スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

告別式 

本日はおじさまの告別式。

おじさまのお顔を拝見したら、あまりにきれいでおだやかで、もう涙がポロポロポロポロ止まりませんでした。
あまりにしくしく泣いていたので、親族と間違われること複数回。
でも、赤の他人なのにおじさまには実の娘のようにかわいがっていただいたのだもの。
私にとってはパパなのであります。

本当にきれいなお顔立ちで、きっと、レオナルド・ダヴィンチがこのお顔を見たら、スケッチせずにはいられなかったと思います。
難病で苦しんだとは思えないほどおだやかなお顔でした。

伴侶をなくされたおばさまの心が落ち着き、癒され、今度はおばさまがご自身の人生を楽しまれますよう願ってやみません。

晴れて夏日になりましたが、吹き抜ける風の気持ちいい1日でした。

本当にこういうお別れは悲しくて寂しくて辛いけれど、おじさまのご冥福を祈りつつ、在りし日の思い出を偲びたいと思います。

おじさまの息子である幼馴染とも久しぶりに話せて良かったわ~。私は泣きまくりで何を話しているやら、日本語になっていなかったと思うけれども。

はぁ~、これだけ年を重ねて、いいかげんいい年なのに、やっぱり涙をコントロールできない私。
かわいがってくださったお父さん・お母さんが多いのは本当に幸せなこと。でも、それだけお別れの悲しみもあるのだと思うと、なんだかしみじみとしてしまうのでありました。
 
 
スポンサーサイト

[2011/05/08 23:56] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/1830-935cdd6d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。