スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナビスコ予選5 浦和レッズ×清水エスパルス 

DSC07206.jpg


お互いに予選4試合目を落としてしまい、今日の試合を絶対に落とせない状況での1戦となりました。
水曜日は雨の降る駒場で何も出来ないまま負けたわけですが、今日は選手の気持ちがプレーに入っていたように見えました。少なくとも水曜日の山形戦よりはよほどいい試合になりました。

試合開始直後こそガチガチだったものの、レッズらしい時間帯が多い試合でしたが、色々な不運があい重なってしまったこともありまして

0-1 で負けてしまいました。

これでナビスコカップは残念ながらほぼ予選突破の可能性がなくなってしまいましたが、若手が経験という財産を得る貴重な機会ですから、残りの試合もいいプレーをして、いい経験を積んでほしいと思います。

選手の皆さん、連戦をお疲れ様でした。
 
 
 
本当に今日はいいプレーが随所に見られただけに、勝ち点を落としたのは本当に残念であり悔しくもあり、もったいなかったです。

今日の試合は、阿部も啓太も不在ということで、細貝がキャプテンマーク(初キャプテンマーク?)。
細貝とともにボランチに入るのは堀之内。CBは山田暢久とスピラノビッチコンビ(こちらもお初?)。
平川がベンチで、サイドには宇賀神とサヌが入りました。

一方、清水はヨンセン×永井+小野という、「こうだったらやだなー・・・」というスタメンをしっかり配置。

前半早々の思いがけぬ達也の負傷交代、ことごとくポストやクロスバーを直撃するシュート(こんなに次々と直撃するシーンが連続する試合も珍しい!)、そして家本主審の不思議ジャッジ等、どういうわけだか重なる不運、立ちふさがる試練。それでも投げずに試合をした選手たちは頑張りましたし、試合内容は良かったと思います。

そんな中でも山田暢久が別人のように頑張ってました。(いつもより頑張るだけで目立っちゃうお得な人)
あれだけ頑張るなら無回転ミドルの2~3本でも繰り出してほしいところでしたが、今日のレッズは全体的にミドルシュートがほとんどなかったです(それだけ確実にいきたかったのかな)。
スピラノビッチとのコンビもなかなかどうしていいものでした。
かなり山田暢久がカバーしていたシーンもあったけれど。
山田暢久がヨンセンと空中で競り勝った瞬間なんてスタジアムからどよめきが!(そのシーンは本当に凄かった)

あと、スピラノビッチが入るだけで、あれだけ決まる気がしないセットプレーに希望の光が見えました。
これからの彼の活躍に期待大。

今日は、この山田暢久の頑張り+ボランチの堀之内が効いてました。
個人的には細貝と啓太のボランチより、今は細貝と堀之内のほうがいいように見えました。
特にSBが宇賀神やサヌ、高橋峻希を起用するとなると、堀之内のほうが安心して見ていられるような。
あと、宇賀神を原口に代えた時に嫌な予感はしたのですが、案の定、SBに細貝、ボランチは堀之内に代わって入っていた啓太と柏木とあいなりましたが、これがもうなんというか見てられない。
それまでかなり攻める姿勢だったのが、ここでリズムが変わってしまい、残念でした。(山形戦の細貝と柏木のボランチもあちゃーって感じでしたが。)宇賀神も堀之内もよく走っていましたから交代はしょうがないのでしょうけれども、交代で入った選手がもうちょいと生きてくればなーという感はいなめず。

結局は、後半、清水が交代で投入した原くんにヘッドで決められ、それが決勝点となり試合終了。
レッズは自陣の交代をもう少し工夫する余地があるかもしれません。(決勝点となったゴールも、ちょうど原口が入った直後ぐらいに決められていますが、今年はこのようなシーンをしばしば見かけます。)
F1のピットインじゃないけれど、こういうちょっとしたところの改善と創意工夫に常日頃から意識して取り組むことは、思わぬところに思わぬ効果となってあらわれるのものです。目指せチーム・フェラーリ!チーム・マクラーレン!一流と謳われるチームこそ、こういったささやかな努力を怠らない(と思います)。
後半の入り方や、得点した直後にこそ気持ちを引き締める意識などにも同じことが言えます。

清水はリーグ戦と同じで、そんなに怖いと思うことはありませんでした。
(小野伸二は絶好調だけあって「さすが」の一言ですが。)
リーグ戦もそうでしたが、相手が清水だとなぜか好ゲームになる傾向にあります。
なので、本当に主審が残念だった・・・。両チームの選手が主審にイライラさせられたのでは?
贅沢は言わないので、普通にジャッジしていただけませんものでしょうかねぇ。
せっかくの好ゲームを名試合にするも迷試合にするも主審次第なのですから。

ですが、こういう苦い試合も若手選手にとってはきっといい糧になってくれるはずと信じたいところです。
今日は負けて本当に残念だった。でも、サポーターはここが我慢しどきです。
一番悔しいのはやっぱり選手ですよ。こんなに頑張った末に負けたのだもの。そこをくまねば。
なので、試合終了後にとっとと帰ってしまうサポーターの方々を見て悲しくなりました。
でも、選手に拍手を送っていたサポーターも多かったです。

次はアウェイ横浜ですが、少し時間があきますので、選手にはいい準備をしてもらって、今度こそ勝ち点3をお土産に持って帰らせてほしいなぁと思います。

それと、達也の怪我、肉がえぐれているとのことですが、具合はどうなのだろう・・・とても心配です。
どうか1日も早く治るようお祈りしています。
 
 
スポンサーサイト

[2010/05/30 23:55] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1546-de0a99af


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。