FC2ブログ













巌窟王 

20050313233905.jpg
「巌窟王」というより「モンテ・クリスト伯」のほうがメジャーでしょうか?

学生の時に原作を読んだので観てみました。面白かったです。2時間があっという間。映画もよいですが、やはりこういった話はレ・ミゼラブルのように原作に忠実なドラマでじっくり観たいですね。

しかし、映画もよく出来てました。役者もよかったし。役者は本当に良かったですよ。牢獄シーンで「タンブルドア先生!!」(ハリー・ポッターに登場するホグワーツの校長先生)が登場しますし、主役のモンテ・クリスト伯を裏切る親友役にはタイム・マシンのガイ・スピアーズ(この悪人役、タイム・マシンの主役よりよっぽどいい仕事してます。)が演じてますしね。
ちなみに主人公は「パッション」のジム・カヴィーゼルです。

今も昔も「許し」という行為は難しく、人間の永遠のテーマですね。これができれば世の中から戦争が消えますもの。
この話も「復讐」がテーマなのですが、娯楽モードなので重くはなってません。脇役が名優なのでその巧さが重々しさを匠に軽減してると思います。(タンブルドア先生のリチャード・ハリスやこの映画でヤコポ役のルイス・ガスマンなど。)

受けた傷が深ければ深いほど「許す」という行為は遠く、難しく、結果的には「許す」というよりも(他に生きがいを見つけて)「目(感心)をそらす」「忘れる」というほうが近いのかもしれません。でも、やはり「復讐」という行為を成し遂げた先には何もなく空虚で、またそれがわかっていたとしても「復讐」をせずにはいられないのが人間の悲しいところ。

もし原作も知らないし、映画も観たことないな~って方は一度観てみるといいかもしれません。
スポンサーサイト




[2005/03/13 23:41] 映画 | TB(0) | CM(4)

原作には興味があったのですが、いまだ読めず・・・。解説ありがとうございます<m(__)m>
さっそく、原作もビデオも観ます!!
[2005/03/14 11:39] 星奈 [ 編集 ]

面白そう。

俺のホムペのゲスブに書いてあった
厳窟王とはこれですな。
うん。面白そう。
ちなみに本を読んでから映画って流れ
の方がいいですか?
[2005/03/14 23:55] りあるれっど [ 編集 ]

星奈 さん>>

原作はデュマですが、個人的には三銃士よりもこのモンテ・クリスト伯のほうが話しとしては好きです。

映画は水戸黄門のごとく善悪がくっきりハッキリですが、原作は善悪がどうのよりも人間の強さ、脆さ、切なさなどが深く書かれています。

原作本はテーマが「復讐」なだけに重めですが、映画は多少疲れていても2時間見てしまえる出来になってると思いますので、是非レンタルして観てみてください(・ー・)
[2005/03/15 03:46] mino_rin [ 編集 ]

りあるれっどさん>>

この映画のレビューを見ると、実はりあるれっどさんのおっしゃってるそこがまさに賛否両論になってます(笑)

私は原作を読んでいても、映画は映画で楽しめましたが、原作を読んでいる方の中には「映画はただの娯楽作」派の方もいるようです。誰が見ても勧善懲悪な作りになっているところが要因かもしれません。が、反対意見で「原作よりもよく出来てる」なんて意見もあります。

映画を観てから「お、面白そう」と思ったら原作を読んでみてもいいかと思います。

スカパーで放送されているこちらの巌窟王もかなりいい作品らしいので、こちらもチェックしたいと思ってます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006ISHRE/250-9801777-1303414
[2005/03/15 04:05] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/142-85f2b29e