スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J10節 浦和レッズ×名古屋グランパス 

DSC07047.jpg

ゴールデンウィーク最終日にして対戦相手が名古屋ということで、ホーム埼玉スタジアムは開幕以来の5万人超え。
残念ながら闘莉王は累積で出場停止。
前半30分はどうなることかとハラハラしっぱなしでしたが、脳震盪で交代した田中達也に代わって原口が入ってから徐々にリズムを取り戻した浦和。前半残り15分は後半に向けてちょっと面白くなるのではないかという内容になってました。

やっぱり懸念していたとおり、高さに負けてケネディに先制点をくらってしまったわけですが、後半立ち上がりに立て続けにゴールが生まれて

2-1 で逆転勝利!

柏木くん、移籍後初ゴールおめでとう!
 
 

 
名古屋はそれっぽい試合運びを無難にしていたと思います。
ケネディの先制点もやっぱりヤラレターという感じ。
(でも、山田暢久さんが言ってるとおり、ヨンセンのほうが怖い選手です。ケネディはあまり怖さはない。)
10回もセットプレーがあれば1回ぐらいはしょうがないであろううちの1回が先制点だっただけ。
前半立ち上がりは爆睡の浦和でしたから、逆によく1失点ですみました。
逆にこの先制点でちょっとピリっとしたのかもしれない。

名古屋が清水のようないい試合をしていたわけではないので、磐田戦のように相手レベルに合わせてくれるなと願いつつ試合を観ていたわけですが、致命的な横パスのパスミスがあったりと、前半30分ほどはとても見られた試合じゃありませんでした。相手がいいチームでもないのに浦和がヘボな試合をしてると、ほんとイライラするのよね。
両サイドの躍動はチームのバロメーターですが、前半は両サイドもちょいとイマイチ。

そんな流れが、田中達也の脳震盪でのアウト→原口インという思わぬ事態で変わりました。
何が良かったのだかわからないけれど、原口が入って徐々に変化したリズム。気がついたら流れはほぼ浦和。
0-1でリードされつつ前半を終えるも、スタジアムのサポーターはなんとなく前向きな雰囲気。

後半立ち上がりが絶好調の浦和は、柏木の移籍後初ゴールでついに追いつきました!
スタジアムの爆発っぷりが半端じゃなかったです。
追いついただけなのに、まるで勝利しちゃったかのような声援(笑)
交代が効いたこと、流れを打開して決めた過程に若手が絡んでいたこと、そしてなんといってもくすぶっていた柏木がやっとやっとやっと決めてくれたこと!が、相乗効果となって声援が爆発。
(ちなみに、ポンテ→宇賀神へサイドチェンジ→原口→細貝がボールを持ってペナルティエリアへグリグリ切れ込みつつ→原口へバックパス→原口が倒れつつ後ろから走りこんだ柏木にパス→柏木ゴール!でした。)
いいシュートでしたね。効き足じゃないってところがまたなんというか。

そこからは一方的に攻めまくる浦和。
ほどなく、山田暢久が前線に大きく蹴ったボールをロビーが受けてエジミウソンとワンタッチで運び、千代反田をふりきってゴール前に絶妙なマイナスの折り返し、あとは走りこんだ原口が決めるだけで逆転ゴール。
ロビーだけが一人ワールドクラスでした。凄い、凄すぎるロビーは!
相手にしてみたらこういうのをやられると凹むんですよねぇ・・・。
チームの調子がいいときは、こうやってワンタッチで恐ろしいほどボールが繋がるのよね。

前半のあのグッダグダは、一体全体なんだったのか。

その後も、決まりはしなかったものの、細貝のダイレクトボレーや山田暢久の無回転ミドル(これは楢崎のナイスセーブ。スタジアムがどよめきました。前半の致命的パスミスはすっかり帳消し。)ありでサポーターのテンションも最高潮。

アレックスが途中交代になって残念だったけれど、今日は闘莉王のぶんまでブーイング独り占め(?)だったアレックス。ピッチをあとにする時も思いっきりブーブーと愛されてました。

そして、このまま終わるかと思いきやそうもいかないのが浦和。
堀之内、スピラノビッチを入れて守りに入ろうとするのですが、これがもう目も当てられないほどドタバタ。
鹿島と違って成長過程のチームに大人なプレーはまだ課題だらけ。
こんな調子のロスタイム4分のやけに長いこと。
ですが、全員守備でなんとか守りきって試合終了。

先制されても追いつけるようになったんだね、いつの間にか。(しみじみ)

おりしも今日はこどもの日でしたが、スタジアムのサポーターはこどものように喜んでました。
ゴールデンウィークにふさわしい、5万人を沸かせるに値する試合となりました。

選手のみなさん、お疲れ様でした。そしていい試合をありがとう。
今日は久しぶりに手放しで喜んじゃったなー。
逆転、若手の活躍、ボランチの運動量、山田暢久のいぶし銀プレー、ワールドクラスなロビー、なんだか嬉しいことが山盛りでした。
こういう試合をこれから何試合観られるか、スタジアムに行くのが楽しみです。
今年はブレないで、このままのコンセプトで頼みますよー、フィンケ監督!

監督といえば、ストイコビッチ監督は面白かったなー。名古屋がどういう状態かはピクシーを見れば一目瞭然なのだもの(笑)でも、そういうピクシーが個人的には好き。相変わらず負けてもウィットが効いたステキなコメントだしね。
アウェイ名古屋戦はよりにもよってお盆後半なのよね・・・。ほんとこの浦和いじめな日程、どうにかならないかしら。
 
DSC07052.jpg

本日の主役(柏木と原口)ゴール裏は祭り状態!!
スポンサーサイト

[2010/05/05 23:00] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1520-0f0b752d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。