スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J25節 浦和レッズ×モテディオ山形 

DSC06103.jpg

中断期間が明けて、チーム、選手、そしてサポーターが「ここは負けられない」と思ったであろう試合は、山形をホームに迎えての試合でした。

まだまだ課題だらけですが

4-1 で勝ち、長かった連敗トンネルから抜けました!

今日はまず勝つことが重要でしたので、良かったと思います。
選手のみなさま、お疲れ様でした。
 
 

 
1点目は、開始直後、日本人離れしたセルヒオのゴールでした。
2点目は原口とエジミウソンがペナルティエリアで連続で倒されて得たPKをロビーが決め、その直後に山形に右サイドをつかれて失点(得点直後の失点はあいかわらず)。
ここまでの試合では、今日の試合がどうなるのかなんともでしたが、エジミウソンが出した絶妙なボールを走りこんだ細貝が左足で決めて再びリードを2点差に。
最後はFKからのボールに闘莉王がつめて、それが相手に当たってオウンゴールとなりました。

1点目のセルヒオのゴールもミラクルでしたが、3点目の細貝の押さえ気味に打ったシュートが印象的でした。左足、相当練習してるのでは?
試合開始直後2連発ぐらいヒヤっとするシーンもあったものの、それ以降の細貝は攻守にわたりいいプレーをしてました。(今日は、ボランチに阿部と啓太が入っ細貝はて左サイドバックに戻っていたのですが。)
あと、今日はボランチが攻撃に積極参加していて、その点がチームを活性化させてましたが、難だったのは右サイドバック。やられるときは殆ど右サイドバックからで、右がダークサイドになってました。
山形の精度のなさにだいぶ救われましたが、川崎ではこうはいかず、ボランチが攻撃に積極参加できるかどうかは両サイドバックにかかってきますので、どうか山田暢久さんには限界を超えるぐらいがんばって欲しいと期待しています。

梅崎がなんとな~くチームにフィットしてないように見えて少し不安でしたが、これから徐々に合ってくることを期待。達也の復帰はチームにとって非常に明るいですが、早々に下がったセルヒオが心配なところです。調子がいいだけに大事に至らないと良いのですが・・・。

今日のここというシーンは、34分に山形の9番古橋にヘッドでシュートを打たれるまでの一連のシーン。シュートははずれるのですが、このはずれるまでの一連の動き。浦和のマークが一歩ずつ相手に及ばないのですが、それでも追いかけていく、これがシュートを枠にいかせなかったことにつながったと見えました。
連敗中はここで足がとまっていたり、あきらめたり。失点を防ぐこと1つにも、何人もの選手の一見無駄にに見える走りが、地道な努力が必要なのだと感慨深かったです。(当たり前なんだけどね。)

これで、負けると、またガックリなのですが、このタイミングで努力が報われて良かったです。
山形にはさまざまな意味で感謝。

DSC06099.jpg

日曜日にもかかわらず、たくさんの山形サポーターさんがおこしでした。
こんなにアウェーゾーンが広いのは新潟と山形ぐらい。
アウェーゾーン出入り口の左方向には山形BADくんの姿も!!

DSC06111.jpg

山形BADくん拡大。
 
 
スポンサーサイト

[2009/09/13 23:31] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1315-b4e5c0bd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。