スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J32節 浦和レッズ×ジュビロ磐田 

DSC06444.jpg

浦和は怪我人が多いところにもってきてインフルエンザ大流行。
まさに泣きっ面に蜂な状況の中、スタメンは久しぶりのベテラン組。

情けない試合だけはしてくれるなと、風が吹きすさぶ中の観戦となりましたが、やっぱりお寒い内容の浦和・・・・・(涙)相手の磐田もお寒くて、ヘボ対決みたいな内容だったのですが、残り10分に起きたまさかの奇跡による劇的逆転勝利。
2週続けて心臓に悪いというか、お肌に悪いというか。
でも、こういう試合があるからやめられないんだよね。

ナナメ後ろのおじいちゃまが「サヨナラ(勝ち)だー!」って血管切れるんじゃないかというぐらい大興奮なご様子でしたが、ほんと今日の試合は「サヨナラ勝ち」でした。
 
 
 
試合の内容は本当に褒められたもんじゃありませんでした。
1点リードで迎えた後半、あっさりジュビロに同点にされた後の慌てっぷりといったらもう・・・見てられませんでした。ベテランスタメンなのに(だから?)動揺しまくっちゃってね。
しかし、後半たった4分間で瞬く間に逆転されて目が覚めたのか、それからは怒涛の攻撃でしたが、クロスバーやポストに当たりまくりで(そこに当てるほうが難しいのに!)、嫌われてたというか、運がない部分もあったにはありました。
ですが、そこはベテラン。意地を見せました。

結果はエジミウソンのハットトリックだったのですが、今日は古巣相手に高原が魅せるプレーを3回ぐらいしてました。闘莉王は気合が空回りで目も当てられないプレーが3回。
しかも後半になったらいつもの上がりっぱなしで戻ってこないし、相手攻撃に慌てて戻るも追いついてないし。ちょっといいところがなかったですね。
あと残念だったのは達也。調子が戻らないのかな。見ていてヒヤヒヤでした。監督は大絶賛だったのだけれど、ちょっとそれは私にはわからず。確かに運動量は豊富だったけれど、もっと裏をとってほしかったんだけどな・・・。

インフルエンザで病み上がりの細貝は頑張ってました。地味によかった。
途中交代後、山田が右SB、右にいた平川が左SBに入るのですが、ゲームの流れによるところがありつつも、細貝がいたときのほうが高原は前目でプレーしてた印象があります。
高原はプレーだけではなくてコメントも素晴らしかったです。

「(先制アシストのシーンは)とにかく無駄なことはしない、シンプルに駆け上がって、その流れでセンタリングを上げる。とにかく一番大事なのは流れだと思うし、その流れを自分であえて断ち切らないこと。無駄な切り替えしだとか、無駄なプレーを本当にしないこと。パスが出た勢いのまま、自分が飛び出した流れのまま、そのまま上げ切ることを意識した。」J'sゴールより)

若手には高原の背中を見て育ってほしいなぁと思えるようなコメントでした。

あとは、なんといってもエスクデロ!交代直後はツルツルすべっていて、大丈夫かいな・・・と心配しましたが、見事にやるべきことをやってくれました。サヨナラ勝ちの立役者。

泣いても笑っても残りあと2試合。
時期的にいろいろな事情があるとは思うけれど、選手の皆様には体調に十分気をつけてもらって、笑顔でリーグを終えることができるよう頑張って欲しいと思います。
私も残り2試合会場に足を運びます。もうリーグも終わりなんて、1年って早い!
 
 DSC06447.jpg
今日の「We are REDS!!」も度迫力でした!(だってサヨナラですもの)

DSC06448.jpg
夕日に映える「We are Diamonds~♪」
スポンサーサイト

[2009/11/21 23:32] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1390-82c1a456


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。