スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アブダラと空飛ぶ絨毯 

20060407012623.jpg
アブダラと空飛ぶ絨毯
~ハウルの動く城2~

著者:ダイアナ・ウィン ジョーンズ
翻訳:西村醇子
価格:1,680円
出版社:徳間書店

ハウルの動く城のシリーズ2作目です。
主人公はアブダラくんというお世辞の得意な一見冴えない絨毯売り。
個人的にはこちらのほうが1作目よりも面白く感じました。



ただ、こちらのほうが面白いと感じる理由には1作目があってこそといった要素が強いと思います。1作目でこの著者特有のトリッキーなわけのわからなさにある程度慣れていることと、同じく1作目でハウルやソフィーをはじめとするシリーズの主要な登場人物について愛着を持っていること、この2つのポイントがあってこそ2作目をより楽しむことができるような感じ。

先にも書いたとおり、この物語の主役はハウルでもソフィーでもなく、アブダラくんという若い絨毯売りで、第二婦人の息子ゆえに継ぐべき財産もなく、得意のお世辞を武器にマーケットの片隅で絨毯を売って暮らす冴えない主人公。

そんな主人公がある日、謎の男から空飛ぶ絨毯を買い取ったことから彼の人生が大きく変わり、平凡なマーケットの日常からは想像すらしなかった冒険の旅に出ることになります。

ただ、この物語の主人公は間違いなくアブダラくんなのですが、実は物語の最初からここそこに姿を変えたハウルやカルシファーやソフィーが登場しますので、物語の後半でその謎がだんだん解けて来る頃には思わず「そうだったのか!」とはっとさせられることと思います。
あまりに強烈なので、ハウルやカルシファーは何に姿を変えているかはもしかしたら1作目から間隔をおかずに2作目を読めばすぐにピンとくるかもしれません(笑)

聞いてるほうの耳が腐りそうなアブダラくんのお世辞や物事のいい回しがこの物語のかなりのポイントになっているところも面白いところで、それをふまえると、この物語の主人公はアブダラくん以外はありえないところなどは、本当にこの著者の力量を改めて感じます。

2作目に登場するアブダラくんと一緒に冒険の旅をすることとなる兵士さんが、戦争について語るくだりがあるのですが、スタジオジブリの映画「ハウルの動く城」の背景が何故戦争なのか?という疑問に近づけるようなくだりだと思われました。(本当に短いほんの何行かのくだりなのですが。)おそらく宮崎監督はこのシリーズ1作目、2作目を両方読んでああいった映画にしたのかなぁと、そうだとしたら、監督の感性は凄いと思います。たった数行のくだりと原作をもとに新しい筋立てを考えてしまうわけですから。(ちなみに戦争についてのくだりは物語に登場するジン(魔神)も語っています。)
それと、この物語に登場するジンは翼を持つ怪鳥なのですが、そこらへんも映画「ハウルの動く城」と微妙にリンクしてるかなと感じました。

1作目は「わけわからん」とページを行きつ戻りつしてしまうことがありましたが、さすがは2作目、最初から最後まであっという間に読んでしまいました。

読み終えて本を閉じる時には、それまでしっかりと主人公だったアブダラくんにとってかわってラストのクライマックスの逆転サヨナラホームラン効果(?)で、ハウルとソフィーが主役になっているところも、読者にとっては作者にしてやられた!といったところだと思います。

というわけで、映画「ハウルの動く城」を面白いと感じられた方には、是非原作のシリーズも1作目、2作目と読んでもらえたらと思いました。

それにしても児童書なのにお値段が高いです。
しかも図書館でも人気でなかなか借りることができません。
それだけがこの本の唯一の難点だったりします。
スポンサーサイト

[2006/04/07 01:27] 書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/494-6ca9bc04


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。