スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

甲斐の国、山梨へ 

DSC05993.jpg

甲府の武田神社です。

青春18切符でぶらりと日帰り山梨の旅に行ってきました。
鈍行に揺られて片道3時間30分ぐらい。
いいお天気でした!思い切り日焼けした!
 
 
DSC05992.jpg DSC06005.jpg

手水鉢(鉢にしては大きいけど)の形まで武田家の家紋「四つ割菱」なのでありました。
神社の中にある「水屈琴」の音色に感動。すばらしい音なので、行く機会があったら是非とも耳を傾けてみてください。
白鳥は昭和42年3月から相川小学校児童会が飼育、現在は4代目で武田神社のシンボル的存在なのだそうです。釣り糸の誤飲などで死んでしまった白鳥もいるそうですが、4代目はすくすく育ちますように。


DSC06020.jpg

こちらは甲斐善光寺
参拝者が少なかったので、「日本一の鳴き竜」の泣き声は感動的なぐらいよく聞こえました。
パン!と手を打つとカラクルカラクルと不思議な音がするのよね。
中は美しいので、外装だけ少しきれいにすればいいのになぁという感じでした。
(写真だとそんな感じはしないのですが、かなり傷んでました。)

DSC06021.jpg DSC06022.jpg

屋根の部分を拡大。やっぱり武田家の家紋「四つ割菱」。手水鉢もやはり。


DSC05986.jpg DSC05987.jpg

こちらの2枚は舞鶴城公園(甲府城跡)。鳩がいかにも置物のようにそこにいました。


DSC05984.jpg

甲府市内の万年筆店。
人生を描きますか それとも愛をつづりますか
美しいだけなら 書きやすいだけなら モンブランでなくていい
いやー、ダンディズムだわ。素敵。
ちなみに、この山梨万年筆商会には日本全国から万年筆ファン(マニア?)が訪れ、ここには万年筆の達人なるお人がいるらしい。

お土産にカップ酒、カップワイン、そして煮貝に信玄餅を購入して無事に帰宅したのでありました。
明日もどこかにぶらりと出かけようかな。
 
 
スポンサーサイト

[2009/08/14 22:57] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1296-207187f1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。