スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J4節 セレッソ大阪×浦和レッズ 

NEC_0345.jpg



今日はいつものではなく、浦和ワシントンホテル1Fのティナラウンジにて観戦。

ジェットコースター展開の試合にヒヤヒヤでしたが、

2-3 でなんとか今季初の勝ち点3を取りました!
 
 
 
3バックのセレッソと4バックの浦和。
でも、スタイル的には遠くないため、好勝負となった印象でした。
セレッソ大阪のファンでも浦和のファンでもない方には面白い試合と映ったのではないでしょうか。

フィンケ監督といえば、オジェック監督と同じように「頑固!」なイメージがあったのですが、今回は、達也とエジミウソンの2トップに、なんといっても阿部1ボランチとかなり冒険をしてきて驚き。
セレッソ大阪が3バックだったためかもしれませんが、勝ってない割には大胆なんだよね、監督。
でも、これが功を奏しました。
阿部の1ボランチというよりは、やはり前を2トップにしたことが効果大。先制点をあげた達也の動きが浦和の停滞サッカーに動きをもたらしました。

そう、達也が久々に得点したというのに、直後にアッサリ失点。
もっと達也のゴールにひたりたかったのに、リプレーの間もなく失点!
何やってんだか・・・。
こういうシーンは大昔にも見たことがあって、「もう、なんというか、浦和らしいね・・・」と周囲の人と苦笑い。確かに、ラウンジの中も、達也の先制ゴールに喜びまくって、セレッソ大阪のアドリアーノのゴールを見てた人はあまりいなくて、一瞬ポカーンとしてしまいましたが、その後もアグレッシブに攻める今までとはちと違う浦和に、ラウンジ内もヒートアップ!
そして、1-1で前半を折り返し。

ゴールが俺たちを~♪の歌がゴール裏からこだまする中、後半キックオフ。

後半9分にエジミウソンがゴール!して再びリード!
でも、リードしていても決して楽にはなれないのが最近の浦和。
今日もここからが正念場でした。

徐々にテンポがよくなるセレッソの香川・乾・アドリアーノ+マルチネスの攻撃に慌てふためきだす浦和。
普通にやれば問題ないのに、なぜか気づけば10バック(どうなってるわけ!?)。
10人戻ってゴール前に10人でうようよしてるのに、守備は「あわわ、あわわ」の大慌て。
これは、今季最大の課題の1つです。リードしたとたんにめくるめくぎこちなくなる・・・中学生じゃないんだから。そして、最悪は自滅してどよ~んとする。
4バックはいつもどおりなんだから、いつもどおりやればそれでいいわけです。

その慌てふためいているところを、イヤ~な予感どおり、香川にやられて、再び追いつかれて2-2。
ゴール前で跳ね返ったボールをひょいと飛び出した香川がゴール。
前半は比較的、誰が誰をマークするかがはっきりしていた上に、ゾーンDFをよく意識していたのではないかぐらい頑張っていましたので、セレッソ大阪が誇る攻撃陣に殆ど仕事をさせなかったのですが(だって、前半を終了してセレッソ大阪のシュートが1本だったのよ!)、後半、10バックになってからはもうマンマークもゾーンもありゃしない。
ドッタバッタしながらどうにかボールをかきだしても、かきだしたところにはセレッソの選手しかいないから、瞬く間にまたどピンチ。ギャグのようでした、それも悲壮で笑えない自虐的なやつ。

しかしながら、今日の浦和はまだあきらめませんでした。
この香川のゴールに「ハッ!」としたのか、香川にやられた直後にすぐさま攻撃に転じた浦和は、直後にエジミウソンのワンダフルゴールで再びリード、そしてやっぱり再び慌てることになるものの(学習してない)、堀之内を投入してどうにかこうにか2-3で試合終了。今季初の勝ち点「3」をゲットすることができたのでした。
エジミウソン、やればできるじゃん・・・。

今日のポイントは
・2トップにした
・達也はボールのないところでの走りも素晴らしかった(守備にも攻撃にも貢献)
・ロビーがキレていた
・ロビーがキレていた効果で柏木のボールタッチが多かった!(喜ばしいことです)
・細貝は右でもそつなくプレーできる
・サイドを使ってワイドな攻撃を展開できた
・セレッソ大阪が3バックだった
ここらへんではないかと思います。
しかし、引いて守るチームにはまだ浦和のサッカーは通用しないので、そこらへんの打開策もこれからの課題かな~という感じ。

負傷交代のセルヒオの怪我が深刻なものでないと良いのだけれど・・・。

今日はエジミウソンが孤立する場面や、すぐに足が止まる病、攻守の切り替えスイッチの動作不足が今までより少なかったので、これから徐々にチーム力が高まっていくといいなと、少し希望の見える試合でありました。

にしても、ハラハラしっぱなしで、お肌には悪い試合だったには違いない。
でも、つまらなくなってきたところにこういう試合があるから、浦和のファンはやめられないんだよね。
京都も同じだよね?Mちゃん(笑)←京都もロスタイムゴールで磐田に2-3の逆転勝利!

来週の水曜日は、ナビスコ予選で磐田と、そして土曜日はホームに湘南を迎えてリーグ戦と連戦が続きますが、ここでポンポンと勝って波に乗れたらいいな。
 
今季初勝ち点3の祝勝会はいつもので。
野人ハイが美味しかったー!今までの~ハイ(もしくは~サワー)の中で一番好きかも。トマトが好きだから♪
※野人ハイはトマトジュース+ジンです。
 
 
スポンサーサイト

[2010/03/27 23:29] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1484-6a66e498


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。