スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J3節 モンテディオ山形×浦和レッズ 

暴風の中、山形まで応援に行かれた皆様、本当にお疲れ様でした。
現地は雨模様でしたが、風邪を引かないよう温泉でよく温まってください。

試合は残念ながら 1-1 のドロー。

エジミウソンのゴールで先制したまでは良かったのですが・・・。
 
 
 
勝てないですね。
しかも、FC東京の時と同じく、先制してもちっとも安定しない(楽にならない)。
それどころか、チャンスを決められずじわじわ焦りだして、交代でリズムが狂うと自滅気味(涙)
そして交代枠が生きない(生かせない)のはなんとも辛いところです。

試合はいい時間帯に細貝から上がったクロスをエジミウソンがゴールして先制したのですが、その後が続かず。
先制したとたんに戸惑いや迷いが生じるのではないのですが、じわじわとぎこちなくなんってしまうんですね。
そして、ふとした瞬間に相手チームの数少ないチャンスをまっこうから受けてしまい大ピンチ。
結局はセットプレーから得点を許してドロー。

今日の試合もフィンケ監督は、そしてチームは何をしたいのか考えさせられてしまいました。

たった3試合でこんなに後ろ向きなのはどうかと自分でも思うところもないわけではないのですが、3試合じゃないんです。フィンケ監督率いるレッズが迎えるリーグ戦37試合目。
なのに、結局エジミウソンが決められるシュートは細貝からのクロスだけなんだろうか?
それじゃ去年となんら変わらない。
中盤~トップ下~FWの連携がよりよくならないと柏木を浦和に迎えた意味なんてないのでは?
そして、その連携はキャンプ中にある程度形になってるべきではないのかな?と思うわけです。

この山形戦→セレッソ大阪戦は、今季のJリーグ戦前半の第一の山場だと思っていただけに、個人的には痛いなーという感じが否めず。セレッソ戦を落とせば秋の降格争いに向けて腰までつかるような感じがします。
まぁ、そうなったらそうなったでしょうがないのだけれど。

見ていて選手の迷いがサポーターの心に不安を広げるような試合は勘弁して欲しいとは思いますが、ファンとしては応援するしかないので、しばらくはふがいなくっても応援あるのみよね。
アウェーもなるべく足を運びたいけど、来週のセレッソ戦は桜満開行楽シーズンでちょっと関西方面は辛いなぁ。
でも、行こうかなぁ、どうしようかなぁ・・・・・。
  
 
スポンサーサイト

[2010/03/21 15:30] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1469-616e2d80


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。