的には「よし、山田(暢久)さん頑張れ!」と思いました。)
その他は、2トップに好調な高原とエジミウソン、そして左には原口、右にはセルヒオ、左SBには高橋峻希(このごろ左サイドのファーストチョイス率高いです)、右SBはベテランの山田(暢久)、そしてCBは闘莉王と阿部、GKはこれまた好調な山岸。
ロビー(ポンテ)がベンチなのはあえてそうしたのか、他の理由があったのか・・・。

一方、清水は藤本とヨンセンをこれまたベンチに。


私がスタジアムに到着してほどなく、原口がペナルティエリアで倒されてPKに。
なんと、キッカーは闘莉王。(そりゃ、広島戦で確かにエジは失敗しましたよ。でも闘莉王??)
これを決めて1-0。

このまま前半をリードして折り返すものの、後半開始すぐに浦和ゴール前でポンポンと空中に浮きあがるボールをうまく決められて1-1の同点に。この失点は誰も責められない、むしろ決めた清水の枝村を褒めるべきゴールだったように思います。(でも、浦和のハーフタイム後の集中力の低下は課題かも。細貝もコメントしてましたので、わかってはいるのだろうけれど。)

「まだ、時間はたっぷりあるぞー!同点弾はしょうがないから取り返せー!」と応援していたら、清水ゴール前でこぼれた(というより、ゴールに嫌われきわどくバウンドした?)ボールをエジミウソンが押し込んで2-1と再びリード。

このゴールで、清水がいよいよ藤本とヨンセンの2枚換えで真打登場。このヨンさまがもう恐ろしいったらありゃしない。背が高いのにすっと消えて、次の瞬間にはゴールに向かっていて、何度冷や汗をかいたことか。上から見てても消えるんですからね、ピッチの上の選手からしても嫌なプレーヤーだと思います。
ワシントンじゃないけど、背があるのに、足元が巧くて驚き。ボールタッチの柔らかさは芸術的領域。(浦和のロビーも負けてないけど。)

そして、そのヨンさまに右サイドを攻められるも、浦和もびっちり守りに入らず、危機的シーンは何度もありつつ、それと同じぐらい惜しいシーンもありで2-1で試合終了。坪井がいなくて厳しい試合になるかなと思ったのですが無事に勝利しました。

それにしても、ルーキーの濱田→ベテラン堀之内の交代で、とたんに守備が手抜き加減な山田(暢久)さんって・・・わかりやすすぎる。

各選手のコメントを見る限りでも、チーム状況がうまくいってそうで、週末の大分戦もいい試合になってくれるといいなーと期待しています。

脳震盪気味だった阿部勇樹は大丈夫だったのかな。大分戦には体調万全で臨んでほしいです。

浦和の選手のみなさん、大分でもいいゲームを見せてください。
大分行きの荷物に24のユニフォームと3のタオルマフラーを入れましたので、原口元気と細貝萌(はじめ)には特に期待!!

NEC_0032.jpg

 
 
スポンサーサイト

[2009/07/15 23:56] 浦和レッズ | TB(0) | CM(2)

体張ってるのはわかるけど闘莉王怪我多いですよね
怪我をおして出場→怪我悪化の繰り返しのような
だとしても九石のピッチは酷かった・・・
[2009/07/23 09:53] にわかレッズサポ [ 編集 ]

コメントありがとうございます

 
にわかレッズサポさん、本当に闘莉王はこまかく怪我が多いですよね。この際、しっかり治してほしいと思っているのは私だけじゃないはず。来年はワールドカップもありますしね。

今年のレッズは、幸いにして、山田暢久のCB起用が思いがけない効果を発揮することが多いので、この機会が闘莉王に頼らないチームのきっかけになってくれたら、チームバランスがいい具合になるのではないかなと思う部分もあります。

おっしゃるとおり、九州石油ドームの芝は酷かったですね。もはや芝以前に土も?と思ってしまうぐらい。
大分の選手が本当に気の毒でしたし、逆に浦和の選手は環境に恵まれていますよね。
ほんと、九州石油ドームの芝、どうにかする手立てはないのでしょうかね・・・。
 
 
[2009/07/25 14:53] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1270-18f62731


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。