スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J23節 サンフレッチェ広島×浦和レッズ 

NHKのBSで放送されたこの試合、またもや敗戦。連敗は7となりました。

2-1 で

またセットプレーから闘莉王の頭でどうにかこうにかの得点。
これ以外に得点の予感なし。枠にすらいかない・・・シュートが。
 
 

 
相手チームがものすごくいいわけではなく、浦和が悪すぎるのです。

なんだかもう「つける薬なし」ってな重症ぶり。
試合終了後の監督のコメントの端々にもそれがあらわれていてガッカリでした。
ペナルティエリア内で倒れろなんてことはロッカールームで選手に言ってください、監督。
マスコミに言ったところでしょうがないでしょう。
経験と賢さを併せ持つ監督と期待していたのですが残念なコメントでした。

ここ何試合かを見ていて思うのは、なぜ明らかに調子が悪い選手を起用するのかということです。
同じ選手の同じようなミスを毎試合見ているのに、またスタメンは同じ選手。
特にSB。守備も攻撃も中途半端なベテランより、守備に不安はあるものの攻撃はアグレッシブにいく若手のほうが使ってみる価値があると素人目には見えるのですが。
原口が孤軍奮闘している姿は本当に見ていて切ない。ここにもう一人原口と一緒に動ける峻希や永田がいたら!と思ってしまうのです。

選手のコメントにも監督との溝が見え隠れしていますが、サポーターとチームの溝もこのままだと深くなる一方。

次の試合は闘莉王とポンテが出場停止ですが、これでまたボランチが堀之内とか・・・見たくないなぁ。何かこの迷い道から抜け出す方法はないものだろうか。
 
 
スポンサーサイト

[2009/08/22 21:55] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1300-96aa05e6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。