スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルパイの契約解除 

件名:アルパイ
詳細:契約解除(泣)

友人から携帯に速報が入ったのをお昼休みに見て凹みまくった1日でした。


確かに契約解除の60%~70%は本人に問題があるのですが、残りの30%~40%は日本の審判団(まるで異教徒狩りを思わせるような素晴らしい采配ぶり)と事の発端になった鹿島の30番だとどうしても思えてならないのは私だけでしょうか?

確かにアルパイにも改める点は山のようにあり、そんなことだらけと言っても過言ではありません。でもね、そしたら日本人選手にだってタチの悪いのはたくさんいます。

もう決まってしまったことなのでごちゃごちゃ言ってもはじまらないのですけれど、でも、あのピッチ上の怖いアルパイからは想像もできないほどおちゃめでやさしいピッチ外の彼を見ているサポーターやファンは私と同じくみんな泣いたと思います。浦和をチャンピオンにすると言って入団し、本当にチャンピオンにしてくれた彼のことはいつまでも忘れられないでしょう。

アルパイ、今までどうもありがとう。どこにいても応援しているよ。(涙)(涙)(涙)

最後に
「審判の役目は、選手にルールを守らせ、観客にベストのプレーを見せる環境を作ることだとだと思います。」
世界一有名な審判、コッリーナさんの言葉です。

カードは印籠ではなく、ペナルティー。罪より先にくる罰はありえないんですよ?日本の審判のみなさんにも自分のジャッジした試合は見なくとも、最低限コッリーナさんのような世界最高のクウォリティをほこるジャッジの試合ぐらいは見て欲しいと思います。そしてコッリーナさんの言うところの「観客にベストのプレーを見せる環境」を担っているいるのがあなた方達であるということを謙虚に自覚してほしいと切に願います。
スポンサーサイト

[2005/06/30 19:20] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/252-35c25f0d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。