スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南極料理人 

南極料理人


南極料理人

レイトで観たのですが、意外と人が入ってました。
とても面白い映画でした。
観ようかどうしようか迷っている方は、是非、観に行ってみてください。

限られた環境や限られた食材の中での小さな幸せがなんとなく感じられます。
 
 
 
究極の単身赴任先・・・それが南極にある「ドームふじ基地」。
かの有名な昭和基地とは違い、ペンギンやあざらしなどのかわいい動物はおろか、ウィルスさえも存在できない、富士山よりも標高の高い世界。年間の平均気温は-54℃。

主人公は堺雅人演じる「西村くん」で、担当は調理。ここで約1年半暮らしをともにするメンバーは、隊長をはじめ西村くんを含め総勢8名。

究極の遠隔地、しかも制約の多い中での暮らしの中で悲喜こもごも色々とあるわけではありますが、それがコミカルに描かれていて、劇場はたびたび笑いがおこっていました。

限られた食材にもかかわらず、次々とくりだされる南極ごはんはいずれも美味しそうでした。
(お腹がすいている時に観るのは辛いかも。)
伊勢海老の海老フライのシーンには笑いました!
おにぎりはとてもおいしそうでした。
そして出演者の皆様が、これまたすご~く美味しそうに食べるのです。

どの役者も個性的で、それがピッタリとはまっていてなかなかいい味をだしてましたが、個人的に特に良かったのは豊原功輔。
医療担当のドクターなのに、薬よりも、カクテルの調合シーンのほうが多かった・・・。しかもカクテルをシャカシャカやっているほうが絵になってました。

南極生活に関しても、多少の説明はありますが、シーンやセットでもさりげなく補われていて、なかなか面白かったです。(トイレに「雪はあるが水はない」「節水」や、電話のところに「1分間740円」と張り紙がされてたり。)

カキ氷野球も美味しそう&楽しそうでした。

「西村くん、お腹すいたよ」
「西村く~ん、どうしよう・・・眠れない」
共同生活が日を重ねるごとに、いい意味でも悪い意味でも地が出てきてうちとけてくる様がこれまた可笑しく、でも、それが板についてくる頃に隊は帰還となり、帰れる喜びとともにそれとは間逆の一抹の空虚感もあったりして、淡々と進む物語の中にも少しずつの変化がよく描かれていました。

地味な映画ですが、とてもオススメです。
エビフライとおむずび、つくづく美味しそうだったなぁ・・・・。
 
 
スポンサーサイト

[2009/09/04 23:50] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1307-1dcea88c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。