スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J31節 浦和レッズ×東京ヴェルディ1969  

DSC01786.jpg

雲ひとつない秋晴れの気持ちよい1日でした。
もちろん、埼玉スタジアムに行ってまいりましたよ~!!

終わってみれば 4-1 で勝利。

ですが、気分は2-1ぐらい。でも、主力を大きく欠いた中でよくやったと思います。印象的なのはギド監督の表情。
先制点、2点目、笑顔もガッツポーツもありませんでした。
その顔に笑みがこぼれたのは3点目。監督にとっても想像以上に厳しい試合であったことがその表情から痛いぐらい伝わった印象でした。


とにかく嬉しいのは

お兄さんよりおじさんが頑張ったこと。。。。(笑)

前半は岡野に、後半はマリッチにともに30代のベテランの二人に救われた今日の試合です。まさに「シーソーゲーム」という言葉がピッタリの試合でした。ちょっとしたことで、流れがどっちに傾くかわからず、一寸先は闇の状態。ゲーム中、何回も何回も振り出しに戻りました。
(おそらく他のサポーターさんが観たら面白い試合だったと思います。)

それにしても、今日の前半の大将(岡野)の動きには惚れ直しました。
「岡野ってかっこいいんだねー。」
ナナメ後ろの女子高生の言葉に思わず笑っちゃいました。

大将の動きが大きく効いて久しぶりにゾクゾクするような展開でゲーム開始。試合が止まるたびに給水に行く大将の背中を心配してしまいましたよ・・・あ~前半はピッチを走り続けて欲しいと。(←かなり失礼)

前半、14分にポンテのシュートで先制だったのですが、ポンテのシュートよりも素晴らしいシュート直前の大将のナイスアシスト。
あのがむしゃらに走る大将の姿、田中達也にかぶりました。

ポンテの先制ゴールの後、ヴェルディが少し動揺。ゴールの時もヴェルディDFは棒立ちでしたが、それまで人を見ていた目線がボールに行くようになったかな?と思いつつそれでもなんとか持ち直したところで前半終了。

後半に入って、小林大悟OutジウInのあたりからじわじわとシーソーがベルディに傾き始め、後半開始後10分ぐらいからヴェルディが覚醒。
そんな中、ベルディのコーナーキックからのもつれにもつれた決定的シーンを都築が文字通り体を張って止め、これでまた流れが変わるかな・・・と期待したのもむなしくヴェルディの小林慶行のトリッキーなシュートで同点。あれはいくら都築でも防げません。

う~完璧に試合が振り出しに戻って、しかもシーソーはベルディという胸騒ぎな状況が続く中、両チームともパスミスがちらほら。
相手がヴェルディで、両チームのパスミスだったから良かったものの、相手が違えば命取りだ・・・なんて思いつつ
「どうなるかのか予想できない。どっちに傾く?」
と、一緒に観戦していた友人と話していたちょうどその時にマリッチの鋭角シュートが再びネットを揺らして2-1とリード。

真正面は決まらないのに、何でそんな難しい角度で決まるの~マリッチ!(苦悩)

シーソーは一気に浦和に傾いて、続いてポンテのループシュートが小林慶行のトリッキーなシュートをしのぐ弧を描いてゴールへ吸い込まれて3-1。この後、ベルディは終了直前に平本、林が退場処分になって林のハンドで得たPKを闘莉王が決めて最終的に4-1で試合終了。

終わってみれば4-1なのですが、決して余裕の4-1の試合ではありませんでした。大将の動きが思った以上に効果的だったことと、運がよかったかなぁと思います。風が浦和に吹いたようなそんな感じ。

ヴェルディも手をつくしたのですけれども・・・。
特に、前半終了~後半の相馬の岡野に対するチェックは素晴らしかったと思います。やっぱり相馬はいい選手です。(今年はいまいちパっとしなかったけれど。)

とてもいい攻撃をするのですが、あと今一歩が欲しいヴェルディでした。


それにしても、今節もJ1は大波乱でした!
首位のガンバが名古屋に敗戦、鹿島はシャムスカマジック炸裂の大分にドロー、そして千葉はFC東京に敗戦。
本当に今期は最後の最後までわからないです。
今節も日程が重なってなければ「FC東京×千葉戦」を見に行きたかったのですが・・・。
次節(水曜日)は私はフクアリの「千葉×浦和戦」に行くのですが、セレッソ×大分もかなり気になります。

今日、広島に快勝したマリノスが次節鹿島、その次がセレッソ、そしてセレッソの最終節の相手は今日千葉に勝ったFC東京。浦和のサポーターが比較的嫌う上位2チームのマリノスとFC東京がここにきてこんなに絡んでくるなんて、い・・・因果?なんて思いつつも、あ~本当に今年のリーグは面白いとしみじみ語っていたら、スタジアムからの帰り道で

「明日は勝ち点予想パターン計算なんてしないでちゃんと仕事しなよ。」

と、私の行動パターンを見抜いた友人からしっかり釘をさされてしまいました。

でも、水曜日に出来たてホヤホヤのフクダ電子アリーナでしかも千葉との一戦かと思うと、とても月曜・火曜は仕事にならなそうな私がいるのでありました。
スポンサーサイト

[2005/11/20 23:14] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/381-20343a70


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。