スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手紙 

手紙

手紙

オススメ度 ★★★★☆

今頃になって観たのですが(Gyaoで配信中!)、秀逸な映画で驚き。
時間のある方は是非ともご覧ください。
 
 
 
まず、ミスキャストがない。素晴らしいことです。
主人公の山田孝之、その相手役の沢尻エリカ、主人公の兄役の山田孝之玉山鉄二、見事なまでにピッタリとハマってました。特に沢尻エリカが良かった。性格はさておきいい女優さんなのにここ最近の騒動は本当にもったいないかぎりです。

話の筋は、主人公と主人公の学費のために犯罪を犯し、無期懲役となって服役する主人公の兄との手紙のやり取りを軸にさまざまな人間模様が描かれてゆく・・・そんな作りになってます。

人間であることの弱さや少しのやさしさが持つかけがえのない強さが淡々と進むストーリーの中にさりげなく織り込まれているんですが、それがうまい。それを演技する役者もうまい。

印象に残っているシーンは、加害者の弟である山田孝之と被害者の息子である吹越満の対峙するシーン。観ているこちらの息が止まってしまうのではないかとみまごう空間がそこにはありました。
吹越満が
「もう、終わりにしよう」
というそのセリフに至るまでのあの間。
そして言った後の空気。
もう、それこそエンドロールで流れる小田和正の「言葉に出来ない」です。
私が80の婆様になってもなお心に残るようなシーンでした、たぶん。

この話は被害者家族が云々、加害者家族が云々などと言いたいんじゃない。「人間」であることを問い、そして「人は捨てたもんでもない」というシンプルな問いかけがしたいのだとそう思えました。

見てない方は、見る機会があったら是非ごらんになってください。
 
 
スポンサーサイト

[2009/10/29 22:49] 映画 | TB(0) | CM(2)

手紙ファン

> 主人公の山田孝之、(中略) 主人公の兄役の山田孝之

変ですよ^^

 主人公の山田孝之、(中略) 主人公の兄役の玉山鉄二

が正しいです。
[2009/10/30 23:50] 名前間違い [ 編集 ]

ご指摘、ありがとうございます!

 
手紙ファンさん、ご指摘ありがとうございます。
私としたことが・・・ボケてました(・-・;;
早速直しました。

玉山鉄二、この映画の中ではほとんどセリフがないんだけど(弟にあてた手紙を音読というセリフはありましたが、対人のセリフという意味で)、いい演技してますよね。この役に玉山鉄二を持ってきた人が素晴らしい。この役は静かな存在感が必要だと思うので、意外と難しかったのではないかと思います。

原作者もこの映画を大絶賛だったそうですが、それもうなずけますね。
 
[2009/10/31 11:38] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1363-c17ba61a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。