スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2010W杯 準々決勝 アルゼンチン×ドイツ 

いやぁ、この試合で0-4というスコアを誰が予想できたでしょう。
終わってみればドイツの圧勝。

ドイツは私が今大会の中で一番好きな上下黒の2ndユニフォームでした。
黒ドイツ、負ける気しないねーなんて言っていたのですが、アルゼンチン相手にまさかここまでやるとは!
逆に、アルゼンチンの選手はコンディションが悪いのだろうかと心配してしまうぐらい。

試合開始直後の先制点が今日の試合を分けたように思います。
お互いに点が入らないジリジリした展開だったらわからなかったんだけど。
アルゼンチンもじわじわ攻めに持っていく時間があったのですが、アルゼンチンが攻撃を繰り出し始めると、ドイツは必ず一発かまして牽制してました。
アルゼンチンは運もなかった。決定的なシュートがメルテザッカーの顔面に防がれたり。
ドイツはよく集中してました。イングランド戦の一山を超えて自分たちのサッカーに迷いがなくなった感じ。
ドイツの組織サッカーは半端なかった!!

アルゼンチンは3点目で心が折れた感じでした。ピッチサイドのマラドーナ監督の表情までが沈痛な面持ち。
会場にかけつけたサポーターのためにも最後まで諦めて欲しくはなかったのですが・・・。
「もう、交代、マラドーナ!」って何度思ったか。
一方的展開のゲームはやっぱりあまり魅力を感じないしね。ドイツは確かに凄かったけど。

アルゼンチンもブラジルも予選から無難に駒を進めすぎたというのもあるかもしれません。
どこかでガツガツの試合をしていれば、もうちょっとメンタル面での耐性(?)が勉強できたかも。

ドイツは次回、今日の先制点を含め、今日まで大活躍のミュラーがカードで出場停止となりますが、それがどう響くかですね。

それにしても、ルーニー、カカに続きメッシまでゴールなしで終わるとは。
バロンドールの呪い、恐るべし。
しかもアルゼンチン敗退で、もうマラドーナ監督が見られなくなると思うと猛烈に寂しいです。

それにしても、ドイツの予言タコのパウルくんは凄いなー。
ドイツといえば、ドイツのレーブ監督、エンタープライズ号(スタートレック)のコスチュームが尋常じゃなく似合いそうな予感。<年がバレるっちゅーねん!

しっかし、TBSのサッカー放送は本当に酷い。今大会のサッカー放送の中ではぶっちぎりのワースト。
 
スポンサーサイト

[2010/07/04 01:38] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1581-ac58fb52


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。