スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夜の遠足 ~赤穂事件巻き戻し編~ 

DSC06906.jpg

もう連休の職場も多いので、いつもと違って都内もすいすい歩けるかもと、勤務終了後に夜の遠足を決行。
職場最寄の泉岳寺から出発。
泉岳寺と言えばかの有名な「赤穂事件」の舞台。赤穂浪士が主君の浅野内匠頭長矩の墓前に吉良上野介の首をささげ、切腹した場所であります。となれば、今回の遠足の目的地は、赤穂浪士が討ち入った両国の吉良邸というわけで、港区の泉岳寺から墨田区の両国にある吉良邸跡までの9km強のルートを徒歩にて旅してまいりました。

まずは第一京浜をひたすら新橋目指してまっすぐ進みます。
 
 
DSC06907.jpg

泉岳寺を出発してほどなくのところにあるマンションの芝桜。
きれいに咲いてました。

DSC06909.jpg

三田駅に到着。

DSC06916.jpg

さらに歩いて金杉橋を渡る。

DSC06914.jpg

金杉橋付近に船が停泊。

DSC06919.jpg

浜松町(大門)あたりから東京タワーが見えました。

DSC06920.jpg

新橋に到着。ここでガードをくぐり、線路を隔てた反対側へ出て、昭和通りへ入り銀座方面へ。

DSC06921.jpg

ほどなく、港区から中央区へ!

DSC06924.jpg

本日、閉場式を迎えた歌舞伎座。
歌舞伎座近くの「ナイルレストラン」に行列ができていたけれど、美味しいのかな?要チェック。

DSC06930.jpg

歌舞伎座に別れを告げて宝町へ。

DSC06931.jpg

さらに日本橋へ。

DSC06932.jpg

江戸橋にさしかかると、一瞬、地下道に。人がいなさすぎて怖くて、ちょっと断念しようか思案。
(だって、怖いでしょー??)ちなみに、人影は写真を撮ってる私。

DSC06933.jpg

勇気を出していざ地下道へ。思いのほか短くて怖くなく、すぐ江戸橋へ。よかったー。

DSC06935.jpg

JR新日本橋まで来ました。ここから6号線へ入り、馬喰町方面へ。
そのまままっすぐ進み、浅草橋まで来て靖国通りに突き当たったら左折。

DSC06936.jpg

見えてきました。両国橋。ゴールはもうすぐだー!!

DSC06937.jpg

両国橋からの夜景。こういう夜景もいいねー。

DSC06938.jpg

両国橋を渡ったところに「山くじらすき焼き」の文字。
山くじらって??と、思っていたら、ぶらら~んとぶら下がっていました、いのししが。

DSC06940.jpg

吉良邸付近の昭和な建物。築何年??

DSC06941.jpg

たどり着きました!目的地の吉良邸跡地。

DSC06942.jpg

「入口」って書いてあるけど、真っ暗だし、誰もいない!江戸橋なんて比じゃない怖さ。
かなり肝試しな状況。

DSC06943.jpg

でも、せっかくここまで来たので、入り口からズームで首荒いの井戸を撮影。
今度は昼間に来たいと思います。

それにしても、討ち入りの後にこの距離を歩いて泉岳寺までなんて凄い。
赤穂浪士の最年長者は77歳。堀部どの、よく頑張りました。
当時は歩くしかなく、昔の人は健脚だとわかっていても、実際に歩いてみるとよく歩いたなぁと思いますよ。
景色は今とまったく違っただろうけれども、道をたどれば不思議な気分になります。

風が少し強かったですが、9km強の道を約2時間で歩きました。
おいしそうな飲み屋さん、オシャレなレストランなど新たな発見があって面白かったです。
連休効果でスイスイ歩けたのも良かったかも。
これぐらいの距離なら、定時に退社できればちょうど良いのでまた違う遠足コースを企画しようかな。
 
 
スポンサーサイト

[2010/04/30 23:31] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1515-e6cc23d1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。