スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Asian Cup 2011 決勝 オーストラリア×日本 

非常にハードな準決勝の韓国戦をへての決勝。相手はウズベキスタン相手に余裕の完勝だったオーストラリア。
怪我で香川を欠いて、そこのポジションに藤本を入れてのキックオフ。

延長までいっちゃって、一瞬PKもよぎったのですが、延長後半に李のダイレクトボレーが鮮やかに決まって

0-1 で勝利してタイトルを獲りました!

今大会は、サウジ戦以外は本当に苦しい戦い続きでしたが、まさにチームが「総合力」で得たタイトルだったと思います。
 
 
 
改めてサッカーとはフィールドでは11人で、そして+ベンチの選手全員で戦うものなのだということを実感させられました。今大会は、李の決勝ゴールしかり、ここぞというところで、ベンチから送り出された途中交代の選手がしっかり役割を果たすという場面が多かったように思います。(それだけ監督采配も当たったし、チームそのものもやるべきことがハッキリしてました。)

決勝にいたっては、針のむしろのような試合となりました。
韓国戦みたいにゴールの応酬にはならないものの、ピンチとチャンスの連続で、ボールが落ち着くまったりした時間はほとんどなく、ゴールがない割には40分があっという間。なのに、ゴールが決まりそうで決まらず、決められそうなピンチを水際ギリギリでどうにかこうにか防ぎ、ジリジリジリジリする展開。まさに「決勝だなぁ」ってな雰囲気でした。

日本も硬かったですが、オーストラリアも硬かった!
あんなにゴール前のFWにクロスが合わないってねぇ。ちょっと今大会のオーストラリアらしからぬ様相。
それだけタイトルの重みをチームが背負っていたのでしょうね。
守りも堅いのなんのって。ここまで13得点1失点。失点が1点とは、さすがのオジェック監督。もう苦笑いするしかありませんでしたが、この決勝もまたしかり。
バイタルエリアまでは行けても、なかなかペナルティエリアに入れず、長友と内田が両サイドから一生懸命走るのですが裏も容易に取る事がかなわず、CKが少ないこと。
それだけガッチリ守られるということは、オーストラリアの攻撃はやはり速攻カウンター一発なわけで、逆に日本は裏を取られまくって、CKの嵐にさらされてヒヤヒヤ。

香川のポジションに起用された藤本は少し残念でした。
今シーズンからはピクシーのチームになりますから、ピクシーからいろいろ学んで進化してほしいなーと思います。小林大悟とかもそうだけれど、こういうタイプの選手って、起用が難しいのかもしれないと思ったり。

試合は後半もしょっぱなからどピンチで、監督の采配がびっくり。
藤本に代えて岩政を入れて、今野を長友のラインに入れて、長友を1列上げる感じ。
ジュビロで消え技が光る前田も後半は疲労でヘロヘロな上、イマイチ消えられず。
そんな前田に代わって延長前半に入った李。延長後半に長友がしかけて上げたクロスの先にはドフリーの李が!
しかも、トラップ知らずのダイレクトボレー!柏時代の石さんのアドバイスが日本にゴールをもたらしました!
この大舞台でも弓矢パフォーマンス、広島サポさんは泣けたでしょうね。
前田に代わってしっかり消えていた李でした。あのダイレクトボレーにはオーストラリアDFもGKも一歩も動けなかったもの。美しく、お手本のようなボレーシュートでした。(W杯3決のフォルランのボレーがよぎりました。)

試合終了後に選手たちが掲げる10番香川のユニフォームに泣けました。
長谷部キャプテンのインタビュー「所詮、アジアレベル。世界はもっと強い。」も頼もしかった。

これからの代表がますます楽しみです。

選手のみなさま、スタッフのみなさま、ハードな試合をお疲れ様でした。
タイトルとそして胸の熱くなるような試合をありがとう!
まずはゆっくり休んで疲れをとってください。

そして、3月に開幕するJリーグを観に、一人でも多くの人がスタジアムに足を運んでくれますように!
 
 
スポンサーサイト

[2011/01/30 04:11] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1769-c04ceb71


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。