スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J20節 湘南ベルマーレ×浦和レッズ 

今日はチケットが取れなかったので、浦和のティナラウンジで観戦。

前半をスコアレスで折り返したときはどうなるかと思いましたが、

1-4 で快勝しました。

選手のみなさま、連戦をお疲れ様でした。
この試合のMOMは個人的にはスピラノビッチ。
すばらしい先制点と、ここ一番の守備をありがとう!!
 
 
 
京都戦以来の勝利に、大人な雰囲気のティナラウンジ内もテンション高めでございました。
何よりも勝ち点「3」でしたから、それが取れて良かったと思います。

が、今日の内容はきっとそのまま鹿島には通用しないと思われますので、1週間で連戦の疲れを回復しつつ、いい準備をして臨んでほしいと思います。

私が観に行けない試合は勝つんだよね。しばらく観にいかないほうがいいかしら?(汗)

それはさておき、今日は柏木にもボールが比較的良く入り、柏木のミドルシュートも何本か見られました。
やはり彼がボールに触ることが、それも相手のペナルティエリア付近で触ることがチームの活性化につながります。ミドルシュートといえば、山田暢久さんの無回転ミドルもキーパーのナイスセービングにあうも、素晴らしいシュートでした。本当に不思議系天才肌なんだよね。その後のゴール真正面でのパスには、別の意味でクラっときたけど(笑)

細貝の負傷も心配だったのですが、こちらも大丈夫そうで良かったです。

逆に、阿部の肩が・・・大丈夫かしら。
しっかり治してほしいと思います。だましだましやるのが一番良くないですしね。

浦和の2点目は後半からに負傷の阿部と交代で入ったセル。
このゴールの前に放ったシュートも力の抜けたいいシュートだったんですけどねー!湘南キーパーの野澤くんの反応が素晴らしかったです。このファインセーブが相当悔しかったってな勢いで続けて放った次のシュートがゴールになり、2点目となりました。この時ぐらいから、湘南のDFは足が止まり気味な感じ。
セル自身もこのゴールが相当嬉しかったらしく、ユニホームをめくっておなかを出したままゴール裏まで激走した末にもらったのはイエローカード。(次節出場停止!)
このカードについては、試合終了後、フィンケおじいちゃんも何度も何度も家本主審に確認してました。(全然納得がいかないご様子で、ベンチに戻っても、ベロベロとシャツをめくるジェスチャーをしていて笑えました。)

でも、「2点ビハインド」じゃとてもじゃないけど安心できないここ最近の浦和。
湘南(特にエメルソン)のカウンターやセットプレーにヒヤヒヤしつつ観ていたのですが、エジミウソンが追加点を入れて3点目。直後にもう1点入れて4点目。そして自身はJ通算200試合100ゴール目!エジミウソン、おめでと~う♪

ロスタイムにゴール前のもつれから湘南に1点を返されて、残念ながら完封とはいきませんでしたが、試合はここでタイムアップ。1-4での快勝となりました。

一試合で4点もとらなくていいから、コンスタントに2点ぐらい取って勝ち点を重ねていってほしいのだけれど、これが自信につながってくれれば4点もいいかってな感じでした。
湘南・京都だと通用するんですけどね・・・どうも上位チームになると厳しい今の浦和のサッカー。
でも、シーズン前半は上位チーム相手にもいい試合をしていたのですから、出来ないことは決してないのです。

そしてここからなんだよね、勝負は。しかも次が鹿島戦。
鹿島もベストコンディションではないですから、浦和がぬかりなければきっといい試合になります。
(主審にもよるけど。)
鹿島戦だったら、スタジアムの雰囲気は絶対的に今シーズンでも1、2を争ういい雰囲気になるはずですので、選手のみなさまにはここ一番頑張ってほしいと思います。

試合終了後のインタビュー
インタビュアー:「次も頑張ってください」
セル:「次、出られないけどね。アハハ。」
には笑いました(ティナラウンジ全体が爆笑の渦)。さすが浦和の天然系。

それにしても、やっぱり勝利はいいわね。お酒も美味しいし。
また来週の鹿島戦まで私も頑張ろうっと!
 
 
スポンサーサイト

[2010/08/21 23:57] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1634-07507d61


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。