スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒア・アフター 

ヒア・アフター

ヒア・アフター

オススメ度 ★★★★☆(眠たいときは他の映画にしましょう)


イーストウッド監督、マット・デイモン主演。

映画冒頭は大津波のシーン。
CMの通り、死者の声をキャッチすることのできるマット・デイモン演じるアメリカ人霊能者のジョージ、大津波から奇跡的に生還したフランス人ジャーナリストのマリー、そして最愛の双子の兄を交通事故でなくしたイギリス人少年のマーカスが交錯してゆく物語。

全体的に静かな映画なので、眠たいときはNG。他の映画を選んだほうが賢明かと思います。
しかしながら、さすがにイーストウッド監督という感じの出来。
全体的にぼやけている感はあるけれど、押し付けがましさを削ればこうなるのは必然なような気もします。
だいたい、死後の世界からして、私たちにはクレパスをさらにぼかしたような感じだもの。

そういう意味では、死後の世界などに興味がない方にもNGかもしれません。

ただね、大切な人に何かを伝えられないまま悲しいお別れをされた経験のある方の心には、かなり響くものがあるのではないかなと感じました。
ナイト上映で少ない劇場内でも、とめどない涙を流されている人がいらっしゃいました。
お気持ち、お察しします。

フィーリングに呼びかける映画なのよね。意外と賛否両論激しそう。

双子を演じた少年たちは素晴らしい演技をしていました。
イーストウッド監督やスピルバーグ監督はこういうところに抜け目ないよね。

静かに余韻を残すBGMもさすがのできばえ。

希望の光がそれぞれに少しだけ射し込むラストも、背負った悲しみは消えないけれど、それでも前は向けそうだという静かな祈りにも似たメッセージがこめられていて、大人な1本だなぁ~なんて印象でした。

それにしても、いつの間にこんないい役者になったのだろうね?マット・デイモンは。ちょっと驚きでした。
 
 
スポンサーサイト

[2011/02/23 23:28] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1792-35da8720


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。