スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧古河庭園 

DSC07072.jpg

仕事を定時で切り上げて、旧古河庭園に行きました。
ちょうどバラのシーズンで、5/24まで夜間ライトアップされています。
(ライトアップ期間は20:30まで入場、21:00閉園)

色とりどりに咲き誇るバラたちは、まさに今が見ごろでした。
 
 

 
写真に写った空の明るさを見て、ずいぶんと日が長くなったなぁと思います。
私は上中里の駅から歩いていったのですが、強風にもかかわらずたくさんの方がおこしでした。
そう、強風だったから、バラが揺れてしまってカメラにきれいにおさめることができず残念・・・(涙)
少しはまともに撮れたものをいくつかアップ。

DSC07075.jpg

紫のバラの人!

DSC07083.jpg

プリンセス・ミチコ 香りもステキ。

DSC07088.jpg

個人的には黄色いバラは好き。花言葉は友愛とか献身とか。
うすぐらがりの中の黄色はとてもきれいに映えてました。

DSC07106.jpg

「初恋」という名のバラ。香りが弱いところがかえって無垢。

DSC07145.jpg

初恋より濃い目のグラデーション。すごく美味しそうに感じる・・・。
これぐらいのグラデーションってとてもステキ。

DSC07100.jpg

スプレータイプの淡いバラは若いお嬢さんに人気でした。
男子諸君は要チェック。


お近くにお住まいの方や、通勤圏内の方は是非とも足を運んでみてください。
徒歩で上中里駅または西の原駅から7~10分、駒込駅から12~15分が目安です。
 
 
スポンサーサイト

[2010/05/18 23:43] 未分類 | TB(0) | CM(2)

バラって本当に「咲き誇る」という言葉がぴったり。
お花屋さんのバラも美しいけれど、やっぱり地植えのバラは力強さがありますね。
旧古河庭園は建物も見てみたいです。たしかコンドルの設計でしたよね?
[2010/05/20 11:13] よっしぃ [ 編集 ]

よっしぃさん>>

バラの形って独特ですよね。
香りもとてもステキでした。
棘はかなりいかつかったですけど・・・あはは。

ご指摘のとおり、旧古河庭園の洋館および洋風庭園はジョサイア・コンドルの設計によるものです!
洋館の中は拝観希望申請をしないと見学できませんが、外から見るだけでも、夢とロマンが広がるいい建築です。

昼間でしたら、旧古河庭園から駒込~巣鴨方面へのお散歩なんていいかも。ちなみに、上中里駅では「名探偵★浅見光彦の住む街 ミステリー手帖」を配布してますので見かけた際はチャレンジしてみるのもいいかも?

ぜひともおこしくださいませ!
 
 
[2010/05/21 01:54] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1532-b79a2869


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。