スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

劇団四季CATS 

劇団四季のミュージカル「CATS」を観てきました。
今月お誕生日の妹が観たくてしょうがないということで、ちょっと面白い"ジェリクルギャラリー席"でご招待。


"ジェリクルギャラリー席"とは舞台の一部分が座席になっているところで、けっこう人気の席の割に座席数が少ないので、もうないかもしれないな~と思ったのですが、7月の下旬にぴあに行って調べてもらったら10月6日が2枚連続でとれるということだったので、即購入して妹に連絡。妹はこの日のために何ヶ月も前から休みをとったようでした。
私は早退して妹と待ち合わせ。

キャッツシアターの劇場内に一歩入った瞬間から妹は大興奮!!
舞台はゴミ捨て場なのですが、劇場内はまるで玩具箱をひっくり返したようにかわいらしいゴミたちであふれてます。
使い古されたトースターや、ヤカン、見慣れた紙コップからキューピー人形、グローブなんかもあります。本当にこの舞台はよく出来ています。劇場に少しはやめに着いたため、妹と舞台のあちこちを見て回ってから着席。

着席して開演ブザーが鳴るほんの少し前に係り員さんが来て
「猫が通りますので、お荷物は座席の下にお願いします」と。

この言葉を聞いて隣の妹は完全に舞い上がってました(笑)

私は今回の東京公演は2回目だったのですが、妹ははじめてで、かなり感動しておりました。
「劇団四季の中でCATSがNo1になったよ~(涙)」とか
「帰りたくない」とか
「終わらないで」とか
「どうして時間がこんなにあっという間なんだろう~!!」とか
散々言ったあげくに、
「今度は私が出すから(11月は私のお誕生日なので)、また来よう」
と、まさか明日もここに来るんじゃないよね?と心配してしまうような興奮ぶりでした。

舞台の一部の座席だけあって、猫が来るわ来るわ、正面からだとあまり見えない舞台装置や猫の後頭部もよく見えました(笑)

最後に、猫が客席にリップサービスに来てくれるのですが、しっかり猫と握手をして大満足な妹なのでした。
(ちなみに、役者さんの顔、本当に小さかったです!体も細いのにどこからあんな声量が出るのだろう!!)

ストーリーそのものはドラマチックなものではないのですが、この舞台を観ると本当に猫が好きになります。
「生きる」って思ったよりも単純で、生きることのルールも案外シンプルな気分になります。
猫も人も一緒、本当にその通りです。
この舞台で猫が好きになるというのは人間が好きになることと大差ありません。

CATS劇場を出て遅めの夕食を食べて、お店を出た帰り道に、妹が

「あ~、明日からまた頑張ろう!!」

と。その言葉が聞きたかったので嬉しかったです。プレゼントしたかいがとってもありました!心躍るような感動に触れるとそれだけで頑張れる典型的B型姉妹(笑)

近々チケットぴあに行って、今度は真正面から舞台を見れるいい席がないかチェックしてこようと思います。
スポンサーサイト

[2005/10/06 23:07] 好き | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/340-c3de173f


劇団四季

000ステージ超、俳優・スタッフ700名以上を有する日本最大規模の劇団。劇団創立は1953年(昭和28年)7月14日。海外ミュージカル作品の上演だけでなく、オリジナルミュージカルも人気がある。日本においてミュージカルを定着させるのに大きな役
[2007/08/04 11:01] URL あやねの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。