スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J8節 浦和レッズ×ジュビロ磐田 

DSC06895.jpg


前節、首位になった浦和ですが、追われる立場に弱いのよね・・・昔から。
やっぱり心配したとおりやっちまいまして

0-1 で負けました。

お先真っ暗な負け方ではなかった気がするし、どっちかといえば運がなかったね的負け方。
がしかし、つまらない試合だったです。
後ろの席の子どももずっとぐずってました。子どもは正直だよね。
 
 
 
なんで磐田との試合はヘボチーム×ヘボチームみたいな試合になっちゃうのかね・・・というのが率直な印象。
浦和は良くも悪くも相手に合わせちゃうんです、なぜか。

今日の磐田のプレスは半端なかったです。玉際も厳しく、空中で競り勝ってたのは山田暢久ぐらいじゃないでしょうか。山田暢久さんをあらためて尊敬。意外と凄い。←失礼
田中達也や柏木、ポンテなど、攻撃の起点になる選手には2人~3人で囲んで「ボールを出させない」ということを徹底していたと思います。浦和も磐田に合わせるなら同じようにやればよかったんですけどね。
それでも、何もさせてもらえなかったわけでもなく、選手は頑張っていたと思います。
動きが少なかったというより、磐田を揺さぶる動きが出来なくて、極力いつもどおりやろうと努力はしてるのだけれど、色々考えすぎて自分で自分を縛ってしまうような感じに見えました。
逆に磐田はよく守りきりました。

嫌われたシュートもいくつかあったりして、それが決まっていれば違う展開になっていたという点では紙一重な試合でした。こういう試合での負けはしょうがない。「こういうこともある」と気分を切り替えるしかないと思います。
ですが、磐田とはリーグもナビスコもアウェイ戦を残してますから、二度、勝ち点が取れなかった相手にこれ以上勝ち点を与えるのも芸がないし面白くないので、アウェイ二試合はきっちりと取り返しにいってほしいと思います。

それと、引いて守られた時にどう崩していくかをもう少し考えたいなぁというところは否めず。
今日はベンチも守備的な選手が多かったですが(前半に稼いで、後半はきっちりしめていくプランだったのでしょうか?)、原口ともう一人若手がいたらなーと感じました。
サヌが途中交代でしたが、そのポジションを高橋峻希にしても面白かったと思います。

サヌといえば、サヌのシュート!鳥肌でした。
どうしたらあんな全身バネみたいなしなやかなフォームでシュートが打てるんだろうね。
ジュビロのキーパー八田のナイスセーブでゴールにはいたらなかったものの、スタジアム全体がどよめきました。
今のJリーグではめったにお目にかかれないシュートだと思います。
サヌはSBじゃなくてもう一列前で使いたいなぁという印象でした。
今後、サヌに注目です。

サヌのシュートといえば、今日はミドルレンジからのシュートが少なかった気がする。
シュートコースもなかなかあかなかったというのもありますが、何をするにも全体的に後手後手にまわってしまったような感じでした。どうせ負けるなら、もっと思い切りやっても良かった気がしますが、今日は上記のように紙一重な試合でしたので、そこらへんの見極めは難しかったかもしれません。
あと、セットプレーが一向にチャンスになる気配がないのが気になるところ。
逆に、相手チームのセットプレーにはドキドキ。
ここらへんもこれからの課題。

マスコミにはまた意地悪な記事を書かれそうだけれど、そんなに悲観する試合内容でもなかったので、外野に惑わされず、やるべきことにしっかり取り組んで、浦和らしい進化を一歩一歩確実にしてくれることを期待。

次節はいよいよアウェー清水戦。勝敗はともかく(勝ち点3にこしたことはないけど)、いい試合をしてくれたらいいなーと思います。楽しみ!
スポンサーサイト

[2010/04/24 23:32] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1511-f17af3a4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。