FC2ブログ













読売新聞に物申す 

今朝の読売新聞スポーツ欄「フリーキック」の記事。

「試合後、浦和の選手から『気持ちを見せられた』と満足げな声も聞かれた。
新井場が「内容より結果」と唇をかんだ姿とは対照的だ。
長くライバルとされてきた両者だが、成績だけでなく、志にも差が感じられるようになった。


といった具合に記事をしめくくられていますが、試合を観てればこんなもんだと思いますけどね。

連覇を狙う鹿島は、浦和からPKまでとってしても勝てなかったのです。
それは、浦和からしてみればPKをとられてもしのいで頑張ったということ。

浦和の選手の志が鹿島以下なんてとんでもない。苦しいシーズンをもがきながら戦ってるんです。
ここだけは物申させていただきます。
浦和のサポーターも選手も今シーズン一番悔しい試合でしたし、悔しくない人なんていない。

ほんと、最近は新聞記者の記事でさえガッカリだわー。
 
 
スポンサーサイト




[2010/08/29 14:32] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1641-9e914c9a