スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

埼玉県公立高校試験問題 

昨日の新聞なのですが、埼玉県の公立高校の入試問題が掲載されていて、
いまだ図書館の予約が3桁待ちで待ちぼうけな

小川洋子著「猫を抱いて象と泳ぐ」

が、第一問に採用されていて驚き。
若い先生が作成した問題なのだろうか・・・と思いつつ、問題文に抜粋された文章を読んだら面白いの。「やっぱり、ハードカバーを買っちゃおうかなぁ」と思ってしまいました。(このところ残業しつつ頑張ってるし。)


数学の設問も面白い問題がいくつかありました。
太郎のチョコレート問題は「こんな食べ方する子はいないだろうよ」とつっこんでしまいました。
(13枚のチョコレートを1日目は1枚、2日目・3日目は1/2枚ずつ、4日間~6日目は1/3ずつ食べていくというもので、何日でチョコがなくなるかよりも、実際にこういう食べ方をするほうが難しいと思う。)
しかも、妹の花子もチョコレート消費に参戦。ある意味笑える問題でした。


英語はちょっとオーソドックスな印象。
得意じゃないからあまり見ていないのだけれど、KentとMikaの会話が今時じゃなさすぎ。


社会はやっぱり歴史や公民、地理は分けるべきだと個人的には思うのよね。
日本以外の国の社会科の授業はどんな感じなのだろう?
理科はつまらない問題ばかりで残念。(古典的基礎のオンパレード。)


国語・英語・数学という不動の三教科に比べてないがしろにされがちな理科や社会科に興味をもってもらうには、まずは生徒が興味を魅かれるような問題を作成しないと。
平成教育委員会などで取り上げられる理科や社会の問題などは、とてもよく作成されていると感心させられることがあるけれど、微妙な教科だけに難しいとは思いますが、それを逆手にとってはじけた問題が1つでもあったら、面白くなるのに、と思います。


それにしても、受ける受験生はそれどころじゃないのだろうけれど、大人になった今、あらためて入試問題などを見るとツッコミどころ満載で面白い!他県はどんな問題なのかなーというところも非常に気になります。
特に、国語は採用されている文献に個性が出るから面白いよね。いい本との出会いのきっかけにもなるかも。


久しぶりに高校入試問題を解いてみたい方はコチラからどうぞ>>>入試の鉄人

そして、頑張った受験生のみなさまに桜が咲きますように!
 
 
スポンサーサイト

[2010/02/18 23:06] 未分類 | TB(0) | CM(4)

もう、英語も社会科目もわすれてもーたがな。

単語もようおぼえとらん。


って、よく考えたらおれ高校受験してないw
[2010/02/19 18:09] たくろう。 [ 編集 ]

たくろう>>>

 
それは是非とも試験問題を解いて疑似体験をしてみてくださいませ。

私は公立高校を受験して合格したクチだけど、眠かったことしかおぼえてないなー。
なんせ、試験前にふと思い立った身辺整理で発掘した「エースをねらえ!」を朝まで読んで、宗像仁の死に様に涙していたものですから・・・。

点数で人の全てを推し量ることはできないが、問題から作り手の人となりを想像することは面白いので、機会があったら眺めてみてね~。
 
 
[2010/02/20 14:57] mino_rin [ 編集 ]

高校受験。

>試験前にふと思い立った身辺整理で発掘した「エースをねらえ!」を朝まで読んで、宗像仁の死に様に涙していたものですから・・・。

いやいや、実に面白い。。
 家の子どもらの時は色々気を使って大変でした。
 
 インフルは小康状態になりましたが、受験生には
 万全な体調で試験に望んで欲しいものです。

[2010/02/21 19:38] yasu [ 編集 ]

yasuさん>>>

 
お久しぶりです!
コメント、ありがとうございます。

試験の時って、
「ちょこっと片付けてから勉強するか・・」
と思ったが最後、めくるめく本格的な片付け(掘り返し?)になっちゃうんですよね(困)
試験前夜の「片付けてみよう病」、私だけかと思いきや、友人にもけっこういました。良かった(笑)

試験当日、真っ赤な目で待ち合わせ場所に言ったら「一夜漬け?」って同じ高校を受験するみんなに驚かれました。
とても言えなかった・・・「一晩かけて宗像仁の死に様に泣いていた」なんて・・・。

お子さんの受験は自らよりもある意味ドキドキではないですか?
自分の時も相当ナイーブになっていたかもしれないんだけど、人間って大人になるとそのときの気持ちなんてあらかた忘れちゃうんですよね。

今、読んでいる本に、受験の時に手弁当を開けたら、サランラップとお弁当の間にお母さんの字で「大丈夫だよ」ってメモ紙の手紙があり、それを見たらなんだかほっとしたというエピソードがあったのですが、子供のことになると自分のこと以上に親は必死ですよね。
親心のありがたさはきっとお子さんがもう少し大人になってからしみじみと感じてくれますよ^^

本当に、インフルエンザの蔓延には困ったものです。
インフルエンザに感染してしまうと、外出に制限がかけられてしまうしね。
本当に、受験生たちが万全な体調で臨めることが何より。健康が何よりですね!
 
[2010/02/21 23:47] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1448-1c320b47


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。