スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

親善試合 日本×グアテマラ 

会場の長居スタジアムにはたくさんの観客が入っていました。
中2日での連戦ですが、今日も細貝はやはりスタメン。Wボランチのコンビはガンバ大阪の橋本英郎でした。

試合は森本の2ゴールで 2-1 で勝利。

新たなスタートを2試合とも勝利できたことは非常に良かったと思います。
選手のみなさま、お疲れ様でした。
怪我をしてしまった選手はしっかり治療をしてほしいと思います。
 
 
 
1点目は前半12分。左サイド長友からの鋭いクロスを、相手DFと競り合いつつも森本が頭に合わせてゴール。
TV画面ではクロスが超高速な上に、森本がDFと重なってるもんだから、一瞬オウンかと思いました。
2点目は、先制点から約10分後、本田の縦パスに一瞬タイミングが合わなかった香川が、それでもシュートに持っていったものの弾かれたところを、つめてきた森本がゴール。本日2点目でした。先制点でリズムが乗ってきたので、いいタイミングのゴールだったと思います。

ところがどっこい、その直後に一瞬の隙をグアテマラにつかれてゴールを許し、失点。
橋本英郎選手、強そうなんだけどそうでもない。けっこうプレス対象になってたような感じでした。

グアテマラがじわじわと調子を取り戻しつつも、2-1の1点リードで前半終了。

後半は、乾→藤本、長友→永田の交代でスタート。
雨も降りだして、疲労もピークで後半は悪いときのグダグダサッカー炸裂。
プレスはかけられないわ、フォローにいかないわ、ボールを持っても孤立したりする場面がちらほら。
そんな中で、最初から出てる細貝は頑張っていたほうかと思います。
さすがに残り10分はヘロヘロでしたが、それでも、ちょいちょい攻撃の起点になってました。
こういう黙って頑張る細貝みたいな選手、個人的には好きだなー。
これといった一芸はなく、タイプは長谷部っぽいんですけどね。

そんなグダグダ状態に、森本を下げて中村憲剛を投入して活性化。
Wボランチが細貝と中村憲剛で、橋本は一列前のポジションへ。
憲剛が入ったら、試合に再び躍動感・・・も、憲剛のパスに反応してくれる人がいない。
今の縦パス、香川がいたら~!な状況。
それでも、頑張ってシュート終わっていたのはいいことだと思います。
疲れ果てて、精度を欠き、ことごとく決まりませんでしたが・・・。
ここで決められる選手がいるとね、日本もちょっと楽になるのですけれど。

それと、DF陣、特にCB。今日はそんなに脅威を感じる相手ではなかったと思うのですが、な~んかバタバタ不安な感じでした。申し訳ないけれど、パラグアイ戦に中澤がいてくれて良かった・・・としみじみ痛感。

それにしても、パラグアイ、グアテマラ戦を観て思ったのは、ボールが転がってないないシーンの貪欲さが凄い。
この間の鹿島戦の話じゃないけど、コーナーにボールをセットするだけの動作にも無駄とか隙がなくて、90分の間、常に「あわよくば」を狙ってる。日本の選手にもこういうしたたかさが欲しいです。
そういう意味では、この南米チームとの2連戦は非常に学ぶところの多い試合だったと思います。

ザッケローニ監督がどういう選手を選び、どういうチームを作っていくのか楽しみ。
ということで、期待したいと思います。

あ~、やっとJリーグ再開だー。気温もそろそろ落ち着いてくれないかなぁ・・・。
 
 
スポンサーサイト

[2010/09/07 23:31] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1652-71043b87


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。