スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

皇帝ペンギン 

20050814232313.jpg
皇帝ペンギン

レイトショーで観たのですが、地元で花火大会があったためか、比較的人が入ってました。ドキュメンタリーなので、賛否両論になるかと思われましたが、個人的にヤフーの5点満点中の3点前後の評価は妥当なところかなと思いました。



ただ、映像の美しさはさすが!です。
南極の風景も、皇帝ペンギンの美しさもこれ以上にないぐらいよく映されていて、スタッフの情熱と地道な努力がひしひしと伝わってきます。

しかし、ぶっちゃけて言ってしまうと、NHKの地球・ふしぎ大自然で放送されていた皇帝ペンギンのほうが感動しました。
数多くの不祥事がありながらもさすがです。こういうものを作らせたら本当にレベルや完成度の高いものを作るのだと、この映画を観て再発見してしまいました。

というわけで、地球・ふしぎ大自然をご覧になってない方は、この映画で皇帝ペンギンに触れられるのもいいかと思います。この暑い季節に南極の氷や、ペンギンたちの映像はかなり「涼」を感じられることと思います。

皇帝ペンギンが(結局進化の過程で)南極に残り、命がけで子育てをする姿は無条件に泣けます。雄と雌が共同で子育てをする姿、まずわが子から満たし、自分は空腹のみならず厳しいブリザードに耐えるその姿は、人間も見習ってあまりあるものがあります。

もし、「皇帝ペンギン」を観て面白いと感じられた方、是非「地球・ふしぎ大自然」という番組も視てみてください。「自然界における"何故?"の先には必ず感動があります」という言葉どおり、毎回小さな命から大きな命まで、感動でいっぱいの番組内容になってます。(決して局の回し者ではありません。念のため。)
スポンサーサイト

[2005/08/13 23:41] 映画 | TB(0) | CM(2)

今日、華氏911を見て私もNHKや民放のドキュメンタリーの方がまだ良いもの作るなぁと思いました。
コレは感覚の違いかもしれませんが、感情移入するポイントが違うのかなぁ~なんて思ったり…。
[2005/08/15 00:10] D.J [ 編集 ]

D.Jさん>>感覚の違いもあるかもしれませんね~。

同じく華氏911を観ても「ふ~ん」な私がいました(笑)

感覚の違い・・・ももちろんあるのだとは思いますが、海外メディアの製作番組でも感動できるものは心揺さぶられますので、やっぱり華氏911は納得しがたいものが・・・。

皇帝ペンギンの場合はセリフがどうなのかなぁ・・・という感じでした。絵本のような感覚の言葉なので、子供にはわかりやすいかなという印象だったのですが、セリフを入れて擬人化するよりも、ナレーションで淡々と解説が入ったほうが(最初からペンギンはペンギン、人は人と線を引いてしまったほうが)いいような感じがしました。
[2005/08/16 01:49] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/289-a4c21f0b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。