スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J14節 東京ヴェルディ1969 ×浦和レッズ 

ただいま国立から帰宅しました。

0-7 で完勝

観にいくほどの試合でもなかったかも。
先週は「ガンバ大阪強い」と思っていたのですが、思い違いでした。

ヴェルディが弱すぎます。


カメラを忘れてしまったので携帯カメラの画像により荒くて申し訳ないのですが3点目の山田のシュートがゴールに突き刺さった瞬間です。

20050706224553.jpg


ゴールネットの下のほうの白い点がボールです。(え?よくわからない?)


この画像を見ていただいてもわかるように、今日私はなんとヴェルディ側のゴール裏から試合を見てました。(隅のほう)
理由は2つ。浦和のゴール裏が一杯だったことと、絶対に前半にゲームが動くという核心があったこと。(予想外に足が止まると思っていた後半も動きまくりでしたが。)

今日の国立の来場者は2万人ちょっと。平日にしてなかなかの来場者です。いつもどおりアウェイにあって浦和ホーム状態。
相手ゴール裏から聴いても浦和の声援はすごいです。あの他チームにない「一丸」ぶりは美しいの一言。
オーケストラの演奏者が自分の素晴らしい演奏を聴けないように、きっとサポーターのみなさんもそれを聴く機会はあまりないかと思いますが、是非一度反対側で聴いてみるといいですよ。鳥肌モノです。

7つもゴールがあるので全部書くと長くなりますが、目の前で繰り広げられた前半のゴールはどれもこれも「どひゃー」なものでした。

1点目:長谷部
2点目:闘莉王
3点目:山田

このメンバーだけですごくありませんか?
正直、この前半3点で、後半FWが1ゴールずつあげたとして今日の試合5点はカタイと前半終了地点で思いました。

まず開始早々8分の長谷部のシュート。
長谷部の才能がそのままゴールになったようなきれいなシュートでした。開始早々8分にこれをやられたら凹むよ・・・とベルディを気の毒に思ってしまったほど。相手DFに当たって・・・いたのかな?そしたら余計に凹んでしまう(汗)

そして2点目。出ました!!闘莉王のヘッド。この地点でヴェルディ撃沈な予感。

そしてとどめの3点目は写真の山田のシュート。
FKからだったのですが、これも相手選手に当たっていたのかな?

そして後半開始早々2分に永井のシュートが決まって(2分ですよ。ヴェルディはハーフタイムに何をやっていたんだ?)今日のヴェルディは終わってしまったなとしんみりしていたら田中達也のゴールに平川が立て続けに2本のゴールでもうやりたい放題のもってけドロボー状態。

まずは浦和について。
今日の浦和のDFはとても良かったと思います。
ゴール真正面を崩されることはなかったと思います。
DF陣の集中力もさることながら、長谷部が常に意識を高く敏感に保っていたように見えました。
「うっ!」というシーンには必ず赤い17番がいました。
凄いよ長谷部。いつの間にそんなに大人になってしまったの?

欲を言えばFWにもう少し決めて欲しかったです。
実際にここが決まれば!というシーンが決まっていれば二桁得点もありえたかも。

一方ヴェルディについて。
一体全体どうしてしまったのか。
1人の浦和の選手のあとを3人で追いかけるなんて・・・しかも囲い込むのではなく3人でカルガモのように・・・(泣)
これってプロのサッカーの試合なの?と凍ってしまいました。
カットしても味方がいない&攻撃に繋がらない、楽なパスに頼ろうとしてパスが繋がらないことがほとんどでした。
しかも浦和にいとも簡単に突破されっぱなし。
余裕がないから相手はおろか自分さえも見えていない状態かと思われました。
あまりに気の毒すぎて「サッカーにもコールド負けがあったらいいのにね・・・。」なんて思ってしまったり。
それでもサポーターは健気に応援してました。
前節のガンバ大阪戦から悪夢につぐ悪夢。はやくこの悪夢から目覚められるよう祈ってます。

昨年もヴェルディから7点もらってますが、今日の試合の後半の私はその時のベンチの闘莉王状態でした。ゴールが決まって「わ~」でも「きゃ~」でもなく「ふ~ん・・・」という感じ。
大量得点も浦和の大活躍も嬉しいには違いないのですが、なんだかこうイマイチ観戦している感じではないというか。
なんて言うと叱られてしまいそうなのですが。
後半、目の前だった都築のお兄さんは余裕をかましまくりで、お風呂上りみたいな調子でタオルでガシガシ顔とか拭いているし(笑)

とにもかくにも7得点も大きいですが、それ以上に大きい「失点0」!!

