スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J4節 浦和レッズ×セレッソ大阪 

DSC02166.jpg


今日も埼玉スタジアムで応援してまいりました。
今年、開幕からのホーム2試合はピンポイントでお天気に恵まれて
いるのでとても嬉しいです^^
(その代わり、アウェーは寒そうなのですけれども。)

セレッソ大阪は、昨年1回も勝つことのできなかった相手だけに
試合前も一抹の不安が。

そんな不安をよそに 3-0 で勝利。

やりました!今年初の"完封勝ち"!!
(前節で書いたように、完封勝ちがしたかった~!!)




ただ、手放しで喜べないのですよねぇ・・・セレッソ大阪が元気なさすぎて(涙)

前半は攻めてはいるのですが、シンプルとかスムーズとかコンパクトという文字が存在しないかのようにボールをこねくり回すシーンが多くて、前半についてはほとんど書くことはありません。
しいて言えば、今日の応援も凄かった・・・(ちなみに来場者は35000ぐらいだといいな~と思っていたのですが43000人)
ギド監督は手放しで褒めているようですが、今日のセレッソ大阪だったからこそのことで、対横浜マリノスの試合で今日のような前半だったら命取りになるシーンもあったと思います。
(厳しすぎるかなぁ・・・私。)
あと、都築が(おそらく怒って)ボールを投げたシーンが印象的でした。あまりに都築らしくて。そういうところが好きだったり(笑)

後半は小野のシュートで一気に目が覚めた感じでした。
今までが嘘のようにスロットル全開。
今日は試合の流れがうんちゃらよりも(セレッソが元気なさすぎて、印象がないんですよね・・)、小野のゴールを皮切りに今日決まった3つのゴールがどれも素晴らしく内容の濃いものであったということが強烈に印象に残ってますので、各々のシュートの印象など。

1点目の小野のゴール:
もうね、一瞬何が起こったのかわかりませんでした。
本当に一瞬だけれど、スタジアムがキンって張った様に感じました。
それはなぜかというとですね・・・

こぼれ球をノートラップでシュートしたからなんです。

どうしたらあんな風な反応が体に伝達されるのか・・・ひょっとすると今期No1シュートになるかもしれません。
(小野にとってはレッズ復帰初ゴールでもあったわけですが。)

テレビ観戦の妹も大興奮!「どうしたらああやって打ってズサっとゴールにささるんだろうね?」って言ってました(笑)

おそらく同じことをしてもかすりもしないです。
あれをやられちゃったセレッソは凹むなぁと・・・その後本当に凹んでしまったわけですが・・・。

スタジアムがどよめきました。

2点目のワシントンのシュート:
この御仁、スタジアムで遠目から見てもかなりデカいというかゴツいというかなのですけれども、このシュート、すっごく狭いスペースで打ってるんです。それこそボールを蹴る足を振り上げるスペースもないぐらい。
それだけでも凄いことだというのに、さらに振り向きざまという動作が加わります。
「振り向いたらワシントン」
体格と器用さは比例しないと頭ではわかっているものの、ワシントンにこんな器用なプレーをされると、慣れていないせいかいまだにちょっと変な気分になります。

3点目の闘莉王のシュート:
決めた闘莉王も凄いのですが、個人的にはその前のアシストをした堀之内!
「ほーりーのうちっっ!」
って叫びたくなりました。
それぐらいこのアシストは素晴らしかったです。
堀之内の諦めない気持ちがよーくよーく出ていた1プレーでした。
最終的な勝者と敗者の瀬戸際の差はこういうところにあるのかもしれません。堀之内のこのプレー、浦和らしくて本当に好きです。


余談ですが、この試合で衝撃だったことをもう1つ思い出しました。
それはGK都築のユニフォームがまるでガンバ大阪(悲)
(前回ホームの時はまるで柏レイソルだったのに・・・)

それにしてもセレッソは元気なかったなぁ・・・。
まるで昨年とは別のチーム。スタメンは昨年とそんなに変わっていないのですが・・・。
よそさまの心配をしている場合ではないのですが、がんばれセレッソ!
スポンサーサイト

[2006/03/21 23:34] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/480-c8a8cf25


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。