スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J22節 鹿島アントラーズ×浦和レッズ 

鹿島スタジアムまで足を運ばれたみなさま、本当にお疲れ様でした。

と、言わずにはいられない試合でした。

結果は 2-2 のドロー。

リーグ戦の中でも、おそらく最も熱いカードなこのゲーム、引き分けということで、スタジアムが一番安全に納まる結果となりました。

しかし・・・・・・


同じドローでも、鹿島にとっては重たいドローとなってしまったことと思います。10人となった浦和への油断が今日の鹿島の引き分け要因だったと思います。浦和は必死で、必死で、ただそれだけ。気持ちで引き分けまで持ち込みました。

とにかく試合開始から激しいゲーム展開でしたが、ここ最近のゲームの中では出足が好調な浦和だっただけに(いつもだったらエンジンが後半ぐらいからかかるのですが、今日は試合開始と同時にトップギア気味)、「う~む、今日こそはこのいい流れをつかんで何としても先制したい」と思っていたところに、ゴール前で鈴木のユニフォームを堀之内が掴んでPK。それを小笠原がきっちり決めて1-0でいきなり先制をくらうものの、浦和もすぐにハンドルを切り替えて怒涛の攻めに転じ、それがあと一息で波に乗れそうだというまさにその時にアレックス・ミネイロに追加点を入れられてそのまま前半終了。(坪井に当たってコースが代わらなければ都築だったら止められたかな~と思えるシュートでした。)

正直、もう、この地点で今日はまずいかなぁ・・・と思いました。
サッカーは何があるかわからないとはいえ、あまりにも水曜日のナビスコのジェフ戦が脳裏にちらほら。

後半が始まってもレッズのイライラは続き、ついになんでもないプレーで闘莉王が退場。闘莉王にはその熱い闘志をすべてプレーに向けてもらいたいものです。今日の審判がB級以下なんて今までの試合でわかりきったことじゃないの。そういう人を相手にしちゃいけません。鈴木隆行にも審判にも釣られない、この課題がクリアできないとです。怒る気持ちは痛いほどわかるのだけれど・・・。(そりゃ観てるほうも気が気じゃないですもの!)でも、「今日の一戦」がどんなに大切な一戦かを冷静に肝にめいじてれば、そんなことできないよね?

それにしてもテレビで思い切り見てしまいましたが、闘莉王にカードを出した時の審判の顔は醜かったですね。今日の審判さんはあのご自分の顔をしっかり見直したほうがよろしいかと思います。一応「審判」なのでしょう?他のスポーツであんな顔してジャッジしてる審判さんなんて見たことありません。

2点ビハインドでまさかの退場によりただでさえ苦しい状況を10人で戦うなんて、もう本格的にまずいぞ・・・と思ったのですが、それでもレッズの選手は走ってました。10人になってプレーがぎこちなかったけれど、そこにはここ最近の試合で久しく見かけなかった「気持ち」がありました。「諦めない気持ち」・・・今日の試合を見ていた浦和レッズのサポーターみんなに見えたはずです。

諦めない人の代表格田中達也がキーパーがはじいたボールをヘッドでゴール。まさに気持ちの現れたヘッドでした。あの身長であのゴール。そして「もしかしたら・・・」という思いに応えてくれたかのようなポンテのゴール。三都主のアシストもナイスでした。(三都主、男の子が生まれたそうで、おめでとう!)

結果はドローでしたが、カードが多いだけに微妙ではあるものの、個人的には今日のドローはレッズにとっては実りあるドローだったと思います。ゴール裏も試合終了のホイッスル後もレッズコールがこだましてましたが、あのコールが今日の試合の全てを物語っていると思いました。

本当に諦めないで最後まで走ってくれた選手、最後まで叫んでくれたサポーターに心からお疲れ様の言葉をおくりたいと思います。

それにしても順位が物凄いことになってますね。浦和は3位ですが、下がキツキツになっているので、夏が終わってもなお秋も厳しい!
スポンサーサイト

[2005/09/03 23:29] 浦和レッズ | TB(0) | CM(2)

行ってきましたよ!

いやーすごい試合でしたね。
いろんな意味で。
試合の感想は大体同じなんで、それ以外
のことを長々と日記にしましたのでぜひ
読んでください!

鹿島はとにかく食べ物が美味かったです!
ガンバとは勝ち点7ですがまだまだ
ひっくり返せますね!
[2005/09/04 21:02] りあるれっど [ 編集 ]

りあるれっどさん>>おかえりなさいませ~!!

遠いところ、遠征ご苦労様でした!
今日はゆっくり休めましたか?

遠征記、かなり笑わせてもらいました(笑)
とくに都築のキャノン砲には大爆笑!!
さすが都築♪ある意味、試合本番よりもそのシーンが見たかった・・・・!!!

テレビでは、最後に鈴木がゴールを外した後に三都主が鈴木の頭を「ありがとよ」という感じでポンポンと軽く叩いていたのに笑ってしまいましたよ(笑)

それにしても、一番イヤな相手に会心のドローで終わらせられたことは浦和にとっては(警告は除いて)良い経験だったのではないかなと思います。まさに追うもの、追われるものの両者のモチベーションの違いがそのまま試合内容となって現れましたね。

今年のJリーグは本当に混戦で、リーグ全体としては面白い展開になっていると思います。まだまだひっくり返せますよ。何が起こるかわからないのがリーグですから!
それにしても、今年は最後までこの調子でもつれこみ、気の抜けない展開になりそうですね。
[2005/09/05 02:27] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/307-fd180e69


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。