スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J31節 FC東京×浦和レッズ 

DSC06431.jpg

15:00キックオフだったのですが、写真の右下に光が入ってしまいました。

ナビスコ優勝でのりにのってるFC東京相手に、なかなか立ち直れない試合だけはどうか避けてもらいたいと思って飛田給まで観にいってまいりましたが・・・・・・・・

0-1 で逃げ切りました!

私は、今日の試合は、内容が云々は一切おいておいて、手放しで選手を褒めたいと思います。
一貫性のないとんちんかんな主審によく耐え(FC東京の選手もよく耐えました)、原口が退場になった後の緊張と集中とファイトに胸が熱くなりました。
おそらく、現地でごらんになったサポさんのほとんどが心の底から「We are REDS!!」コールをしたに違いありません。今日という今日は、声がかれるまで叫びまくりました。
 
 
 
浦和はやりたいことがちらほら見えた試合でした。特に前半の右サイド、トントーンとワンタッチでつないで、あれよあれよという間に相手ペナルティエリアまでボールが運ばれたあの場面が、試合で何度も出来るようになると、浦和のサッカーは相当面白いものになるな~と思えました。

西村主審については「やっぱりね・・・」としか言いようがなく。
味の素スタジアムで4万人がほぼ真っ二つに割れて、メラメラとしているその雰囲気にのまれてしまったのでしょうか。

得点はエジミウソン。
峻希→原口→峻希とワンタッチでつなぎ(このコンビネーション、凄く良かったですね)、峻希のあげたクロスをエジミウソンがトラップしてシュート!見た目ザックリ、でも難しいシュートだったと思います。この1チャンスをよくぞ難しいところに決めてくれました。

その喜びの直後に原口が2枚目のイエローで退場。次は出場停止ですが、絶対にピッチの外からしか見えないものがありますから、それをしっかり見て、自分がどう動けば浦和全体が動くのか、よく観察してほしいと思います。時期的にもなかなかいい時期だと思います。

後半10分にして原口が退場した地点で、私個人としては、今日の試合は負けなければそれで御の字かもしれない・・・・・(消極的)と、思ったのですが、なんとここから頑張る浦和のイレブン。
しかも、交代が功を奏したとは言いがたい状況下で、選手たちはよく頑張りました。
FC東京が途中から長友を投入するなど、一難去ってはつぎ二難ぐらいな状況で、最後まであきらめずに本当によくプレーしたと思います。
梅崎の足がつったり、なかなか起き上がれなかったり、最後は満身創痍でした。
あの闘莉王が上がらなかったぐらいですから、それが今日の試合の厳しさを物語っていたと思います。(闘莉王には普段もなるべくこうであってほしいのだけど。)

ゴールを決めたエジミウソンをも凌駕する仕事をしたのはスーパーセーブ連続の山岸!
今日の山岸にはGKの神様が降臨してました。
今日の0-1はキーパー冥利につきる勝利だったのではないでしょうか。


あと、FC東京の対戦チームのスタメン紹介は選手の写真こそないものの、背番号と名前をオーロラビジョンに映して、ゆっくりと紹介してくれる対戦相手思い(?)な選手紹介で新鮮でした。

今日のFC東京はナビスコ優勝で気が抜けたかな・・・という感じ。
電光石火の攻めあがりがなかったような。
それでも決定的シーンは浦和よりも多かったのですが、運がなかった部分もあって、決められず。
そのまま試合終了となりましたが、FC東京にとっては優勝戦線上位から離脱&数的有利であって勝てなかったと、痛い部分の多い試合になったのではと思います。


J2はセレッソ大阪とベガルタ仙台が昇格を決めましたが、J1は大分に続きジェフ千葉の降格が決まりました。途中経過を見た時は千葉がリードしていたので、頑張れー応援していたのですが・・・。
巻誠一郎だったらジェフに残ってくれると思うのですけれど。
千葉はいい選手がたくさんいるのに、浦和と同じで残念なフロントなのよね(涙)
 

帰りに新宿で祝杯をあげて解散。
お誕生日プレゼントに真澄の梅酒とラッシュのスキンケアアイテムをいただきました!
浦和の勝利もあわせて幸せな週末~♪
 
 
スポンサーサイト

[2009/11/08 23:52] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1375-8edf21ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。