土曜日の大宮戦に備えるべく速攻で帰宅してきました。
土曜の埼玉ダービーがどんな試合になるのか楽しみだな~♪
スポンサーサイト

[2005/07/06 23:51] 浦和レッズ | TB(0) | CM(4)

こんちは!

観戦お疲れ様でした。
いやー圧勝でしたね。
ベルディは個々の力はあるのに??でしたね。

ところでminorinさま誤解してます!
都築ックは油断してません。(多分)

まず余裕をかましているように見えたとこ
 それは戦況を見ています。後半相手が元  気になってましたから。多分ワシントン・森  本の動きを見ていたのだと思います。

タオルでごしごし
 それはあの前髪の長い髪型だと前髪を
 伝って汗が目に入ってしまうこと。
 最近はそれを意識して不自然なほどに前  髪を短くしてます。それに顔によく汗をかく  人です。
 
若かりし頃態度が悪くガンバで干された事、
すぐ後ろにはギシが虎視眈々とポジションを
狙っていることから彼が油断する事はないです!   多分・・・・

何十試合も都築選手を中心に試合を見てきた僕を信じてくださいまし。
ただ、ヤマは油断してましたよ。
まっ、キャラどうりですけど。
[2005/07/07 00:25] りあるれっど [ 編集 ]

とりあえず今日は祝杯でした

こんばんは。
うふふふ。
倒れそう、というか倒れてもいいと思いましたよ。なんて。
ヒラのJ初ゴールが
「国立・ヴェルディ・大量得点」
だったので、同じ条件の今日は入ってもよさそうな気がしました(本当ですって!)。
良い試合、というか、
楽しい試合、でしたね。
浦和にとっては……♪

お疲れ様でした。また週末!
[2005/07/07 00:35] htewd [ 編集 ]

りあるれっどさん>>失礼いたしました(笑)

都築のお兄さん、油断しているわけではなかったのですね(笑)たいへん失礼いたしました。そういえば、ドリンクをよく補給してましたので相当汗をかいてるのだな~と思いました。

森本くんといえば、今日は彼を観るのも目的の1つだったのですが、惜しいシーンがあったもののう~むむむむな感じでしたね。
でも、おそらく一番ドキっとしたシーンに絡んでいたかと。若いのに凄い。
ヴェルディはおそらくいいチームなのだと思います。今日観ていても悪いチームではありませんでした。ただ、何をしたいのかが90分通してわからなかった印象があります。引いて引いて守り抜いて1発カウンターなのか、攻撃して攻撃してそれを守備にするかいろいろ戦略はあるかと思いますが、それが定まっていなかったような?
そこに浦和の誰が打ってもおかしくない攻撃が見事にツボをついたというかなんというか。

ヴェルディサポさんには申し訳ないのですが、今日のヴェルディには得点のにおいが皆無でした。

近くのサラリーマンなヴェルディサポさんのお言葉
「やっぱりサッカーっていうのは魔物だね」
が非常に印象に残ってます。
おそらく看板外国人選手を欠く浦和にここまでやられるとはヴェルディの選手&サポさんも、私も予想できなかったことかと思います。
それなだけに余計に悪夢なんですよね。
そういう時もあるよ!頑張って次いってみよう!>東京サポさん

・・・・ってなんでコメントで東京サポさんの応援をしているんだ、私(笑)
[2005/07/07 01:29] mino_rin [ 編集 ]

htewdさん>>やっぱり卒倒寸前!?(笑)

両者にとって
「これ以上ない」試合で
「眠れない」試合になりましたね。
理由は正反対ですが・・・。

今日の平川はおいしかったですねー。
またそこに2得点をきっちりばっちり決めちゃう平川さんに脱帽です、ハイ(笑)
チャンスはモノに出来てなんぼですから、そういう意味では本当に平川は凄いなと、ただただ凄いなと思います。
浦和にとっては楽しい試合、そしてhtewdさんにとっては「お宝モノ」の試合でしたね♪

お世辞ではなく、こういう選手がいるからこそ前節、新潟サポさんの言ってた
「崖っぷちで強い浦和」
なのだと思います。今日は崖っぷちどころかバンジーでウルトラCを決めるぐらいの炸裂ぶりでしたが(笑)

ブログにも書きましたが、

前半3点+FW各1点=5点(はカタイ)
昨年再びで7点いくとしたらあとの2点は誰?

まさか平川さんだとは!
しかもスタメン出場であの時間にです。
反対側で目の前で見ることはできませんでしたが、録画で平川2ゴール、しっかりチェックしたいと思います!

[2005/07/07 01:46] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/258-b22533a4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。