スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J30節 浦和レッズ×京都サンガ 

DSC07751.jpg

残留に後がない京都を迎えてのホームゲーム。
なんとここにきて細貝が怪我で欠場。細貝、怪我には強いのに大丈夫かしら。心配。

キックオフ後15~20分は試合内容のレベルの低さにびっくり。
見ていて眠たくなりました。浦和も京都もミスの応酬。

ですが、終わってみれば 2-0 で勝利。連敗ストップ。

25分頃に柏木の粘り→エジミウソンがポンとはたいて→サヌシュート→GKがはじいて→エジミウソンゴールで試合が動き出しました。
 
 
 
この先制点の後に勢いがあるのに追加点が取れない浦和。
前半を1-0で折り返します。

エジミウソンのゴールのあとに、高橋峻希がものすごいミドルを放つのですが、残念ながらクロスバーの上。
しかしながら、このシュート、エジミウソンの先制ゴールよりもぞくぞくしました。
あのシュートはボディバランスの良さだなぁ・・・って惚れ惚れ。
その峻希、後半キックオフ後も積極的にいいプレーを見せてくれました。
岡拓~峻希ラインは浦和の希望の光。

ところが本当に取れない追加点。
今日もロスタイムまでハラハラかなぁ・・・と思ったところに、原口を下げて堀之内投入。
意味がわからない。
結局、柏木を一列上げるのなら、最初からその位置で使えばいいのに。
これでビシっと流れが変わるのならまだしも、少しずつ危うくなる雲行き。

終了のホイッスルまでハラハラな予感が現実味をおびてくる中、次の交代でいよいよサヌにかえてロビーが登場!

ロビーが入ってスタジアムもテンション急上昇。
その声に応えるかのようなロビーのスーパーゴール!!!
ゴラッソすぎ。エジミウソンの先制点なんてどこかに吹き飛びました。
相手DFを軽く交わして放ったボールが芸術的な軌道でゴールネットに絡みついた瞬間、スタジアム大爆発。

マルシオリシャルデスなんていらない。浦和にはロビーがいるもの。

ここ3連敗中はロスタイムがありえないぐらい長く感じたのですが、今日は驚くほど短かくて、帰宅して録画を見てロスタイムが5分と知り驚き。ロビーが入るだけでこれですもの。

ロビーには、若手にもっと背中を見せてほしいなぁと思います。
スーパープレーもそうだけれど、今日の試合終了後のインタビューは浦和への愛が感じられました。
ゴールからインタビューまでウルウルしっぱなしでしたよ、私。

というわけで、勝利したもののロビーの涙が切なかったです。


この試合、京都のサポーターのMちゃんも埼玉スタジアムで観ていましたが、京都は降格が決まりました。
昨年はやはり11月に浦和の試合で残留が決まったのよね。しかもJ通算100勝目でした。

Mちゃんは落ち着いていたけれど、かなり凹んでいたと思います。
降格は本当に辛いもの。
今度、寺社仏閣を訪れる際は京都のJ1昇格をお願いしてこようと思います。
またMちゃんと一緒に試合が観られますようにと。
今度は、アウェイ寄りバックアッパーあたりで一緒に観たいわね。


DSC07753.jpg
本日の主役!
スポンサーサイト

[2010/11/14 23:55] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1723-511b8951


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。